マンネリ解消にオススメ 照れずにできるスキンシップの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-12 05:55
投稿日:2019-03-16 06:00
 パートナーに「くっつきたい」と思っているのに、スキンシップのタイミングが取れないまま日々が過ぎていく。そうしていつの間にか「くっつきたい」とも思わなくなり、いわゆるマンネリに陥ってしまう。そんな「あるある」に悩んでいませんか? 甘え上手な女性であれば「くっつきたい」の一言で叶うスキンシップ。でも、甘えられない女性も中にはいますよね。そんな状況を打破するためのスキンシップ方法、段階ごとに見ていきましょう。

マンネリ解消!スキンシップ初級〜上級

(写真:iStock)
(写真:iStock)

【初級編】まずはリハビリ、心のスキンシップを

 まずは初級編!パートナーに何年も触れていない方、まずはリハビリから始めましょう。

・玄関で送り迎えをする

 いつも平和な「サザエさん」にほっこりするのは、玄関での「おかえりなさい」「ただいま」の言葉があるからだと思うのです。

 玄関での送り迎えをしていない方は意外と多いですが、送り迎えをされて嫌な人は少ないはず。まずは忙しい朝こそ気持ち良く送り出し、笑顔で迎えてあげましょう。

・肩に触れる距離で歩く

「いつしか手すら繋がない」そんな方におすすめなのが、肩に触れる距離で歩くこと。

 肩が触れるくらいの距離にいると、男性のパーソナルスペースに自然に入ることができますし、車が来た時、人波にさらわれそうな時に男性も照れずに腕や肩を引き寄せやすくなります。

【中級編】距離と時間を共有しよう

 初級を超えたら次は中級編。どんどん距離を縮めていきましょう。

・隣に座る

 パートナーと一緒に暮らしている場合には、ご飯を食べる時、テレビを見る時など、何気なく隣に座ってみましょう。膝がコツンとくっつく機会も増え、自然と会話や笑い合うことが増えるはず。顔を見るのが照れ臭いと思う方にもおすすめです。

・一緒にゴロゴロする時間を作る

 すれ違いから起こりがちなマンネリを脱却するには、時間を共有することが大切。就寝前や休日など、リラックスしている時にパートナーとゴロゴロする時間を作りましょう。

 別々のことをしていても良いのです。同じ空間でゆったりと時間を過ごすことで、不思議と心地良さを感じられるはずですよ。

【上級編】マンネリ脱却!?本格的にスキンシップを

 ここまできたら、マンネリ期間は終わってるはず。上級編!

・マッサージをする&してもらう

 座っているor寝転んでいるパートナーの肩や腰を、何気なくマッサージしましょう。恥ずかしければ、「お客さん凝ってますね〜!」なんて、マッサージ屋さんになりきるのも手です。

 マッサージをされて嫌がる人は少ないですし、男性によっては「じゃあ、俺もしてあげる」となる可能性もありますね。

・キスやハグなどスキンシップを習慣にする

 初級編でお伝えした「見送り習慣」が自然になったら、キスやハグを思い切ってしてみましょう。その後、どうせパートナーは出かけますし、気恥ずかしさに震えることもありません。できたら、習慣化を目指しましょう。

 ちなみに、「出かけのキス」には寿命を5年も伸ばしたり、交通事故に遭遇するリスクを低下させるという研究結果もあるそうですよ。一石二鳥にも三鳥にもなりますね。

「くっつきたい」と思えるうちが華

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「2人目が欲しいけど、1人目を産んでから夫に触ってもない」と、ママ会でそんな話を聞き、スキンシップ計画をみんなでワイワイと立てた最近。「そんなのムリ〜!」なんて恥ずかしそうにしているママ友は、この上なく可愛く見えました。

 でも、そもそも「くっつきたい」と思えるうちが華なんですよね。そのうちに「触りたくもない」と、トゲトゲ心へと変化してしまうんですから。

 直接的なスキンシップの前に行うべきは「心のスキンシップ」ですよ。ぜひ、自然なスキンシップを目指してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ