他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-03-05 06:00
投稿日:2021-03-05 06:00
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。せっかくのご縁を実りあるものにするためにも、「これをやったらアウト! 他人を不快にし、自分の格も下げる非モテ行為」をご紹介したいと思います。

1. ファビングしていませんか?

相手がスマホを出したままだと寂しいよね(写真:iStock)
相手がスマホを出したままだと寂しいよね (写真:iStock)

「ファビング」とは、人と会っている際、スマホを目につく場所に置く行為を意味します。せっかくのデートや食事会でスマホを出したままだと、「僕の話を聞いていない」「俺よりスマホのほうが気になるのか?」と大変失礼に当たります。

 筆者自身「ファビング」を知るまで、ごく自然にしていた行為なので深く反省。今ではスマホをバッグにしまい、レストランで料理の写真を撮る際も、同席している人や店の方に「写真を撮ってもいいですか?」と、許可を得てからスマホを取り出すようにしています。

 メールチェックは、化粧室に立った時がベストですね。

2. ネガティブな本性を丸出し

ハンドル持つと人格変わる人いるよね…(写真:iStock)
ハンドル持つと人格変わる人いるよね… (写真:iStock)

 筆者は過去に10年間、六本木のクラブママをしましたが、人の本性が現れるタイミングは大きく分けると以下の3つです。

・お酒を呑んだ時
 簡単に説明すると、お酒を呑んだ時に(酔って)愚痴る、泣く、説教する、過去の栄光を語る、口説く、触るなど。「夕べは酔いすぎてゴメン」は通じない時代です。

・怒った時
 感情コントロールできず大声で怒鳴る、大量メールを送るなどは赤信号! 暴力はもう論外です。

・車の運転中
 乱暴な運転はもちろんですが、追い越されて「チッ」と舌打ちする人、窓からタバコをポイ捨てする人など、身勝手さや不誠実さがわかります。

 男女問わず、この3つは抜かりなくチェックしてみてください。

3. 口が軽い女性は厄介です

「ここだけの話」はたいてい拡散される(写真:iStock)
「ここだけの話」はたいてい拡散される (写真:iStock)

「誰と誰が不倫している」「あの人の妹はバツイチ」「彼女の年下カレ、実はホストで貢がされているだけ」「私、セフレが3人いるの」などなど、“口の軽い人”ほど厄介なものはありません。

 なおかつ、そこには尾ひれがついて事実と異なっていたり、女同士のマウンティングもあり、聞いているほうは対応に疲れます。

 しかし、「口軽」女性に限って変に情報通だったり、悪意なく噂をまき散らしている場合もあるので困りもの。

 話半分に聞くようにして、こちらの情報は出さないのが無難ですね。

4. 有名人とお知り合い自慢

すごいのはあなたじゃない(写真:iStock)
すごいのはあなたじゃない (写真:iStock)

「私、○○さん(有名人)と知り合いなの」「俳優の○○さんと一緒に呑んで……」と、有名人に乗っかって、自分を大きく見せる人も痛いと感じてしまいます。

 他人の力を借りなきゃ、自分を承認してもらえないの?と、逆に哀れに思えてなりません。

 ただ、ビジネス関連やSNSでは互いの宣伝になる場合もありますし、そこは難しいところ……と言うのが本音でしょうか。

5. 他人に許可なくSNSに画像をアップ

悪気がなくても迷惑だと感じる人も(写真:iStock)
悪気がなくても迷惑だと感じる人も (写真:iStock)

 今やSNSは生活の一部になっている人も多いはず。私も自分の本を宣伝したり、日々の思いを発信していますが、そこに自分以外の人がいる場合、必ず許可を取ってからにしています。

 ある男性は、呑み会の画像を勝手にFBにアップされたことを会社の上司に指摘され、とても気まずい思いをしたそう。

 また、とある美魔女さんはパーティで男性に「ツーショットお願いします」と言われて応じたところ、美肌加工なしにそのままアップされ、とてもご立腹でした(笑)。 

 せっかくの人間関係を壊さないためにも、SNSには十分に配慮したいものです。

 ◇  ◇  ◇ 

 以上、「他人を不快にし、自分の格を落とすアウトな行為」をお伝えしました。ファビング、ネガティブな本性丸出し、口が軽い、有名人とお知り合い自慢、SNSへの配慮……。何気ない振る舞いも、他人を不快にするアウトな行為につながります。筆者自身も肝に銘じたいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ