恋しさ募って…元カノの凄まじい執念を感じる怖いLINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-03 06:00
投稿日:2021-11-03 06:00
 ストーカー問題に悩む人が多い昨今。心が満たされない人が多い時代のせいなのか、たった1人の元カレや元カノに執着してしまい、復讐をしたり、しつこく連絡したりと、怖い思いをしている人が多いようです。今回は、男性側に届いた元カノからの背筋がずっとする怖いLINEを5つ、ご紹介します。

突然の連絡に背筋も凍る……元カノからの怖いLINE5選

1.「今から死ぬから」

 こちらは、本当に怖い元カノからのLINE……。数カ月前に別れた元カノから「今からあなたの見える場所で死ぬ」という内容でした。さすがに心配になり、周囲を探し回ったそうですが、見つからず。

 元カノの友達に連絡をしたところ、その時間、普通にバイトをしていたということが判明。気持ちを引くための脅しだったんだということに、気づいたそうです。

 ただ、今後、何回もこのような連絡が来ないよう、携帯番号を変えて引っ越しまでした彼。今後、事件にだけは発展しないように祈りましょう……。

2.「新しい彼女、あの子やばいよ……」

 こちらの彼氏は、ある日突然3カ月前に別れた元カノからLINEが入ってきたそう。その内容は、先週できたばかりの彼女について。まずは、その情報入手の早さに「ずっと見張っているのでは?」と、怖い思いをしたそうです。

 さらにその内容は、「今の彼女は私の友達と二股をかけている」「私ならそんなことをしないから、ヨリを戻そう」というもの。もちろんこの彼氏は、今の彼女に確認したそうですが、完全否定。結局、その後はLINE拒否して、今の彼女と幸せにお付き合いを続けているそうです。執念ですね……。

3.「具合悪いらしいから看病してあげたら?」

 こちらの男性は、元カノから「今カノと友達になったよ」というLINEが入ってきたそう。しかも、今日デートをキャンセルされたこと、その理由が生理痛で辛いからということまで報告してきて、背筋がぞっとしたそうです。

 なによりも、大好きな今カノと元カノがつながっていることに恐怖を覚えたのだとか。極め付けはLINEの最後に、「私の時は看病してくれなかったけど」という一言。恨みがあって復讐しようとしているのではないか?と不安になり、結局、今カノとも別れてしまったそうです……。

4.「新しいサーフボード今日届くよ」

 こちらも、なかなかの恐怖LINEですね……。ある日突然、元カノから唐突に届いたLINEには、「サーフィン始めたの?」という内容が。元カノには話していなかったのですが、どうやらTwitterをチェックしていたよう……。

 さらに、なぜか引っ越し先の住所を知っていて、サーフボードを買って送ったというのです! 数日後、実際にサーフボードが届いたようなのですが、こちらの男性は怖くなってそのまま処分。再度引っ越しをしたのだとか。明らかなストーカー行為に、怖い思いをしてしまったようです。

5.「今、この彼と付き合ってます」

 こちらのLINEは、恐怖を通り越して、怒りすら覚える内容のLINE。元カノからのLINEには、「今、付き合っている彼は、あんたの職場の上司。成績が悪いあなたに先輩から指導するよう頼んだから」というもの。

 明らかに元彼のプライドをズタズタに引き裂くひどい内容だとわかって、送ってきていますね。しかも、会社の上司とわざわざ接点を持ち、交際にまで発展させるあたりが、さらに恐ろしい……。もしかしたら、元彼が何か悪いことをしたのかもしれませんが、どちらにせよ、執念や恨みを感じてしまいます……。

元カノからのしつこいLINEは男性にとってはとても怖い!

 女性の中には、元カレと復縁したいと考えている人もいるでしょう。でも、今回ご紹介したLINEのように、内容によっては元カレに恐怖心を与えてしまい、復縁の可能性を絶ってしまうことにもなりかねません。

 ぜひ、悪いお手本を参考にしながら、「怖い元カノ」にならないように気をつけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ