マタニティマークを付ける時の“3つの心得” 本当の役割とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-06 06:00
投稿日:2019-04-06 06:00
「おなかに赤ちゃんがいます」の文字と、母子のイラストがあしらわれたマタニティマーク。手にした瞬間、「ママになったんだ!」と、じーんと感じる方も多いでしょう。そんなマタニティマークを利用する時に知っておきたい心得を、今回はお伝えします。

マタニティマークの本当の役割を知っていますか?

マタニティマークの本来の目的は(写真:iStock)
マタニティマークの本来の目的は (写真:iStock)

 そもそも、マタニティマークがどんな目的で作られたのかをチェックしてみましょう。

マタニティマークとは

 マタニティマークは妊婦さんが公共交通機関などを安全に使用できるよう、周囲に「妊娠している」と、知らせるためのもの。万が一、意識を失うようなことがあっても、速やかに妊娠していると伝えられるため、適切な処置を行いやすくなるというメリットもあります。

マタニティマークは妊娠初期にこそ必要

「妊婦さん」というと、お腹が大きく膨らんでいる姿を想像しませんか?でも、実際にお腹が目立つようになるのは、妊娠6〜7ヶ月からが一般的。

 実は、マタニティマークは、一見妊娠が分かりづらい妊娠初期の妊婦さんを対象として作られています。つわりや流産などのトラブルが起こりやすいこの時期こそ、マタニティマークは必要なものなのです。

マタニティマークを付ける時の3つの心得

電車の座席を巡ってのトラブルは多い(写真:iStock)
電車の座席を巡ってのトラブルは多い (写真:iStock)

 マタニティマークの使用を検討しているのであれば、心得ておくべきことをお伝えします。

譲ってくれた方への感謝の気持ちは忘れずに

 妊娠中にはつわりをはじめとした体調不良も起こりやすいため、心身ともに余裕がないかもしれませんね。

 でも、マタニティマークを付けていることで席を譲ってもらったり、重いものを運んでもらったりした時には、最大限の感謝の気持ちを伝えることが大切。代わってもらった瞬間に携帯で話し始めたり、音漏れイヤフォンで音楽を聴くなどのルール違反は論外です。

 せめて譲ってもらった席を離れるまでは静かに過ごすことが、トラブルを避けるポイントにもなると思います。

嫌な気持ちになる方もいることを心に留めておく

「マタニティマークを見ると腹立たしく思う」と言う、知り合いの女性がいます。「後から来ても席を譲ってもらえると思ってるから、目を瞑ってやり過ごす」とも言っていました。理由は聞けませんでしたが、そこには何かしらのきっかけがあったのでしょう。

「妊娠=おめでたい」、それはもちろんなのですが、他人には関係がないこと。上記でお伝えした「正しい認識」の違いはあれども、嫌な気持ちになる方もいるということを、心に留めておきましょう。

使わなくても良い妊娠環境を整える

 マタニティマークを付けることは、もちろん悪いことではありません。ただ、付ける付けないで悩むくらいなら、使わなくても良い環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 例えば、つわりがひどい場合には出勤時間をずらす、休暇を取る、混んでいる急行に乗らない、など、妊娠期間を上手に乗り切る工夫も大切です。お腹の中の赤ちゃんとママの心と体のためにもなるため、ぜひ検討してみましょう。

マタニティマークによるトラブルを減らすには?

「ありがとう」の気持ちを忘れない(写真:iStock)
「ありがとう」の気持ちを忘れない (写真:iStock)

 マタニティマークを見ると「席を譲らなければならない」と強要される感じが、なぜかありますよね。そう、「周囲に妊娠を知らせて、安全に公共交通機関を利用する」という、本来の役割とは違う趣旨で広まっている気がするのです。

 その認識の違いが、マタニティマークを付けていることで暴言を吐かれた、暴力を受けた、そんな悲しいトラブルへと発展した可能性もあるのではないでしょうか。

 でも、その反面、「譲ってあげたい」と、心から思ってくれる方もいます。

 その善意を受けたのであれば、妊婦さん側からはきちんとした「ありがとう」と、謙虚な姿勢をお返しする。このやり取りがうまくいけば、マタニティマークによるトラブルはもっと減るのではないかな?と思うのですが、いかがでしょうか。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM