ホストがどっぷり惚れた女性の深イイ話♡“彼の愛”なぜ得た?

内藤みか 作家
更新日:2022-03-10 06:00
投稿日:2022-03-10 06:00
 ホストクラブのホストはイケメンが多く、髪型もファッションも最先端という人イメージです。それに加えて女性客を騙して貢がせるというあまり良くないイメージがありますが、そんなホストが本気で惚れた女性がいます。そのポイントはどこにあったのでしょう。

貢ぐ女性と売り上げの関係

ホストは貢いでもらってナンボ(写真:iStock)
ホストは貢いでもらってナンボ (写真:iStock)

 ホストクラブのホストは、女性客からの売り上げで生活しているので、高いシャンパンやボトルを入れてもらうことを目指しています。だから、高いボトルやシャンパンを入れて応援してくれる女性客はとても大切な存在です。

 女性客も、彼も応援したい一心で限界を超えて働き、そのお金を注ぎ込む人が。休みなく仕事をして、自分が欲しいものも買わずに、彼がナンバーワンになる夢を一緒に目指すのです。そこまでの献身的な行動の裏には、ホストへの恋心もあるかもしれません。これだけ払ったら彼は何をしてくれるだろうというご褒美への期待もあるでしょう。

出会いはマッチングアプリ

マッチングアプリには愛犬との姿が(写真:iStock)
マッチングアプリには愛犬との姿が (写真:iStock)

 一方、今回私が話を聞いたSさんは、新宿・歌舞伎町のホストクラブに一度も足を踏み入れたことがありません。けれど売り上げランキング上位のホストに溺愛され、彼の部屋で同棲しています。彼は毎日真面目に部屋に戻ってくるので、浮気をしているようには思えないということです。

 Sさんがどこでホストの彼と出会ったかというと、それは、マッチングアプリでした。

 マッチングアプリに登録しているホストは大勢いますが、プロフィール画像で店内にいる様子をアップしているなど、ホストだということを隠さず、営業を兼ねている人が多いといえるでしょう。

 しかし彼女が出会ったホストはペットの犬を抱っこしているごく普通のリラックスした姿だったのです。

自分を特別扱いしない人

ついに合鍵を(写真:iStock)
ついに合鍵を (写真:iStock)

 Sさんは最初、彼がホストだとは知らないまま会いました。おしゃれなので、ファッション関係の仕事をしている人だろうと勝手にそう思っていたのです。

 そして会ってから実はホストだと打ち明けられたので、営業だったのかと腹が立ったのだとか。

「私はお店には絶対に行かないよ」とはっきり伝えると、彼は「全然構わないし、店に来て欲しいわけじゃない」と営業を否定し、交際が進むと自分の部屋に招待してくれました。

 そこは女性っ気のない黒を基調としたシンプルな部屋で、何度も遊びに行っているうちに、彼は合鍵まで渡してくれたのです。

お嬢様育ちに憧れる

お嬢様に憧れていた(写真:iStock)
お嬢様に憧れていた (写真:iStock)

 そしてSさんの育ちの良さを知ると、彼の熱はさらに上がりました。名門女子校出身で、趣味がヴァイオリンという彼女のことを、彼はお嬢様だと感じたのです。

 そして「前々からお嬢様と付き合いたいと憧れていたけれど、自分には無理だと思っていた」と。

 最初こそ自分の家の財産を狙っているのかと疑った彼女ですが、何日経っても彼は店に飲みに来てとは言いません。

 それどころか「僕はあなたのご両親に交際を許してもらえるだろうか」と今後を心配しているので、やっと彼は本気なのかもと思うようになったそうです。

Sさんの自己分析 ホストから熱愛された3つのポイントは…

「ありのままの彼を見ていきたい」(写真:iStock)
「ありのままの彼を見ていきたい」 (写真:iStock)

 ホストに熱愛された理由を、Sさんは「まず、アプリでただの男女として普通に出会ったこと、そして彼に遠慮せずに自分の意見を伝えたこと、あとは実際は大金持ちでもお嬢様でもないと思うんですけど、彼が私をお嬢様だと感じたこと」と分析します。

ホストの仕事を認める

 派手な世界にいる彼は毎日精神的に張り詰めているので、リラックスして過ごせるおっとりとした女性を求めていたのだとか。彼がオンとオフを上手に切り替えてSさんに接し、Sさんも「ホストは仕事でしているのだし、私は彼を信じてるので」と言い、仕事を辞めてほしいとは思っていないそうです。

 自分が頑張っている仕事を許してくれる女性だからこそ、彼は溺愛しているのでしょう。

 二人の絆は、お金を積んでも手に入らない貴重な宝物です。だからこそとても大切なものなのだということは、彼にはよくわかっているのでしょう。

 Sさんは「ホストと付き合うことになるとは思ってもいなかったけど、今後もありのままの彼を見ていきたい」と考えていますし、そんなSさんだからこそ溺愛されるのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ