ナイトブラを勧める理由 ダサさを乗り越え美乳を目指そう

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-03-31 05:55
投稿日:2019-02-20 06:00
 大手下着メーカーでも販売されているナイトブラ。でも、実際に使用しているのは、女性の半数以下なのだとか。そもそも、ナイトブラを着けるメリットは何なのか、愛用歴3年の筆者がお伝えします!

なぜバストの形は崩れるの?

「クーパー靭帯」が切れると…(写真:iStock)
「クーパー靭帯」が切れると… (写真:iStock)

 バストの形が崩れる1番の原因は、日常生活・妊娠・加齢の影響により、「クーパー靭帯」が損傷することだと言われています。クーパー靭帯とは、バストを構成するコラーゲン組織の束のこと。バストの脂肪や乳腺、皮膚を繋ぎ、ピンとハリのあるバストを保つ役割があります。

 しかし、クーパー靭帯は、運動や就寝中の寝返り、ノーブラ生活など、日常での些細なダメージによって伸びたり切れたりしてしまいます。

「出産後にバストが垂れた」と嘆く女性は多いですが、これも、妊娠中に大きくなるバストの重みにクーパー靭帯が耐えきれず、損傷してしまうことが原因。また、他の組織同様、加齢の影響で衰えてしまいます。

 注意が必要なのは、クーパー靭帯は再生できないということ!

 一度伸びたり切れたりしたら、伸びっぱなし切れっぱなし。ハリを保てなくなるため、下垂などの形崩れが起こってしまいます。つまり、いかにクーパー靭帯を守るかが、美乳を保つポイントになるのです。

ナイトブラはなぜ必要?魅力と効果をチェック!

ナイトブラには安眠効果も(写真:iStock)
ナイトブラには安眠効果も (写真:iStock)

 妊娠や加齢によるバストへの影響は、ある意味仕方がないことでもありますが、1日の3分の1〜4分の1を占める睡眠中のバストへの負担は、ナイトブラで軽減することができます。

 そこで、ナイトブラの魅力や効果について見ていきましょう。

1. 就寝中の衝撃からバストを守る

 ナイトブラの大きな働きは、衝撃からバストを守ることです。「寝ている間に衝撃?」と思う方もいるかもしれませんが、寝返りやうつぶせ寝による潰れなど、就寝中のバストにはさまざまな負担がかかっています。

 ナイトブラは縦横無尽に動くバストをしっかり固定して、クーパー靭帯の損傷を防いでくれるのです。

2. 就寝中のバストの横流れを防ぐ

 バストが左右に離れる「離れ乳」は、就寝中にバストが左右に流れることも原因の1つ。

 ほとんどのナイトブラは幅広アンダー&脇高設計になっているため、横になってもバストが流れず形をキープ。離れ乳予防にも最適です。

 ちなみに、ナイトブラの中にはバストアップ機能や形を補正してくれるタイプのものもあるため、バストを大きくしたい方や、すでに形に悩んでいる方は、機能面に注目して選んでみると良いでしょう。

3. 安眠効果もある

 ワコールとオムロンヘルスケアが行ったテストによると、ナイトブラを着けると入眠までの時間が短くなった&12分間も深い眠りが増えたという結果が出たそうです。

 締め付けを嫌うノーブラ派もたくさんいると思いますが、ナイトブラはノンワイヤーで締め付けない設計になっているため、快適なのも魅力。睡眠の邪魔になりません。

ダサさを乗り越え、ノーブラ脱出へ!

ナイトブラで美乳を目指そう(写真:iStock)
ナイトブラで美乳を目指そう (写真:iStock)

 ナイトブラ推進派の私ですが、唯一のデメリットを挙げるのであれば、「ナイトブラはダサい」ということ。レースや柄物も大抵可愛くないし、なんだかスポブラみたいだし。

 正直言って、最初は抵抗がありました。でも、着けてみたらノーブラよりも楽! 横になっても崩れないバストの形! 単純に嬉しいです。

 ダサさを乗り越えた先に、美乳が待ってるはず!ぜひ、この機会にナイトブラ生活を始めてみてくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...