憧れの女性は「匂わせ女子」? クール美女のもうひとつの顔

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-12-10 06:00
投稿日:2021-12-10 06:00
 ツイッターやインスタグラムで、何かと取りあげられる「匂わせ」というワード。その名の通り、伝えたい気持ちを直球で言わず「そこはかとなく匂わせ、漂わせ」てアピールするというもの。多くは「幸せアピール」だろうか。
 しかし、読み手には「まどろっこしい」「うざったい」「マウンティング?」とバッシングの声が多々出ているのも事実。そんな匂わせ女と知らずに恋愛をし、それが不倫だったら……? 今回は「匂わせ女性」との不倫経験者である男性に、筆者が迫ってみました。

ジムでひときわ目立つ長身美人が…

気がつくと彼女を目で追っていた(写真:iStock)
気がつくと彼女を目で追っていた (写真:iStock)

――初めまして、簡単に自己紹介をお願いします。

「初めまして。都内在住のYと申します。年齢は45歳で、大手スポーツメーカーで働いています。一つ下の妻と、中三の息子との三人暮らしです」

――スポーツメーカーで働かれているだけあって、素晴らしいボディですね。

「ありがとうございます。元々野球をしていたのですが、今は筋トレにハマっています。身長は180センチ、体重は71キロ。細マッチョをキープしています(笑)」

――素晴らしいです。さっそくですが、「匂わせ女性」との不倫の内容をお聞かせいただけますか?

「はい、スポーツメーカー勤務という仕事柄、近所のスポーツジムに週三回通い、体を鍛えているのですが、そこで知り合ったのが主婦のR美さん(35)でした。

 スラリとした長身美人で、長い髪を一つに束ねてランニングマシーンやエアロバイクする姿が目立っていましてね。トレーニングウエアも鮮やかな赤やピンクを差し色にしたスタイリッシュなもの。

 僕はジムに行くと、いつしかR美さんを目で追っている自分に気づいたんです。

 ある日、ジムの休憩スペースのソファーで体を休めていると、「失礼します」とR美さんが近くに座ったんですね。何をするのかと思っていたら、スポーツドリンク片手に自撮りしているんです。

 ジム内は撮影禁止ですが休憩スペースはOKで、スマホで自撮りをする人、シューズなどの小物を撮影する人が少なくありません。

 で、撮影を終えた彼女が立ち上がった拍子に、スポーツドリンクのボトルが床に落ちたんです。

 ボトルは僕の足元に転がってきました。拾って手渡すと「ありがとうございます」とニコッと笑った顔がキュートでね、以前から気になっていた女性でしたから、それは嬉しかったですよ」

2人きりでオーガニックレストランへ

思いもよらないうれしい展開(写真:iStock)
思いもよらないうれしい展開 (写真:iStock)

――思いがけない出会いでしたね。続けて下さい。

「僕はチャンスだと思い、名前と年齢、そして『僕は週3で通っているんですが、よくお見掛けしますよ』と告げたんです。もちろん、下心など一切見せずに。

 すると、彼女も名前と年齢、「専業主婦であること」「家は近所で、ジムには週2回通っていること」を教えてくれました。年齢は僕より10歳下の35歳ですが、スラリとしたスタイルと涼し気な美貌、白くてツヤのある肌はもっと若く見えましたね。

 話しているうちに、『ずっと気にかけていた女性と、面と向かって話している。しかも、見るほどに美人だ』と、気持ちが弾んでいくのが分かりました」

――続けて下さい

「R美さんは、僕が着ているウエアを見て『ここのブランド大好きなんです。でも高くて買えなくて……』と言いました。すかさず、僕は『実はここのメーカーに勤めているんです』と言ったら、予想外に盛り上がってしまって……。

 ウエアやシューズ、キャップ、プロテインなどの話もしたでしょうか。彼女は美意識が高いらしく、『女性のボディラインが美しく見えるデザインが好き。他のブランドとは違いますよね』だと言ってくれました。

 純粋に嬉しかったです。

 心の奥で『チャンスがあれば、限定発売されているTシャツをプレゼントしようかな』と、思ってしまって……。男ってダメですね(笑)。

 で、話が弾んだついでに『よかったら、ジムのあとに1時間だけ、お話しませんか?』と誘ったんです。R美さんはノリ良く『ぜひ、ご一緒させてください』と言い、その後はシャワーを浴びて、ジムから近いオーガニックレストランに行きました。

 時刻は午後6時。オーガニックワインで乾杯し、ヘルシーな野菜とチキンの料理を頂きながら、うれしい展開に、僕はすっかり舞いあがっていました」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

ラブ 新着一覧


「コロナ禍マジックで再婚相手を見誤った」それでも離婚しない男の打算
「冷酷と激情のあいだvol.145〜男性編〜」では、コロナ禍に結婚をした夫・タロウさん(仮名・41歳)との結婚を早まった...
並木まき 2023-06-03 10:02 ラブ
「週1の義務的な夜の生活がつらい」心の底から“コロナ婚”を悔やむ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-03 10:01 ラブ
私たち両想いだよね? こじらせ男子あるある&彼の恋愛欲を刺激するテク
「彼も私のことが好きなはずなのに、まったく進展しない」。そんな状況にいるとじれったくてイラッとしてしまいますよね。  ...
恋バナ調査隊 2023-06-03 06:00 ラブ
モテ系女子ほど要注意?恋愛で「闇落ち」しやすいタイプって
 恋愛から遠ざかっている女性の中には、闇落ちしている人もいるのでは……?  大好きだった彼氏がいたはずなのに、何らかの...
恋バナ調査隊 2023-06-02 06:00 ラブ
中高年の恋愛リアリティー番組「あいの里」が斬新すぎる!
 Netflixで配信されている恋愛リアリティーショー『あいの里』が話題です。8人ほどの男女がシェアハウスで恋を育むだけ...
内藤みか 2023-06-01 06:00 ラブ
162円、駅前200円だけで会話成立! 交際10年超カップルの独特LINE3選
 付き合いたてホヤホヤのカップルは、LINEでラブラブな会話を楽しんでいますよね。その一方で、10年以上付き合っている熟...
恋バナ調査隊 2023-06-01 06:00 ラブ
不幸になるのは一目瞭然!今すぐ別れるべき彼氏のヤバい特徴
 どんなに好きな彼氏だとしても、別れた方が幸せになれることってあるものです。 「彼の才能に惚れたの!」「たまに優しいし!...
恋バナ調査隊 2023-05-31 06:00 ラブ
家庭的アピは逆効果!彼に結婚したいと思わせる必勝アプローチ
 結婚は多くの女性にとって、大切な人生の節目です。  しかし、いままでの付き合いの中で結婚の話が出ずに、彼氏と別れ...
若林杏樹 2023-05-31 06:00 ラブ
セックスに上手い下手はない? ゲイの友人とのご飯で教えてもらった
 先日ゲイの友人とご飯に行ったところ、 「ストレートはいいよね。セックスの悩みがあっても、本とかがたくさん出てるし...
ミクニシオリ 2023-05-30 06:00 ラブ
既婚者ってぶっちゃけモテる? その答えと理由を分解してみた
 結婚したらもう男性から異性として見られないのか……。  そんなことはありません!  タイトルの既婚者ってぶ...
まめ 2023-05-30 06:00 ラブ
夫の意外な一面を目撃!見抜けなかった自分が悲しいです…
 付き合っていた頃は、夫の意外な一面に気づけなかった……。今回は夫の意外な一面を目の当たりにし「こんなはずではなかった」...
恋バナ調査隊 2023-05-29 06:00 ラブ
実は(!)口説かれているLINE3選 不器用すぎる男たちの奮闘に涙
 恋愛ドラマでは「お前以外考えられない」だの、「生まれてはじめて本気で人を好きになったかも」だの、くすぐったくなるような...
恋バナ調査隊 2023-05-28 06:00 ラブ
マウント夫は手のひらで躍らせて!自分に甘々ちゃん特徴5つと賢い対処法
 結婚すると、関係性が変わることがあります。夫の本来の性格が見えてきて、「こんな人だったなんて……」とガッカリしている人...
恋バナ調査隊 2023-05-27 06:00 ラブ
「さげちん?猫かぶりしてたくせに」子連れ妻とのコロナ婚を後悔する男
「冷酷と激情のあいだvol.144〜女性編〜」では、コロナ禍に結婚をした夫・エイジさん(仮名)との結婚は間違いだったので...
並木まき 2023-05-27 06:00 ラブ
「コロナ禍に再婚した夫はさげちんだった」占いアプリに課金する女の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-05-27 06:00 ラブ
「ご自由に!笑」元カレと会ってもあっさり…別れが近いLINE3選で覚悟を
 サヨナラが近いカップルには、別れの前兆が見られるものです。今回は、女性たちが「ヤバい、別れが近い……」と悟ったLINE...
恋バナ調査隊 2023-05-27 06:00 ラブ