鬼ピンチ!仕事の嘘がバレた時どうする? 4つの影響&対策法

コクハク編集部
更新日:2022-02-19 06:00
投稿日:2022-02-19 06:00
 仕事をするうえで、とっさに嘘をついてしまった覚えはありませんか? さまざまな理由でついてしまった嘘だとしても、繰り返し嘘をついていると後になって取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。そこで今回は、仕事の嘘がバレた時の職場への影響や今後の対策法をご紹介します!

仕事の嘘が会社にバレた時の職場への4つの影響

仕事の嘘が会社にバレた…(写真:iStock)
仕事の嘘が会社にバレた… (写真:iStock)

 どんな理由があったとしても、仕事中の嘘が会社にバレてしまうと、なんらかの影響が出てしまうのは避けられません。まずは、仕事の嘘が会社にバレた時の職場への影響を見ていきましょう。

1. 今までの信頼関係が崩れてしまう

 仕事をするうえで嘘がバレたら、今まで積み上げてきた信頼関係が一気に崩れてしまいます。信頼関係を守るために嘘を重ねてしまう人もいますが、結果的に自分を苦しめてしまうでしょう。

 また、上司や同僚から何も指摘がないからといって、嘘がバレていないとは限りません。トラブルにならないために、あえて指摘しないタイプの人もいると肝に銘じておきましょう。

2. 嘘がバレたら周囲から孤立してしまう

 嘘がバレてしまうと、同じ部署の人から孤立してしまう場合もあります。中には、あなたの嘘がバレたことを面白おかしく噂する人もいるでしょう。

 些細な出来事がきっかけでついてしまった嘘でも、バレてしまうと、あなたの周りの職場環境が一気に変わってしまう事態は十分に考えられます。

仕事を任せてもらえなくなるかも…(写真:iStock)
仕事を任せてもらえなくなるかも… (写真:iStock)

3. 仕事を任せてもらえなくなる

 一度でも嘘がバレてしまうと信用を失うことにつながり、今後、責任のある仕事を任せてもらえなくなる可能性が高くなってしまうでしょう。

 これまでたくさん会社に貢献してきたとしても、一度の嘘がきっかけで仕事の内容がガラッと変わってしまうかもしれません。

4. 嘘が原因で問題の対処が遅れてしまう

 仕事上の嘘でもっとも職場に影響を与えてしまうのが、その嘘で起こった問題への対処が遅れてしまうことです。もし、重要なミスを隠していた場合、会社への損害も大きくなってしまいます。

 自分のミスを隠そうとしてついた小さな嘘が、やがて会社全体のミスになり、自分では解決できないくらい大きなものになってしまう可能性もあるでしょう。

仕事の嘘が会社にバレたら…今後できる3つの対策法

誠心誠意謝ろう(写真:iStock)
誠心誠意謝ろう (写真:iStock)

 仕事の嘘が会社にバレてしまった場合、同じ失敗を繰り返さないようにすることが信頼を取り戻す第一歩になります。今後できる対策法をチェックしていきましょう!

1. 嘘を隠すための嘘をつかない

 会社に嘘がバレた時、その場しのぎで嘘を繰り返すのはかえって逆効果です。万が一、上手く乗り切れたとしても、いつバレるかわからない嘘に恐怖を感じ続けてしまうはず。

 自分を守るために繰り返しついた嘘が、自分を苦しめてしまうのです。ついた嘘はしっかり認めて、嘘に嘘を重ねないようにしましょう。

2. 迷惑をかけた人に謝罪する

 仕事の嘘がバレてしまったら、まず第一に迷惑をかけてしまった人に心から謝罪をしましょう。

 自分の罪を認めてしっかりと謝罪ができれば、今後挽回できる光が見えてきます。ここで謝罪をないがしろにしてしまうと、会社での人間関係がうまくいかなくなってしまうので、注意が必要です。

3. 同じ失敗を繰り返さないように心を入れ替える

 仕事の嘘がバレてしまった後、もっとも重要なのは、同じ失敗を繰り返さないように心を入れ替えて仕事に励むことです。

 一度信頼を失ってしまうと、その信頼を取り戻すために何倍もの時間と労力が必要になります。「もう二度と嘘はつかない!」という自分への誓いが、なによりも大切な対策法だと言えるでしょう。

仕事の嘘が会社にバレた時は素直に謝るのが一番!

言い訳をせずに素直に謝ろう(写真:iStock)
言い訳をせずに素直に謝ろう (写真:iStock)

 仕事でついた嘘が会社にバレてしまった時は、あれこれ言い訳をしない素直な謝罪が解決への一番の近道です。しかし、もしも日常的に嘘をつくことが当たり前になっているようであれば、一度、仕事内容を見直してみたり、思い切って転職するのも視野に入れてみてもいいかもしれませんね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】まじか。矯正8カ月で主治医から衝撃の提案が…
【これまでのお話し】 45歳で歯科矯正を始めようと思ったワケ(#1)/45歳女、5年越しにワイヤー矯正を決断!(#...
ほっこり読み切り漫画/第63回「フクフクモフモフ規格外ナノダ」
【連載第63回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 「しっぽ...
子、姪、甥への「お年玉適正価格」問題 親戚と決めた我が家のルールは…
 子供たちのお正月の楽しみといえば、なんといっても「お年玉」ですよね。でも、大人にとっては「親戚の子へのお年玉の額をどう...
「自信がない人」必見! 必要なのは“勇気”なのかもしれない
 突然ですが、みなさんは自信と勇気の違いって説明できますか? 私はよく自信がなくて悩むのですが、本当は「勇気のなさ」こそ...
鮮やかな朱色にハッとする 見つけたのは秋が忘れていった物
 ずいぶんと歩いたけれど、ひときわ映える朱色にハッとして顔を上げた。 「秋の忘れ物」もきっと鳥に見つかって、最後は...
共働き夫婦はいつ洗濯物を干すのが正解? 一長一短な6つの選択肢
 現代では、多くの夫婦が共働きですよね。そこで問題となるのが「洗濯物をいつ干すか」という点です。特に朝からのフルタイム出...
Tバックで足が速くなる? 40女が自己ベストを更新できたワケ
 先日行われた「第18回湘南国際マラソン」の「ファンラン10kmの部」に参加してきました。ランニング歴15年にして初の1...
カメラマンの本領発揮! ウブ“たまたま”を追いかけパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
節約は正義!家庭で過ごすクリスマスアイデア【飾りつけ編・レシピ編】
 一年の最後の大イベントといえば、やっぱりクリスマスですよね。特に子供のいる家庭では、部屋の飾りつけやパーティー料理など...
2023-12-07 06:00 ライフスタイル
縁起悪っ!ポインセチアが毎年グッタリな人へ…NG事項と育て方のコツ
 クリスマスを彩る真っ赤なポインセチアですが、実は暑い地方が原産で「寒いのは苦手」。そんなポインセチアを綺麗に長く楽しむ...
略奪婚したけれど不運続き…夫は疫病神?(疫病神の妻さん)
「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしている「星座別パワーワード占い」が人気を集めている七色翡翠が、女性たちの悩...
「うちの夫が美容に目覚めたら…」謎のこだわりと行き過ぎた美意識エピ
 美容といえば、女性を連想しますよね。でも最近では、男性もメイクやスキンケアをするなど美意識に変化が現れています。  ...
探し物のほうも「見つけられるタイミング」をうかがっている
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
気が重すぎる…。年末年始に義実家への帰省を円滑に回避する4つの方法
 年末年始が近づくにつれて「義実家への帰省がしんどい」と、気が重くなる妻たち。せっかくの新年なのに、1日中気を遣って食事...
お気に入りの柔軟剤♡ドラム洗濯機の乾燥モードでどうなる?
 初めまして! 大切なお洋服を洗っても、イヤ~な臭いがするとテンションが落ちてしまうコクハクガールズ1期生の「よもも」と...
1日8時間労働は働きすぎ? 理想の働き方を手に入れる方法
 セックスレスや婚外恋愛、セルフプレジャーをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  海外のTikToke...