「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-03-03 22:37
投稿日:2022-01-21 06:00
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果たした女性がいる。C子さん(28歳・公務員・独身)は、ショートボブに整った和風の顔立ち、白いブラウスが似合う清楚系の女性だ。「毒親育ち」というつらい体験をしたからこそ生まれた恋――。その真相に筆者が迫ってみました。

「毒親育ちの会」とは?

恋愛がうまくいかないのは毒親のせい?(写真:iStock)
恋愛がうまくいかないのは毒親のせい? (写真:iStock)

――そもそも「毒親育ちの会」というのは、どのような会ですか?

「毒親育ちで苦しむ人たちが体験談を語ったり、励まし合ったり……自身の経験を話すことで癒しを得て、前向きに生きようという集まりです。

 私が参加した会は月イチで開催されていて、人数は20名くらいだったでしょうか。男性3割、女性7割ほど。

 独身の人もいれば、既婚者、子供を持つ方など様々でした。

 子供を持つ方は『自分も毒親になっていないか』などと、とても悩んでいましたね。私は独身ですが、これまで付き合った男性にDVを受けたり、理由も告げられずに別れさせられたりすることがあり、これも毒親育ちのせいかも……と悩むことが多く、思い切って参加しました」

教員の両親に支配的に育てられたC子さんの悩み

成績が悪いと殴られた子ども時代(写真:iStock)
成績が悪いと殴られた子ども時代 (写真:iStock)

――具体的に、どのように進行されるのですか?

「参加者にはネームプレートが渡されます。本名を明かしたくない方が多いため、プレートにはニックネームやイニシアル、下の名前だけ書く方が多かったですね。私も『C子』と下の名前だけ書きました。

 最初に、主催者の女性(50代)が『自分も毒親育ちです。同じ悩みで苦しんでいる仲間同士、打ち解け合い、助け合い、前向きな人生になれば幸いです』などとの理念を話し、参加者はどのような毒親体験をしたかを2分程度で話します。

 私は一人っ子で、両親とも中学校の教員という家庭で……支配的に育てられました。

 勉強はトップ10に入らなければ父に殴られましたし、付き合う友達も親が決めるんです。『あの子の家は、片親だからダメ』とか……。

 その他、『TVは教育番組しか見るな』『ミニスカートはダメ』『添加物たっぷりのコンビニ食はダメ』『将来は安定した職につけ』――もう、毎日がピリピリしていました。

 両親は私の成績が下がると、いつも激しいケンカをして、父が母を殴ることもしょっちゅうでした。小さい頃から、『お前は出来が悪い』『こんなこともできないのか』と減点法で育てられ、自己肯定感が全くなくなりましたね……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ