ゴツゴツした凹凸が粘膜をかきわけて刺激…クセになります

桃子 ラブグッズコレクター
更新日:2019-11-12 04:36
投稿日:2019-03-30 06:00
シリーズ展開中(イメージ)/(写真:iStock)
シリーズ展開中(イメージ) /(写真:iStock)

 ラブグッズの世界では、人気のある商品がシリーズ展開することがあります。コスメなどと似ていますね。今回、紹介する「エクスティック」は、グッズビギナーの女性にオススメしたい定番ブランドなのですが、最近リリースされた「エクスティック ツイスト」というシリーズは、カラーリングのかわいさ&フォルムのユニークさに熱い視線が注がれています。

詳細を見てみる

ジャムウ・シークレットモイスチャー(定番)

「エクスティック ツイスト ボリューミー」/(C)コクハク
「エクスティック ツイスト ボリューミー」 /(C)コクハク

 くすぐったりつまんだりできる全5アイテムのうち、私が最も推したいのは大人っぽいピンクの「エクスティック ツイスト ボリューミー」です。何がいいって、まずはローターとして全身を刺激するのにも使えるし、挿入もできるという、一粒で二度おいしい感です。加えて上半分の、崩れたソフトクリームのような凹凸も激推しできますね。

 膣内は繊細である半面、意外と鈍感だそうです。バイブにささやかな凹凸が施されていても挿入するとまったく分からない……ってことがしばしば。このくらいゴツゴツ感がないとダメなんですね。挿入した時に、この凹凸が粘膜のひだをかきわけ、刺激してくれます。手で小刻みに出し入れをすると、ちょっと引っかかるように感じるのも気持ちよくてクセになります。

 ひとつ気に入ると、シリーズ全アイテムそろえたくなるのが、ちょっと困りどころですけどね!

◇ECSTICK エクスティック ツイスト ボリューミー
◇通販価格=1,430円(税込)
(問)大人のデパート エムズ

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 いまどき、女性からセックスを誘うのははしたない!と表立って言う人は少ないとは思いますが、それでもやはりいざとなるとなか...
FILM
 2016年ごろからクリトリス刺激に特化した“吸引系”がラブグッズ界を席巻していますが、ブームもここまで来たか!と思わさ...
桃子 2019-11-17 11:17 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 異常な行動を繰り返す人間に関して、近年、サイコパスやソシオパスの研究が進められています。 サイコパス──先天的に...
FILM
 あなたは、どういった性の願望を抱いていて、ひそかに何をしたい/されたいと願っていますか。自分の性癖の形を知れば、もっと...
大泉りか 2019-11-13 19:28 エロコク
FILM
 男女関係においてセフレ問題で悩んだことがある方は多いはず。 「エッチした途端、男性からの連絡が気まぐれに。都合が...
七海 2019-11-11 18:50 エロコク
FILM
 ピストンバイブと聞くと、だいたいの人は激しい動きを想像されると思います。  がんがん突いてイカせちゃうぜ~! 的...
桃子 2019-11-11 01:55 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
 翌日も何時間も彼女に全身を舐めら、彼女がまた寝入った後、私はバスルームに入りました。シャワーに打たれながら思いました。...
FILM
 多くの女性が、常に潤いを気にしています。肌、髪、そしてデリケートゾーンの潤いも。セックスのときは、膣内がちゃんと体液で...
桃子 2019-11-07 18:40 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットな...
FILM
「ショックで頭が真っ白になる」とよく言いますが、これは実際に脳が起こす症状です。脳は強いストレスを受けると、一時的に血管...
FILM
 さて、出逢い系サイトもPCやガラケーからスマホに舞台を変え、マッチングアプリという何やら爽やかな名前に変化しました。 ...
FILM
 消費税もとうとう10%まで上がり、都会で働くひとり暮らしのOLたちも大きな打撃を受けています。役職に就きでもしなければ...
FILM
 バイブコレクターの私でも、女性がいちばん感じるのはクリトリスだということをよ~く知っています。男性とのセックスでもずっ...
桃子 2019-11-12 04:46 エロコク
FILM
 私へのセクハラがエスカレートし、私が拒絶するにつれて、彼女の仕事上でのパワハラも酷くなっていきました。ただこの時点では...