恋しさ募って…元カノの凄まじい執念を感じる怖いLINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-03 06:00
投稿日:2021-11-03 06:00
 ストーカー問題に悩む人が多い昨今。心が満たされない人が多い時代のせいなのか、たった1人の元カレや元カノに執着してしまい、復讐をしたり、しつこく連絡したりと、怖い思いをしている人が多いようです。今回は、男性側に届いた元カノからの背筋がずっとする怖いLINEを5つ、ご紹介します。

突然の連絡に背筋も凍る……元カノからの怖いLINE5選

1.「今から死ぬから」

 こちらは、本当に怖い元カノからのLINE……。数カ月前に別れた元カノから「今からあなたの見える場所で死ぬ」という内容でした。さすがに心配になり、周囲を探し回ったそうですが、見つからず。

 元カノの友達に連絡をしたところ、その時間、普通にバイトをしていたということが判明。気持ちを引くための脅しだったんだということに、気づいたそうです。

 ただ、今後、何回もこのような連絡が来ないよう、携帯番号を変えて引っ越しまでした彼。今後、事件にだけは発展しないように祈りましょう……。

2.「新しい彼女、あの子やばいよ……」

 こちらの彼氏は、ある日突然3カ月前に別れた元カノからLINEが入ってきたそう。その内容は、先週できたばかりの彼女について。まずは、その情報入手の早さに「ずっと見張っているのでは?」と、怖い思いをしたそうです。

 さらにその内容は、「今の彼女は私の友達と二股をかけている」「私ならそんなことをしないから、ヨリを戻そう」というもの。もちろんこの彼氏は、今の彼女に確認したそうですが、完全否定。結局、その後はLINE拒否して、今の彼女と幸せにお付き合いを続けているそうです。執念ですね……。

3.「具合悪いらしいから看病してあげたら?」

 こちらの男性は、元カノから「今カノと友達になったよ」というLINEが入ってきたそう。しかも、今日デートをキャンセルされたこと、その理由が生理痛で辛いからということまで報告してきて、背筋がぞっとしたそうです。

 なによりも、大好きな今カノと元カノがつながっていることに恐怖を覚えたのだとか。極め付けはLINEの最後に、「私の時は看病してくれなかったけど」という一言。恨みがあって復讐しようとしているのではないか?と不安になり、結局、今カノとも別れてしまったそうです……。

4.「新しいサーフボード今日届くよ」

 こちらも、なかなかの恐怖LINEですね……。ある日突然、元カノから唐突に届いたLINEには、「サーフィン始めたの?」という内容が。元カノには話していなかったのですが、どうやらTwitterをチェックしていたよう……。

 さらに、なぜか引っ越し先の住所を知っていて、サーフボードを買って送ったというのです! 数日後、実際にサーフボードが届いたようなのですが、こちらの男性は怖くなってそのまま処分。再度引っ越しをしたのだとか。明らかなストーカー行為に、怖い思いをしてしまったようです。

5.「今、この彼と付き合ってます」

 こちらのLINEは、恐怖を通り越して、怒りすら覚える内容のLINE。元カノからのLINEには、「今、付き合っている彼は、あんたの職場の上司。成績が悪いあなたに先輩から指導するよう頼んだから」というもの。

 明らかに元彼のプライドをズタズタに引き裂くひどい内容だとわかって、送ってきていますね。しかも、会社の上司とわざわざ接点を持ち、交際にまで発展させるあたりが、さらに恐ろしい……。もしかしたら、元彼が何か悪いことをしたのかもしれませんが、どちらにせよ、執念や恨みを感じてしまいます……。

元カノからのしつこいLINEは男性にとってはとても怖い!

 女性の中には、元カレと復縁したいと考えている人もいるでしょう。でも、今回ご紹介したLINEのように、内容によっては元カレに恐怖心を与えてしまい、復縁の可能性を絶ってしまうことにもなりかねません。

 ぜひ、悪いお手本を参考にしながら、「怖い元カノ」にならないように気をつけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ