憧れの女性は「匂わせ女子」? クール美女のもうひとつの顔

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-12-10 06:00
投稿日:2021-12-10 06:00
 ツイッターやインスタグラムで、何かと取りあげられる「匂わせ」というワード。その名の通り、伝えたい気持ちを直球で言わず「そこはかとなく匂わせ、漂わせ」てアピールするというもの。多くは「幸せアピール」だろうか。
 しかし、読み手には「まどろっこしい」「うざったい」「マウンティング?」とバッシングの声が多々出ているのも事実。そんな匂わせ女と知らずに恋愛をし、それが不倫だったら……? 今回は「匂わせ女性」との不倫経験者である男性に、筆者が迫ってみました。

ジムでひときわ目立つ長身美人が…

気がつくと彼女を目で追っていた(写真:iStock)
気がつくと彼女を目で追っていた (写真:iStock)

――初めまして、簡単に自己紹介をお願いします。

「初めまして。都内在住のYと申します。年齢は45歳で、大手スポーツメーカーで働いています。一つ下の妻と、中三の息子との三人暮らしです」

――スポーツメーカーで働かれているだけあって、素晴らしいボディですね。

「ありがとうございます。元々野球をしていたのですが、今は筋トレにハマっています。身長は180センチ、体重は71キロ。細マッチョをキープしています(笑)」

――素晴らしいです。さっそくですが、「匂わせ女性」との不倫の内容をお聞かせいただけますか?

「はい、スポーツメーカー勤務という仕事柄、近所のスポーツジムに週三回通い、体を鍛えているのですが、そこで知り合ったのが主婦のR美さん(35)でした。

 スラリとした長身美人で、長い髪を一つに束ねてランニングマシーンやエアロバイクする姿が目立っていましてね。トレーニングウエアも鮮やかな赤やピンクを差し色にしたスタイリッシュなもの。

 僕はジムに行くと、いつしかR美さんを目で追っている自分に気づいたんです。

 ある日、ジムの休憩スペースのソファーで体を休めていると、「失礼します」とR美さんが近くに座ったんですね。何をするのかと思っていたら、スポーツドリンク片手に自撮りしているんです。

 ジム内は撮影禁止ですが休憩スペースはOKで、スマホで自撮りをする人、シューズなどの小物を撮影する人が少なくありません。

 で、撮影を終えた彼女が立ち上がった拍子に、スポーツドリンクのボトルが床に落ちたんです。

 ボトルは僕の足元に転がってきました。拾って手渡すと「ありがとうございます」とニコッと笑った顔がキュートでね、以前から気になっていた女性でしたから、それは嬉しかったですよ」

2人きりでオーガニックレストランへ

思いもよらないうれしい展開(写真:iStock)
思いもよらないうれしい展開 (写真:iStock)

――思いがけない出会いでしたね。続けて下さい。

「僕はチャンスだと思い、名前と年齢、そして『僕は週3で通っているんですが、よくお見掛けしますよ』と告げたんです。もちろん、下心など一切見せずに。

 すると、彼女も名前と年齢、「専業主婦であること」「家は近所で、ジムには週2回通っていること」を教えてくれました。年齢は僕より10歳下の35歳ですが、スラリとしたスタイルと涼し気な美貌、白くてツヤのある肌はもっと若く見えましたね。

 話しているうちに、『ずっと気にかけていた女性と、面と向かって話している。しかも、見るほどに美人だ』と、気持ちが弾んでいくのが分かりました」

――続けて下さい

「R美さんは、僕が着ているウエアを見て『ここのブランド大好きなんです。でも高くて買えなくて……』と言いました。すかさず、僕は『実はここのメーカーに勤めているんです』と言ったら、予想外に盛り上がってしまって……。

 ウエアやシューズ、キャップ、プロテインなどの話もしたでしょうか。彼女は美意識が高いらしく、『女性のボディラインが美しく見えるデザインが好き。他のブランドとは違いますよね』だと言ってくれました。

 純粋に嬉しかったです。

 心の奥で『チャンスがあれば、限定発売されているTシャツをプレゼントしようかな』と、思ってしまって……。男ってダメですね(笑)。

 で、話が弾んだついでに『よかったら、ジムのあとに1時間だけ、お話しませんか?』と誘ったんです。R美さんはノリ良く『ぜひ、ご一緒させてください』と言い、その後はシャワーを浴びて、ジムから近いオーガニックレストランに行きました。

 時刻は午後6時。オーガニックワインで乾杯し、ヘルシーな野菜とチキンの料理を頂きながら、うれしい展開に、僕はすっかり舞いあがっていました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ