好印象だけど“いい人止まりな女性”の特徴5つ&脱却する方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-16 06:00
投稿日:2022-03-16 06:00
 男性に好印象を与えられる女性は、とても素敵ですよね。でも、「いい人止まり」のままでは、いつまで経っても恋愛に発展できません。そんな状況が続いて、焦りを感じている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、いい人止まりで終わってしまう女性の特徴と抜け出す方法をご紹介します。

「いい人止まり」で終わってしまう女性の5つの特徴

またいい人止まりなのかな…(写真:iStock)
またいい人止まりなのかな… (写真:iStock)

 好きな男性から「◯◯さんって、いい人だよね」なんて言われたら、なんだか複雑な気持ちになってしまうもの。そんないい人止まりな女性たちには、ある共通する特徴があるようなんです。

1. 誘われたら断らない

 いい人止まりの女性は、いつ誘われても断らないという特徴があります。ノリが良く、友達も多いため、男性から誘われても気軽にOKする人も多いでしょう。

 でも、男性はなかなか誘いに乗らない女性にこそ惹かれるもの。「どうやったら誘いに乗ってくれるかな」と考えることで、だんだんと思いも深くなっていくのです。それゆえに、いつ誘っても断らない女性は面白味がなく、いい人止まりで終わってしまいます。

2. 性格がサバサバしている

 いい人止まりで終わってしまう女性は、サバサバした性格の人が多いのも特徴のひとつ。いわゆる「姉御肌」で、男女問わず頼りにされている人も多いのではないでしょうか。

 そんなサバサバした性格は、一見男性から好かれるように思えますが、異性からすると色気を感じられず、恋愛対象から外されてしまうケースも多くあるようです。

3. 隙がない

 美人で仕事もできる完璧な女性は、誰から見ても魅力的に映るでしょう。しかし、こうした完璧で隙がない女性も、いい人止まりで終わってしまいがち。

 なぜなら、そういった女性は男性にとって高嶺の花に感じられ、アプローチさえできない存在だからです。また、「すでに彼氏がいるんだろう」と思われて、距離を置かれてしまう人もいるでしょう。

4. 色気がない

 誰と会う時もすっぴんでおしゃれをせず、乱暴な言葉遣いやガサツな態度が当たり前になっている人もいるのではないでしょうか。

 でも実は、そんな色気のない人も、いい人止まりで終わる女性の特徴。男性からすると男友達といるような感覚になり、恋愛対象としてみてもらえないケースもあります。

5. 誰に対しても愛想がいい

 誰に対しても愛想がいい人も、いい人止まりで終わってしまいます。愛想の良さは決して欠点ではありませんが、場合によっては八方美人だと思われてしまう可能性があるでしょう。

 また、愛想の良さが裏目に出て、好きな彼に特別感を感じさせることができず、気持ちが伝わりにくくなるかもしれません。

いい人止まりを抜け出すには? 3つの方法

メイクを工夫してみるのも手(写真:iStock)
メイクを工夫してみるのも手 (写真:iStock)

 いつも「いい人止まり」で終わってしまう女性は、今の状況を何とかしたいと思っているはず! そんな人は、ぜひこれらの方法で今の状況から抜け出してくださいね。

1. 自分の気持ちに素直になる

 いい人止まりになってしまう女性の多くは、自分の気持ちよりも周りの気持ちを優先して動く傾向にあります。しかしこれでは、いつまで経っても自分の気持ちを相手に伝えることができません。いい人止まりを抜け出すには、まずは自分の気持ちに素直になってみては。

2. 女性らしい部分を見せる

 好きな男性に意識させるためには、見た目や立ち振る舞いの見直しも大切。どんな男性だって、女性らしい女性に惹かれるもの。メイクやファッション、言葉遣いやしぐさなど、女性らしさを意識しましょう。

3. すべての人に好かれようとしない

 いい人止まりで終わってしまう人は、どこかで、「嫌われたくない」という思いが隠れているのではないでしょうか。しかし、好きな人を手に入れるためには、すべての人に好かれる必要はありません。積極的にアプローチをして、恋を手に入れる努力も必要でしょう。

いい人止まりの女性から抜け出して特別な存在を目指そう!

特別な存在になれるかな?(写真:iStock)
特別な存在になれるかな? (写真:iStock)

 誰からも好かれるいい人であることは、決して悪くはありません。しかし、いい人を演じ続けていると、いつまで経っても恋愛対象になれないのも事実。今こそ、いい人から抜け出して彼にとって特別な存在を目指してみませんか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ