コロナ禍のせいで全てが…婚約破棄を決めた男性が抱える事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-11-14 06:10
投稿日:2020-11-14 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.20〜女性編〜」では、結婚の約束をした彼氏が自分を避けているように感じる女性・Tさんの心情をご紹介しました。では、Tさんと交際しているMさんの真意はどうなのでしょうか。

本気で再婚するつもりだった

結婚しようと思ったのは嘘ではないが…(写真:iStock)
結婚しようと思ったのは嘘ではないが… (写真:iStock)

「Tのことは好きだけれど、ぶっちゃけ今は、恋愛どころではなくなってしまったんです」

 コロナ禍に突入する前の夏、友人が主催した飲み会でTさんと知り合ったMさん。会ったその日に相性の良さを感じ、いわば一目惚れの状態から交際がスタートしました。その後は、あっという間にふたりの距離が縮まり、Tさんとは結婚の約束もした仲だとMさんは言います。

「あの頃は、コロナとかなかったですし、僕はバツイチですけど、そろそろ再婚もしたいなってのがあって、Tとは本気で再婚するつもりでいましたよ。

 実際、付き合ってからはほぼ毎日一緒にいましたし、半同棲みたいな時期もありましたね。

 けれど、コロナの問題が出てきて、最初のうちは仕事への影響が少なかったものの、コロナ禍が長期化するにつれ、僕の事業も厳しくなってしまって……。

 実は、彼女には言っていませんが、あまりにも会社の業績が悪いので、従業員を解雇した上で、僕は今、アルバイトをして食いつないでいる状態なんです」

真実を告げられない理由とは

倒産寸前(写真:iStock)
倒産寸前 (写真:iStock)

 当初は、コロナ禍の影響を受けつつも、なんとか持ちこたえられる見通しだったものの、思ったより事態は甘くなく、今では経営する会社は赤字に。このままだと会社をたたまなくてはならないというところまで追い詰められているのだそうです。

 しかし、そんな状況を恋人には話したくないと口にするTさん。その理由は“プライド”だそうです。

「おそらくですけど、コロナ禍が長期化したせいで、僕の会社は遅かれ早かれ潰れると思います。だけど、Tにはそんな状況を、どうしても言い出せなかったんですよね。

 彼女は僕よりも11歳年下ですし、経営の話とかしてもわからないタイプ。だから、事情を説明しても、ただ不安になるだけだと思うし。

 けど、それよりも何よりも、僕自身が11歳年上の男としてプライドがあるので、Tにだけは今の状況を知られたくないんですよ」

 これまで、Tさんの前では「かっこいい俺」であり続けてきた自負があるMさん。遅かれ早かれTさんとは別れることになる前提で、いつまでもTさんの中で「かっこよかった彼氏」として記憶に残りたいと語ります。

せめてコロナ禍が明けるまでは

今、別れを切り出すのも心配(写真:iStock)
今、別れを切り出すのも心配 (写真:iStock)

「コロナがなければ、たぶん今ごろは予定通りに結婚していたんじゃないですかね。だけど、コロナのせいですべてが変わってしまいましたよ。

 しばらくは、僕の経済状況は悪化の一途でしょうし、コロナが明けたら、会社を整理した上で、人生を立て直さなくちゃいけない。

 そんな状況だから、結婚なんてしばらくは考えられないし、正直今は、恋愛どころではありませんね」

 付き合ってきた責任はあるから、Tさんにはまだ別れ話を出していないというMさん。

 今、別れ話をしても、取り乱すだけで新たな出会いにも恵まれにくいだろうし、せめてもの思いやりとして、コロナ禍が明けるまでは恋人でいようと思っているのだそうです。

「でも、そろそろ別れたほうがTのためなんですかね? メンタルが弱い女性なので、僕から別れ話をして、ボロボロにさせてしまうのが怖いんです。

 だからせめて、コロナ禍が明けて、新しい男と出会いやすい社会に戻ってから別れるのが礼儀かなって思っているんですけどね……」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ