40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#4

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-07-23 06:17
投稿日:2021-07-23 06:00
 Wさん(46歳・外資系IT)の体にまたがった奥さんは、「もう我慢できない」と猛り立つ勃起を握り、自身の女陰に導いた。人妻の欲情はもう歯止めが効かない。
第一回目はコチラ
第二回目はコチラ
第三回目はコチラ

妻の悲鳴に目をやると

妻がバックから貫かれていた(写真:iStock)
妻がバックから貫かれていた (写真:iStock)

――Hさんの奥さんは騎乗位でまたがってきたのですね。

「はい、僕がどのようにセックスに持ちこむべきか考える間もなく、Hさんの奥さんは上になって騎乗位の姿勢をとったんです。ペニスを握り、そのままワレメにあてがって、尻を落としてきました。

 久しぶりに味わう女膣の感触と締めつけに、僕は思わず『ううっ』と唸ってしまいました。膣内(なか)は、とろとろで熱く、ギュッとペニスを締めつけてくるんです。それに『ああ、奥まで届いてる』『うちの主人に負けないくらい、Wさんのモノはカチカチよ』などと言って挑発してくるんです」

――続けてください

「奥さんは腰を前後に振りながら、僕の手を取り、ゆさゆさ揺れる乳房に導きました。『私が動くから、オッパイを触ってて』と、ねだられて、その時、窓際からも『ああぁっ!』と悲鳴が聞こえてきたんです。

 見ると、ソファーでHさんとシックスナインをしていた妻U子は、窓ガラスに手をつき、バックから貫かれていました。

 Hさんが腰を前後するたび、パンパンッと肉ずれの音が響いて、時おり粘着質なズブズブ……ッという卑猥な水音も聞こえてきました。

 ダンディで紳士的な印象から一転、HさんはU子の腰を掴んで腰を穿ち、まさに『メスを貫く野獣』と化していました」

自分に必要だった「生と性」

夫を挑発するような喘ぎ声(写真:iStock)
夫を挑発するような喘ぎ声 (写真:iStock)

――続けてください

「普通の男性なら、自分の妻が他の男に貫かれる場面に遭遇すると萎えてしまうでしょうが、僕はそれを承知でしたから覚悟ができていました。そのせいでしょうか、奥さんの膣内にハメこんだペニスはますます熱を帯び、硬くなっていくのが分かりました。

 嫉妬心……とは違うな……うまく言えませんが、妻のありがたさを再認識できたというか……それに、この倒錯的な状況が、今の僕には必要だったのかもしれません。

 頭を空っぽにして女体を貪りつくす。汗まみれになって性器と性器をこすり合わせ、『生と性』を謳歌する。

 そんな原始的な作業は「良き夫、良き父親」に縛られていた僕の性を、一瞬にして解放してくれた気さえしました。

――続けてください。

「僕と奥さんは、時おり、窓辺で立ちバックをする二人を眺めながら、セックスを楽しみました。慣れてくると、奥さんがヒップを落とすタイミングで、僕が腰を突きあげて……。

 より深い結合に、奥さんは『子宮に響くぅ』『ああ、裂けちゃう!』などと叫んでいましたね。むろん、ご主人に聞かせるためであることは明白です。

 ただ、そんな女心にライバル心を燃やしたのか、バックで貫かれているU子も、『ああんっ……気持ちいいですッ』『もっと奥まで下さい!もっと欲しい』と、腰を振りたてていましたね。そうそう、言い忘れていましたが、コンドームはちゃんと装着するのがルールなので、必要不可欠なエチケットとして、使用しました」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク