マタニティマークを付ける時の“3つの心得” 本当の役割とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-06 06:00
投稿日:2019-04-06 06:00
「おなかに赤ちゃんがいます」の文字と、母子のイラストがあしらわれたマタニティマーク。手にした瞬間、「ママになったんだ!」と、じーんと感じる方も多いでしょう。そんなマタニティマークを利用する時に知っておきたい心得を、今回はお伝えします。

マタニティマークの本当の役割を知っていますか?

マタニティマークの本来の目的は(写真:iStock)
マタニティマークの本来の目的は (写真:iStock)

 そもそも、マタニティマークがどんな目的で作られたのかをチェックしてみましょう。

マタニティマークとは

 マタニティマークは妊婦さんが公共交通機関などを安全に使用できるよう、周囲に「妊娠している」と、知らせるためのもの。万が一、意識を失うようなことがあっても、速やかに妊娠していると伝えられるため、適切な処置を行いやすくなるというメリットもあります。

マタニティマークは妊娠初期にこそ必要

「妊婦さん」というと、お腹が大きく膨らんでいる姿を想像しませんか?でも、実際にお腹が目立つようになるのは、妊娠6〜7ヶ月からが一般的。

 実は、マタニティマークは、一見妊娠が分かりづらい妊娠初期の妊婦さんを対象として作られています。つわりや流産などのトラブルが起こりやすいこの時期こそ、マタニティマークは必要なものなのです。

マタニティマークを付ける時の3つの心得

電車の座席を巡ってのトラブルは多い(写真:iStock)
電車の座席を巡ってのトラブルは多い (写真:iStock)

 マタニティマークの使用を検討しているのであれば、心得ておくべきことをお伝えします。

譲ってくれた方への感謝の気持ちは忘れずに

 妊娠中にはつわりをはじめとした体調不良も起こりやすいため、心身ともに余裕がないかもしれませんね。

 でも、マタニティマークを付けていることで席を譲ってもらったり、重いものを運んでもらったりした時には、最大限の感謝の気持ちを伝えることが大切。代わってもらった瞬間に携帯で話し始めたり、音漏れイヤフォンで音楽を聴くなどのルール違反は論外です。

 せめて譲ってもらった席を離れるまでは静かに過ごすことが、トラブルを避けるポイントにもなると思います。

嫌な気持ちになる方もいることを心に留めておく

「マタニティマークを見ると腹立たしく思う」と言う、知り合いの女性がいます。「後から来ても席を譲ってもらえると思ってるから、目を瞑ってやり過ごす」とも言っていました。理由は聞けませんでしたが、そこには何かしらのきっかけがあったのでしょう。

「妊娠=おめでたい」、それはもちろんなのですが、他人には関係がないこと。上記でお伝えした「正しい認識」の違いはあれども、嫌な気持ちになる方もいるということを、心に留めておきましょう。

使わなくても良い妊娠環境を整える

 マタニティマークを付けることは、もちろん悪いことではありません。ただ、付ける付けないで悩むくらいなら、使わなくても良い環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 例えば、つわりがひどい場合には出勤時間をずらす、休暇を取る、混んでいる急行に乗らない、など、妊娠期間を上手に乗り切る工夫も大切です。お腹の中の赤ちゃんとママの心と体のためにもなるため、ぜひ検討してみましょう。

マタニティマークによるトラブルを減らすには?

「ありがとう」の気持ちを忘れない(写真:iStock)
「ありがとう」の気持ちを忘れない (写真:iStock)

 マタニティマークを見ると「席を譲らなければならない」と強要される感じが、なぜかありますよね。そう、「周囲に妊娠を知らせて、安全に公共交通機関を利用する」という、本来の役割とは違う趣旨で広まっている気がするのです。

 その認識の違いが、マタニティマークを付けていることで暴言を吐かれた、暴力を受けた、そんな悲しいトラブルへと発展した可能性もあるのではないでしょうか。

 でも、その反面、「譲ってあげたい」と、心から思ってくれる方もいます。

 その善意を受けたのであれば、妊婦さん側からはきちんとした「ありがとう」と、謙虚な姿勢をお返しする。このやり取りがうまくいけば、マタニティマークによるトラブルはもっと減るのではないかな?と思うのですが、いかがでしょうか。

ライフスタイル 新着一覧


「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...