マタニティマークを付ける時の“3つの心得” 本当の役割とは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-06 06:00
投稿日:2019-04-06 06:00
「おなかに赤ちゃんがいます」の文字と、母子のイラストがあしらわれたマタニティマーク。手にした瞬間、「ママになったんだ!」と、じーんと感じる方も多いでしょう。そんなマタニティマークを利用する時に知っておきたい心得を、今回はお伝えします。

マタニティマークの本当の役割を知っていますか?

マタニティマークの本来の目的は(写真:iStock)
マタニティマークの本来の目的は (写真:iStock)

 そもそも、マタニティマークがどんな目的で作られたのかをチェックしてみましょう。

マタニティマークとは

 マタニティマークは妊婦さんが公共交通機関などを安全に使用できるよう、周囲に「妊娠している」と、知らせるためのもの。万が一、意識を失うようなことがあっても、速やかに妊娠していると伝えられるため、適切な処置を行いやすくなるというメリットもあります。

マタニティマークは妊娠初期にこそ必要

「妊婦さん」というと、お腹が大きく膨らんでいる姿を想像しませんか?でも、実際にお腹が目立つようになるのは、妊娠6〜7ヶ月からが一般的。

 実は、マタニティマークは、一見妊娠が分かりづらい妊娠初期の妊婦さんを対象として作られています。つわりや流産などのトラブルが起こりやすいこの時期こそ、マタニティマークは必要なものなのです。

マタニティマークを付ける時の3つの心得

電車の座席を巡ってのトラブルは多い(写真:iStock)
電車の座席を巡ってのトラブルは多い (写真:iStock)

 マタニティマークの使用を検討しているのであれば、心得ておくべきことをお伝えします。

譲ってくれた方への感謝の気持ちは忘れずに

 妊娠中にはつわりをはじめとした体調不良も起こりやすいため、心身ともに余裕がないかもしれませんね。

 でも、マタニティマークを付けていることで席を譲ってもらったり、重いものを運んでもらったりした時には、最大限の感謝の気持ちを伝えることが大切。代わってもらった瞬間に携帯で話し始めたり、音漏れイヤフォンで音楽を聴くなどのルール違反は論外です。

 せめて譲ってもらった席を離れるまでは静かに過ごすことが、トラブルを避けるポイントにもなると思います。

嫌な気持ちになる方もいることを心に留めておく

「マタニティマークを見ると腹立たしく思う」と言う、知り合いの女性がいます。「後から来ても席を譲ってもらえると思ってるから、目を瞑ってやり過ごす」とも言っていました。理由は聞けませんでしたが、そこには何かしらのきっかけがあったのでしょう。

「妊娠=おめでたい」、それはもちろんなのですが、他人には関係がないこと。上記でお伝えした「正しい認識」の違いはあれども、嫌な気持ちになる方もいるということを、心に留めておきましょう。

使わなくても良い妊娠環境を整える

 マタニティマークを付けることは、もちろん悪いことではありません。ただ、付ける付けないで悩むくらいなら、使わなくても良い環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 例えば、つわりがひどい場合には出勤時間をずらす、休暇を取る、混んでいる急行に乗らない、など、妊娠期間を上手に乗り切る工夫も大切です。お腹の中の赤ちゃんとママの心と体のためにもなるため、ぜひ検討してみましょう。

マタニティマークによるトラブルを減らすには?

「ありがとう」の気持ちを忘れない(写真:iStock)
「ありがとう」の気持ちを忘れない (写真:iStock)

 マタニティマークを見ると「席を譲らなければならない」と強要される感じが、なぜかありますよね。そう、「周囲に妊娠を知らせて、安全に公共交通機関を利用する」という、本来の役割とは違う趣旨で広まっている気がするのです。

 その認識の違いが、マタニティマークを付けていることで暴言を吐かれた、暴力を受けた、そんな悲しいトラブルへと発展した可能性もあるのではないでしょうか。

 でも、その反面、「譲ってあげたい」と、心から思ってくれる方もいます。

 その善意を受けたのであれば、妊婦さん側からはきちんとした「ありがとう」と、謙虚な姿勢をお返しする。このやり取りがうまくいけば、マタニティマークによるトラブルはもっと減るのではないかな?と思うのですが、いかがでしょうか。

ライフスタイル 新着一覧


首をかしげて考え中 “にゃんたま”に学ぶ「あざとカワイイ」
 きょうは、猫の『あざとカワイイ』について考えます。  まず、猫は「うまくいかなかったにゃ」と失敗を誤魔化す時の、...
我流♡サーティワンアイスクリームの楽しみ方 2021.4.22(木)
 こんにちは。サーティワン愛好家のアラサー女子です。家族全員、サーティワンが好きで、物心が付いたときにはサーティワンを食...
せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...