考えが甘すぎる…出資を望む恋人の期待に応えない男性の真意

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-12-25 06:00
投稿日:2021-12-25 06:00
冷酷と激情のあいだvol.70〜女性編〜」では、よその女性にはお金を出資するのに、自分の事業を応援してくれない彼氏に不満を抱く女性・由紀さん(仮名・35歳女性)の心情をご紹介しました。では、由紀さんの恋人であるタカマサさん(仮名・39歳男性)は、いったいなぜ、恋人の期待に応えないようにしているのでしょうか。

「挑戦すればいい。でもお金は出さない」の真意

お金目当てなところもあるよね?(写真:iStock)
お金目当てなところもあるよね? (写真:iStock)

「ひと言で言えば、由紀のビジネスパーソンとしての実力を評価していないから。これだけです。

 それと、僕が由紀と付き合い始めたのは、由紀は僕のお金目当てではないだろうという気がしたからというのもありますね。

 ですので、最近になって由紀が、自分で始めた事業に対して僕から出資をしてもらいたいような口ぶりで話すのを聞いて、ちょっとウンザリしているところでもあります」

 恋人の独立は、応援もしていないし否定もしていないというタカマサさん。「交際している恋人関係だと言っても、それぞれが独立した人間であることには変わりないので、由紀は由紀でやりたいことに、どんどん挑戦すればいいと思っていますよ」と言います。

 そのうえで、“相手がやりたいことを認める”というのと、“お金を出して積極的に応援する”のは、まったく違うことだと強調します。

才能を感じれば出資するけど

「お金を出す価値がある」と思えば…(写真:iStock)
「お金を出す価値がある」と思えば… (写真:iStock)

「由紀は、僕にはお金があるんだから、少しくらい自分に使ってもいいだろう、という考えなんだと思います。実際、それっぽいことをほのめかされたこともあります。

 けれど、僕はそういうお金の使い方はしませんし、これまで付き合ってきた女性の中には、明らかに僕のお金目当てだった子もいましたが、僕が“お金を出す価値がある”と思わない限りは、情を理由だけに出資や投資、貸付は一切してきませんでしたからね。

 逆に言えば、由紀が仮に僕のお金目当てで一緒にいるんだとしても、僕が由紀にビジネスパートナーとしての才能を感じることができれば、喜んでお金を出しますよ」

 タカマサさんは学生時代に起業し、そこからすぐに順風満帆とは言えなかったものの、30代に入ってから始めた事業が大当たり。今では経営状況も安定しているうえに、投資家としても成功しています。

恋人としては不満はない

ビジネスに対して甘すぎる(写真:iStock)
ビジネスに対して甘すぎる (写真:iStock)

「自分がそういう経歴の持ち主だからかもしれませんが、由紀を見ていると“甘いなぁ”と感じるところは多いですね。あ、これは仕事に対しての話です。

 恋人としての由紀に対しては、特に不満もないし、一緒に暮らしていて嫌だなと感じるところもないので、相性がいいと思っていますよ。

 え? 由紀が本当に事業のお金に困ったときには、どうするつもりなのかって?

 今も生活費は僕が出していますし、事業で由紀が失敗して行き詰まることになったなら、その事業は辞めて、他のことをすれば?とアドバイスをすると思います。仮にそうなったとしても、僕が由紀の事業にお金を出す可能性は、今のところはかなり低いですね」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ