穴があったら入りたい…職場LINEへの恥ずかしい誤爆7選

コクハク編集部
更新日:2021-04-17 05:54
投稿日:2021-02-07 06:00
 連絡ツールとして生活に欠かせないLINEですが、似たようなアイコンだと、つい間違えて送信してしまうこともありますよね。でも、絶対に避けたいのが職場LINEへの誤爆……! 職場ではよそ行きの顔をしているため、家族や彼氏への誤爆とは違って恥ずかしさも倍です。しかも、内容によっては生活に大きな支障が出ることも……。
 今回は、ついつい誤爆してしまった、穴があったら入りたい内容をご紹介します。

職場LINEに誤爆した恥ずかしい内容7選

1. 職場LINEと自分のメモ用LINEを間違えて誤爆

 LINEには「Keepメモ」など、自分1人用のトークも作ることができるため、メモ用LINEとして使っている人も多いですよね。

 きっと、アイコンが似ていたのでしょう。見事に職場ラインに、マイ買い物リストを送ってしまいました。この誤爆LINEを職場のトークルームに送ってしまった女性は、悔やんでも悔やみきれなかったはずです。

2. 彼氏への悪口を誤爆

 彼氏へ送るはずの不満を、職場LINEに入れてしまった誤爆です。職場で周りに良い顔をしている人ほど、隠していた内面をさらけ出してしまうと辛いものがありますね。

 そして、彼女がプライベートでレトルトが2日続いたかどうかに関して、上司や同僚はまったく興味がないはず。言い訳するほど辛さが増すので、素直に謝罪に徹することをおすすめします。

3. 上司を馬鹿にしたLINEを誤爆

 絶対避けたいのが、上司に対しての誤爆。やっぱり言い訳をすると、痛々しいですよね……。ただ、この内容だと仕事内容に支障が出てしまいかねないので、言い訳するしかなかったのでしょう。

 しかも、身体的特徴をネタにされているとわかって、上司もきっと傷ついたはずです。人の悪口を送る時は、指差し確認が必須ですよ。

【あわせて読みたい】思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選

4. 場違いなスタンプを誤爆

 こちらの誤爆LINEは、職場LINEでの会話中にスタンプを押し間違えてしまったようですね。しかし、よりにもよってこのスタンプ……。威圧的、かつ、ふざけたスタンプですが、笑って許してもらえたことを祈るばかりです。

5. プライベートを晒して誤爆

 友達へ送るはずのLINEを誤爆してしまったようです。しかも、コスプレが趣味ということがバレてしまいました。とはいえ、ミニオンのコスプレって、一体どこに行くのでしょうか? 次に顔を合わせづらいですね。

6. にゃんにゃん語で甘えて誤爆

 こちらの女性は、彼氏に送るにゃんにゃん語のLINEを職場に送ってしまったようです。素直に謝っていますが、にゃんにゃん語を使ってしまったあとは、時すでに遅しという感じです。ここは「送り間違えましたにゃん!」と、冗談っぽくやり過ごしてもよかったのかもしれません。(笑)

7. パパにおねだりしたつもりが誤爆

 こちらの女性は、バイトをしていないことにしてパパに洋服をおねだりしたつもりが、職場LINEに誤爆してしまったようです。しかも、現実はシフトにめちゃくちゃ入って稼いでいる様子。余計に恥ずかしいですね。上司も、思わず親心で彼女を心配したのでしょう。まさに、穴があったら入りたい誤爆LINEです。

職場への誤爆LINEはただただ恥ずかしい!

 誤爆LINEも家族や友達など、送る相手によっては笑って済ませてもらえることもあります。でも、職場LINEに誤爆してしまった場合、多くの人は職場用の顔があるため、ただただ恥ずかしい思いをしてしまうのが現実。

 ましてや、その後の職場での関係性に影響してしまう恐れもあるため、ぜひ、LINEを送る際には、今一度アイコンとトーク名を確認するようにしましょうね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


シンママになって“甘え”を覚えた私…認めてもらえる幸せ
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
12月6日~12月12日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
道のりは遠かったけど…"にゃんたま”君の熱烈歓迎に感激♡
 きょうは、初上陸の猫の島!  ……道のりは遠かった。  熊本空港からリムジンバスで熊本駅へ。「超快速あまく...
自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...