援助交際も危機管理意識なし…精神的に未熟だった高校時代

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-04-02 15:40
投稿日:2019-04-01 06:00

最初の出逢い系体験は高校生の時

危機管理意識がなかった(写真:iStock)
危機管理意識がなかった (写真:iStock)

 皆さん、出逢い系サイトを利用したことはあるでしょうか。最近は「マッチングアプリ」など、少しライトな名前でも呼ばれていますね。

 何を隠そう私、一番最初に結婚した夫との出逢いは出逢い系サイトでした。

 それに味を占めたというわけではないですが、今でも身分を明かさずに男性と知り合える出会い系は私にとって重宝しています。

 この連載ではそんな私が、今までの出逢い系ライフで特に印象深かったエピソ-ドを告白していきたいと思います。

 中には現代とは少々社会的事情が違うことや倫理的に正しくない行動なども出てまいりますが、そこはそれ、当時の空気をそのまま描いているということでご容赦頂ければと思います。何卒広いお心でお付き合いください。

東京の女の子の真似をしたい…

 一番最初の出逢い系体験はテレクラでした。

 当時はPHSが普及し始めたばかりで、まだインターネットもそこまで広まっておらず、雑誌の「文通相手募集」などに読者が平気で住所氏名を載せていた頃のことです。

 この頃ちまたでは援助交際が流行っていて、神奈川の片田舎に住んでいた少女の私も東京の女の子の真似をしてみたい、と、その世界に足を踏み入れてみようかと思ったのです。

 それに、なにしろお金も欲しかった。

 テレクラの番号自体は道端で貰うティッシュや雑誌広告、または公衆電話にチラシがたくさん貼り付けてあったりしていて、すぐに見つけることができました。

 当時PHSを持っていた私は勇気を出してそこに電話をかけてみて、一人のおとなしそうな男性と交渉し、なんとか約束を取り付けることができました。

男性の部屋に着いてハッと…

 待ち合わせの場所は都内のお相手の部屋です。今考えると危ない話ですが、当時の私にはそんな危機管理意識もありませんでした……。

 ほぼ初めての東京、電話で道案内をして貰いつつドキドキしながら男性の部屋に着いたのですが、いざ、という時にハッと気付きました。

 コンドームがないのです。

「あのう、ゴム持ってますか?」「は?普通、ウリやるなら自分で用意するものじゃないの?」

 想像通り地味ではありましたが何だか感じ悪く、苛々した様子の男性。若干気まずい雰囲気が漂います。

 結局、「じゃあ、私が買って来ます」と言って私は彼の部屋を出て、そのまま戻ることはありませんでした。

(もちろん、お金は貰っていません)

 当時、条例もなく高校生が大人とセックスをすることはそう犯罪的なことではないという認識でしたが、やはり、17歳くらいではまだ精神的に未熟だったなと今となっては思います。

深志美由紀
記事一覧
官能作家
集英社ノベル大賞佳作受賞にてデビュー。2010年「花鳥籠」
で第一回団鬼六賞優秀作受賞、同作13年映画化。新聞や電子書籍など、男性のみならず女性にも受け入れられる官能小説を多方面で執筆。著書に「ゆっくり破って」(イーストプレス)「美食の報酬」(講談社文庫)など。自他ともに認めるダメ男好きで、自らの体験を活かしたエッセイ漫画なども配信中。

エロコク 新着一覧


社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク
韓国男子の指テクと巧みなクンニリングに溺れ、天国からよもや地獄へ #4
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 17:10 エロコク
意外性に思わず声が漏れた! 新発想の吸引系ローターが爆誕♡
 ラブグッズの中でも、ローターは“振動する物体”であればいいので、その形状はバリエーションに富んでいます。  口紅...
桃子 2024-04-28 06:00 エロコク
前戯ナシの生SEXにGスポがひくつく快楽 挿入時の痛みは消え去り… #3
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:40 エロコク
アソコ臭すぎ問題を解決! 50代のパパに脱毛を勧めた結果…
 突然ですが“ハイジーナ女子”ってナンのことだか分かります?  4、5年前。AVモデル事務所のマネジャーさんからこ...
中山美里 2024-04-23 06:00 エロコク
驚異のsmallサイズ! でも吸引口は大きめに設計されパワーがすごい
 クリトリスを覆い、振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”が最初に登場したのは2016年ごろ。時間が経つにつれ女性の間...
桃子 2024-04-21 06:00 エロコク
韓国男子は前戯ナシ? 初ポッポから“韓流SEX”の流れに身を任せて#2
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:39 エロコク
管理栄養士の資格をアッチでも活用!パパの脱メタボを成功させた28歳
 今回ご登場いただくパパ活女子は、50代パパのメタボ腹を103から85センチまで、1年で18センチ減らさせることに成功し...
中山美里 2024-04-16 06:00 エロコク
シンプルだけどお楽しみの幅が無限大! ぜひスマホと連動を
 淡くやさしいブルー、優美な曲線を描くボディー。太すぎず細すぎず、シンプルを極めたような「スバコム アヴァネオ」ですが、...
桃子 2024-04-14 06:00 エロコク
お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク
クリを吸い上げ、はじいて、叩く♡ 1台で3役の優れもの
 買ったはいいけどあまり使わない…。そんなモノが多ければ多いほど、家が雑然としてしまいます。  これはラブグッズに...
桃子 2024-04-19 17:41 エロコク
スマホレンズを股間に向けられたネトナン師、恐怖のSEXから起死回生#5
 高学歴・高収入のジンさん(仮名・49歳会社経営/前妻との間に子供アリ)。彼は経営者の傍ら、「ネトナン師(ネット上のナン...
蒼井凜花 2024-04-05 06:00 エロコク