子育て進化論! 「ママが楽になれる」育児の方法と思考法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-03-27 06:00
投稿日:2019-03-27 06:00
 ママになった瞬間に始まるのが、親世代の方からの子育てアドバイス。初心者ママにとってはとても心強く、「なるほど〜!」の連続だと思います。とはいえ、昔と今は違います!少しでも楽な子育て、笑顔でいられる心の余裕を得る方法を考えてみました。

昔は1歳までにオムツがはずれていた?

ママになったら…(写真:iStock)
ママになったら… (写真:iStock)

 出産前に母からもらったのが、私が赤ちゃんの頃に使っていた母手製の「布オムツ」でした。「1歳までにオムツが外れたのよ」という言葉を目標にして、産後すぐに布オムツ育児に取り組んだものです。

 3〜4カ月ほど続けてみましたが、はずれる兆候はありません。黄色いウンチがついた布を1日に何度も洗って手はガサガサ。洗濯物もかさみます。替えた5分後にまた濡れていると、寝返りも打たない息子相手にぐったりしたものです。

 そんな中、あるタイミングで紙オムツを使ってみたら、「なんて楽なんだ!」と感動し、一瞬で乗り換えを決断しました。お尻が冷たい状態で待たせることもないので、焦らなくて良い。最優先事項だったオムツが、後回しで良くなったんです。

オムツを早くはずすメリットについて考えた

オムツは早く外した方がいい?(写真:iStock)
オムツは早く外した方がいい? (写真:iStock)

 そこで、ようやく考えました。「なぜ、オムツを早くはずした方が良いんだろう?」と。

 育児本やネットで調べたものの満足できる根拠はなく、むしろ、「膀胱が大きくなり、おしっこを溜められるようになるのは2歳を過ぎてから。だから、2歳以降にトイレトレーニングをした方が母子のストレスにならない」と言われていることを知ったのです。

「布オムツ>紙オムツ」だと思っていた固定観念が、ガラガラと崩れ去った瞬間でした。

 そもそも、昔の時代のママが1歳前にオムツはずしに成功した理由は、優秀な紙オムツがなかったから。つまり、選択肢がなかったんですよね。

手抜きをしても笑顔のママでいた方が良い

ママが笑顔なのが一番(写真:iStock)
ママが笑顔なのが一番 (写真:iStock)

 オムツを早くはずした方が良いという科学的根拠はなくとも、ママがよく笑う環境下に置かれた子どもは脳の神経細胞を繋ぐ物質が増えて知能を高める、という証明はされているようです。

 ばぁばの子育て論が何かと見直される現代ですが、昔は共働き家庭も少なく、保育園問題が取り沙汰されることもなかったですよね。それなのに手間をかける昔のやり方を良しとして頑張り、ママが疲れて笑顔が減っては元も子もないでしょう。

 つまりは、多少の手抜きをしてでも、ママが笑顔でいられた方がメリットがあるのではないか?と思うのです。

「愛情=手間をかけること」ではない

子どもが健やかに育つことが大切(写真:iStock)
子どもが健やかに育つことが大切 (写真:iStock)

 母乳育児が困難なら、ミルク育児で良い。離乳食作りに手が回らないなら、レトルトでも栄養的に問題はない。提出物の雑巾は手作りしなくても100円で購入できますし、名前付けはスタンプで行えば時短できます。

 先人の知恵を活かして作られたアイテムは、ママに余裕を与えてくれます。決して、「愛情=手間をかけること」ではありません。

 大切なのは子どもが健やかに育つこと。昔も今も、それだけなのですから。

手抜きをしても、自分を責めないで

もっともっと気楽な育児が出来ますように(写真:iStock)
もっともっと気楽な育児が出来ますように (写真:iStock)

 息子のその後ですが、2歳半の頃に自ら「トイレに行きたい」と言い始め、おしっこはできるようになりました。

 でも、なぜか「うんちはオムツで!」というポリシーがあるようで、便意を催したらわざわざ自分でオムツに履き替えます。それもまた面白く、ゲラゲラ笑える今日この頃。いつかオムツがはずれたら「寂しいな」と思える心の余裕さえ持てそうです。

 手抜きをしてでも、自分を責めないで。ママの笑顔は一番の愛情です。ぜひ、もっともっと気楽な育児ができますように。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...