コロナ禍のせいで全てが…婚約破棄を決めた男性が抱える事情

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-11-14 06:10
投稿日:2020-11-14 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.20〜女性編〜」では、結婚の約束をした彼氏が自分を避けているように感じる女性・Tさんの心情をご紹介しました。では、Tさんと交際しているMさんの真意はどうなのでしょうか。

本気で再婚するつもりだった

「Tのことは好きだけれど、ぶっちゃけ今は、恋愛どころではなくなってしまったんです」

 コロナ禍に突入する前の夏、友人が主催した飲み会でTさんと知り合ったMさん。会ったその日に相性の良さを感じ、いわば一目惚れの状態から交際がスタートしました。その後は、あっという間にふたりの距離が縮まり、Tさんとは結婚の約束もした仲だとMさんは言います。

「あの頃は、コロナとかなかったですし、僕はバツイチですけど、そろそろ再婚もしたいなってのがあって、Tとは本気で再婚するつもりでいましたよ。

 実際、付き合ってからはほぼ毎日一緒にいましたし、半同棲みたいな時期もありましたね。

 けれど、コロナの問題が出てきて、最初のうちは仕事への影響が少なかったものの、コロナ禍が長期化するにつれ、僕の事業も厳しくなってしまって……。

 実は、彼女には言っていませんが、あまりにも会社の業績が悪いので、従業員を解雇した上で、僕は今、アルバイトをして食いつないでいる状態なんです」

真実を告げられない理由とは

 当初は、コロナ禍の影響を受けつつも、なんとか持ちこたえられる見通しだったものの、思ったより事態は甘くなく、今では経営する会社は赤字に。このままだと会社をたたまなくてはならないというところまで追い詰められているのだそうです。

 しかし、そんな状況を恋人には話したくないと口にするTさん。その理由は“プライド”だそうです。

「おそらくですけど、コロナ禍が長期化したせいで、僕の会社は遅かれ早かれ潰れると思います。だけど、Tにはそんな状況を、どうしても言い出せなかったんですよね。

 彼女は僕よりも11歳年下ですし、経営の話とかしてもわからないタイプ。だから、事情を説明しても、ただ不安になるだけだと思うし。

 けど、それよりも何よりも、僕自身が11歳年上の男としてプライドがあるので、Tにだけは今の状況を知られたくないんですよ」

 これまで、Tさんの前では「かっこいい俺」であり続けてきた自負があるMさん。遅かれ早かれTさんとは別れることになる前提で、いつまでもTさんの中で「かっこよかった彼氏」として記憶に残りたいと語ります。

せめてコロナ禍が明けるまでは

「コロナがなければ、たぶん今ごろは予定通りに結婚していたんじゃないですかね。だけど、コロナのせいですべてが変わってしまいましたよ。

 しばらくは、僕の経済状況は悪化の一途でしょうし、コロナが明けたら、会社を整理した上で、人生を立て直さなくちゃいけない。

 そんな状況だから、結婚なんてしばらくは考えられないし、正直今は、恋愛どころではありませんね」

 付き合ってきた責任はあるから、Tさんにはまだ別れ話を出していないというMさん。

 今、別れ話をしても、取り乱すだけで新たな出会いにも恵まれにくいだろうし、せめてもの思いやりとして、コロナ禍が明けるまでは恋人でいようと思っているのだそうです。

「でも、そろそろ別れたほうがTのためなんですかね? メンタルが弱い女性なので、僕から別れ話をして、ボロボロにさせてしまうのが怖いんです。

 だからせめて、コロナ禍が明けて、新しい男と出会いやすい社会に戻ってから別れるのが礼儀かなって思っているんですけどね……」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ