出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-19 11:03
投稿日:2021-01-12 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

渋谷・宮益坂での運命の出会い

「"ナンパ"はリスペクトに値する」
「"ナンパ"はリスペクトに値する」

case6-2.冴島凛さん(仮名/41歳)

 橋本マナミさん似の妖艶な雰囲気を持つ冴島凛さん(仮名/41歳)は、昨年3月に入籍しました。旦那様との出会いはなんと……。

「渋谷の宮益坂で、信号待ちをしているときにナンパされたんです。『今、何時ですか?』と聞かれたので時計を見ながら答えたら、『よかったらお茶でもしませんか』と誘われました。

 誘われるまでは顔すら見ていなかったのですが、なかなか青信号にならなくて一瞬、顔を見たら意外とタイプだったんです。小柄で、私好みの堺正章さん似でした」

凛さんの出会いを2つの視点から考察

本当に軽薄なの?(写真:iStock)
本当に軽薄なの? (写真:iStock)

 凛さんの言葉をもとに、ここで2つのトピックにふれておきます。

1.結婚相手との出会いがナンパ

「ナンパをする男性は軽薄そう」というイメージを持つ女性も多いかもしれませんが、株式会社シグナル社の調査によると、男性がナンパをするときの勇気は、バンジージャンプに匹敵するそう。

 筆者は女性ですが、雑誌の取材で幾度となく女性をナンパした経験があるので、気持ちが痛いほどわかります。男性スタッフに「あの子に行け!」と背中を押されても、「断られたら、自分の人格を全否定された気分になって落ち込んでしまうのよ。というか、私の背中を押すならあなたが行って!」と尻込みしてしまい、何十人もの女性を見送った過去があるからです。

 凛さんは、そんな男性の胸中を理解しているようで、勇気に敬意を表しているとのこと。

「見ず知らずの相手にいきなり声をかけるのはものすごく果敢な行為だと思うので、私はナンパを否定しません。声をかけられたら『ありがとうございます。お声がけいただいて』という謙虚な気持ちで、無視はしないで話を聞くようにしています。もちろん、『ごめんなさい』というパターンもありますけど」

 相手が誰であろうと、謙虚に話を聞く。社会人にも通じるような格言は、恋愛や結婚にも活きると筆者は思います。実際に凛さんはナンパで旦那様と出会い結婚していますが、筆者の友人女性も数名、お相手からナンパされて結婚に至っているからです。結婚相手とは、どこで出会うかわからないという一例です。

「運命の相手とはどこで出会うかわからないからこそ、髪型とメイク、服装は『つねに(ここ大切です)』自分至上最高ランクをキープしたほうがいいかもしれないわよ」

 恋愛や婚活相談を受けると、筆者は必ず伝えています。繰り返しになりますが前例のように、運命の相手とは、どこで出会えるか自身では予測不能だからです。

2.低身長な男性は仕事で大きな成果を上げるかも!?

低身長男性は伸びしろ大?!(写真:iStock)
低身長男性は伸びしろ大?! (写真:iStock)

 凛さんは、「都内で奥様と歩いている堺正章さんを見かけたのですが、カッコイイなと思いました」と、言っていました。堺さんはテレビで拝見するかぎりは小柄な印象を受けます。厚生労働省の「平成29年国民健康・栄養調査報告」によると、40~49歳の平均身長は171.2センチ、50~59歳は170.2センチ、60~69歳は167.3センチで、70歳以上が162.5センチ。現在74歳の堺さんは平均身長よりやや上回っているかもしれませんが、40~50代の頃は小柄といわれる部類だったかもしれません。

 男性が持つ見た目のコンプレックスは、「薄毛・おデブ・低身長」などが挙げられます。低身長にかんして以前筆者は、身長175センチ以上の男性数名に、「もし自分が低身長だったら?」と聞いたところ。「かなりコンプレックスを抱えていたと思う。薄毛は治療できるしおデブはダイエットできるけど、身長は変えられないから」と、全員が答えていました(ラスベガスにあるクリニックでは800万円で15センチ身長を伸ばす手術に予約が殺到したそうですが、ここでは別とします)。

 現在は、「コンプレックスが頑張るバネになる説」と「コンプレックスをバネにするのは危険説」の2説にわかれていて真相は定かではありませんが、低身長だけを理由に結婚対象外と結論づけるのは早計かもしれません。結婚はお金がすべてではありませんが「芸能人 低身長」で検索すると、ブレークした人は枚挙にいとまがないですし、筆者は経営者や企業の役員に出世した人を知っています。

70歳の男性と交際するということ

彼は70歳の資産家だった(写真:iStock)
彼は70歳の資産家だった (写真:iStock)

 凛さんは交際後に知ったそうですが、旦那様は資産家。都内で地価が高い場所に複数のマンションを所有し、そのうち1室を売却しては新たに物件を購入して、引っ越す生活を送っているそうです。

 旦那様の経済実態を知らないまま、凛さんは「15分ぐらいいいじゃない」と口説かれお茶をしました。そのときに初めて、旦那様の年齢を知ります。

「あとどれぐらい一緒にいられるんだろう」

「彼は私より29歳年上の、70歳でした。見た目と声が若々しいので、50代後半か60代ぐらいだと思っていましたが、驚きはなかったです。ファザコンではありませんが年上男性と交際する機会が多く、20歳年上の方とおつき合いしたこともあるので。ただ、彼と交際してから初めて、『あとどれぐらい一緒にいられるんだろう』と考えると同時に、健康寿命を気にするようになりました。介護も覚悟しています」

 健康寿命とは、心身ともに自立し健康的に生活できる期間。厚生労働省が発表した平均の健康寿命年齢は、男性が72.14年。女性が74.79年。旦那様は健康寿命の終幕に近い年齢で、凛さんには直近の課題となるかもしれませんが、筆者は結婚を決める際、「相手を介護できるか」も基準に含めたほうがいいと考えます。人生、いつなにが起きるかわからないからです。

 以前、テリー伊藤さんを取材したときに、「この年になると、来年も桜を見られるのかなって考えちゃうんだよ」とおっしゃっていましたが、健康な人は基本的に「明日も自分は生きている」と、根拠薄弱に信じがちです。ですが凛さんの覚悟を聞いて年齢差は関係なく、結婚するときに重視すべきは「いつなにが起きるかわからない現実」を前提に暮らすことだとあらためて感じました。

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ