鈴木砂羽さん「私は“過去世”で猫の時代があったかも…」

コクハク編集部
更新日:2022-02-27 06:00
投稿日:2022-02-27 06:00

愛猫のメルシィとハチは姉弟です

メルシィ(右)とハチ(左)/(提供写真)
メルシィ(右)とハチ(左) /(提供写真)

 今、一緒に暮らしているのは8歳のメルシィ(♀)と7歳のハチ(♂)。2匹は足長マンチカンとキジトラのハーフで、姉弟です。モデルの栗原類さんのところに生まれた子猫を譲り受けました。

 栗原家に伺ったとき、真っ先に玄関に飛び出てきた数匹の子猫のうちの1匹がメルシィでした。瞬間、目が合い、それから彼女だけが人見知りせず、なぜか私の膝にずっと座っていました。「この子だ」と思って即決!

栗原家から子猫が生まれたとの連絡が…

 その後、猫シェルターなどを回ってメルシィの友達候補を探したのですが、この子! という出会いがなく、しばらくするとまた栗原家から子猫が生まれたとの連絡をもらったので見にいきました。すると足長の靴下猫がいて、メルシィも靴下猫なので、何となくおんなじような子がいい気がしてハチを選びました。

 2匹とも、私が部屋を移動すると必ず付いてきます。人がいる場所でくつろぐのが好きなようですね。猫同士で姉弟喧嘩をするときも、私のすぐ近くで始めます。ハチの方が体が大きいので優位なように見えますが、負けん気はメルシィの方が上です。私に関係なくプロレスをやって、飛び散った毛を毎度掃除するのは私です。

 寝るときも一緒で、メルシィは、最初は私のベッドの横にある自分のベッドに寝ますが、明け方になると必ず私の脇の下に潜ってきます。

 ハチはずーっと足元にいますよ。たまに私の脚に手をかけて寝ているので、上はメルシィ、下はハチにロックオンされ寝返りも打てず、起きると筋肉痛になっています。

いつもベタベタ、基本ゴロゴロ♡

 猫のいる暮らしは、私にとても合っていますね。家ではいつもベタベタ。よく話しかけています。私は自分も彼らの仲間だと思っているので、家では猫のように暮らしてる。つまり基本ゴロゴロ(笑い)。“過去世”があるとしたら私は絶対、猫の時代があったかも知れません。

 自由で屈託のない彼らといると、自分も飾ることなく一緒にいられます。そして彼らとの愛情の交換に、毎日オキシトシン(愛情ホルモン)があふれ、とても優しい気持ちになります。毎日彼らに「ありがとう」と、感謝の日々。猫は生涯の友達です。

(構成=鈴木美紀)

▽鈴木砂羽(すずき・さわ)
 1994年、映画「愛の新世界」で主演デビュー。ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞などを受賞。以後、ドラマ、映画、舞台をはじめ、バラエティー、マンガの執筆など幅広いジャンルで活躍。コミックエッセー「ボンちゃんがいく☆」発売中。

(日刊ゲンダイ臨時特別号「日刊ニャンダイ」記事を再編集)

※「日刊ニャンダイ」はAmazonでも好評発売中!コチラからご購入いただけます!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...