新種「プレゼン合コン」で彼氏を作れる? 現場潜入レポート

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-13 06:00
投稿日:2019-04-13 06:00
 春の訪れを感じさせる3月末日、東京・東池袋にて「プレゼン合コン」なる聞き慣れないイベントが開催されました。情報をキャッチした筆者は、“合コン業界に革命を起こすのでは?”との可能性を感じ、さっそく潜入してきました!

プレゼンとは?

プレゼンから恋が始まる?(写真:iStock)
プレゼンから恋が始まる? (写真:iStock)

 プレゼンテーションとは、広辞苑によると<提示。発表。特に、広告会社が広告主に対して行う宣伝計画の提案。プレゼン>の意。

 スクリーンやモニターに発表したい資料を映し出し、自らの意思や企画を説明して伝える――ドラマでよく見るアレです。

 このいかにもビジネスという手法と、恋愛とは果たしてどのようにマッチするのか?

 恋は理屈じゃない!というお言葉もございますが、プレゼンから始まる恋もあるのか?

 そんな思いが交錯する中、プレゼン合コンは始まりました。

プレゼン合コンって何?

相手の印象に残るかは“プレゼン力”次第(写真:iStock)
相手の印象に残るかは“プレゼン力”次第 (写真:iStock)

 プレゼン合コンのイベントの概要は以下のようなもの。

【概要】

 売り込みたい商品があるとき、ビジネスマンは最も効果的に売り込むために、どんな手段を取るでしょうか。

 そう、「プレゼン」です。相手がその商品を買った方が良い理由や、商品の良さ、競合他社との比較などを、熱意たっぷりにアピールするでしょう。

 そして、相手は提示された情報を参考に、質疑応答も交えながら、買うかどうかを決めていきます。とても合理的です。効率がよく、ミスマッチも少ない。

 一方、合コンはどうでしょう?

 やれ、「サラダを取り分ける」「適切にお酒を勧める」とか「上手に相手を褒める」「さりげないボディタッチをする」など、得体の知れない“儀式”に気を取られ、“お互いを知る”という当初の目的からすると、かなり非効率であると言わざるをえません。

 だから、今回は「プレゼン合コン」! 参加者は全員、PowerPointなどのプレゼンテーションソフトで自分をアピールしたり、相手に求める条件をまとめた資料を作ってきて、プレゼンをしてもらいます。

 そして、プレゼン後の自由交流タイムで、気になった相手と話してください。

【ルール】

・男性5名、女性5名のプレゼン合コンとします。

・「合コン」と名がついていますが、どちらかというと「プレゼン」がメインです。お茶くらいは用意しておきますが、お酒などは出ません。(会場もオフィスです)

・参加者は一人5分のプレゼンテーションタイムを与えられます。

・5分間で、お好きにプレゼンしてください。「自分の良さ」「相手に求めるもの」などはもちろん、「異常な趣味」や「取扱注意事項」など、何でも盛り込んでOKです。

・会場にはプロジェクターと、大きなスクリーンがあります。このスクリーンの前で、プレゼン力をいかんなく発揮してください。

・プレゼンテーションタイムが終わったら、自由交流タイムになります。プレゼンを聞いて気になった人と話しましょう。

・気が合ったら各自連絡先などを交換してください。末永いお取引ができるといいですね。

どんな人が参加していたか?

バリバリ働いていそうな人が多い印象(写真:iStock)
バリバリ働いていそうな人が多い印象 (写真:iStock)

 実際に参加していた方ですが、年齢は25〜35才。職業は、

男性:IT企業、学習塾経営、パーソナルトレーナー、学校の先生、etc…
女性:Webマーケティング会社、IT営業、管理栄養士、出版社、etc…

 みなさん、なかなか個性的な面々です。共通してるのは、仕事が好きでデキそうな方が多めの印象。

何これ? 面白い……

 さて、始まったプレゼン合コンですが、結論から言います。

 これ、絶対今すぐ導入した方が良いです。

 とにかく、メチャクチャ面白い。

個性的すぎるプレゼン続出

コールドシャワーについて熱弁中(撮影:しめサバ子)
コールドシャワーについて熱弁中 (撮影:しめサバ子)

 自分のことはほぼ語らず、延々とコールドシャワー(冷水によるシャワー)をPDFの圧倒的ボリュームのテキストで熱く語るメンズがいたかと思えば、

宝塚歌劇を完全再現(撮影:しめサバ子)
宝塚歌劇を完全再現 (撮影:しめサバ子)

 プレゼン中に熱が入り、ボディランゲージが次第に大きくなり、最終的には宝塚を完コピで歌って踊る女性がいたり。

恋にまつわる名言は多いけど…(撮影:しめサバ子)
恋にまつわる名言は多いけど… (撮影:しめサバ子)

 恋は病で不確かなものだから、確かなものは公的に認められた情報しかない、と運転免許証を公開する女性が続き、

その帽子は本物?(撮影:しめサバ子)
その帽子は本物? (撮影:しめサバ子)

 自己紹介のはずが、電車についてしか語らない男性が場を盛り上げます。

抜群のプレゼン能力(撮影:しめサバ子)
抜群のプレゼン能力 (撮影:しめサバ子)

 ガチのプレゼンで「与件整理」から入る見事なビジネスプレゼンを駆使する美女がいれば、

合コンなのに決算説明会風なのが斬新(撮影:しめサバ子)
合コンなのに決算説明会風なのが斬新 (撮影:しめサバ子)

 恋愛と投資の関係が似ているということで、決算説明会風なプレゼンをする起業家も。

検査結果を大胆に開示(撮影:しめサバ子)
検査結果を大胆に開示 (撮影:しめサバ子)

 極めつきは、「男の魅力は男性力=精子の濃さだ」という持論を展開した男性。

 わざわざ6000円を払って精液検査を受けてきて、その圧倒的数値(妊娠に必要な基準値3900万個に対して約6億!)を開示。会場からは拍手がわき起こりました。

 非常にテンポよく、次々にキレの良いプレゼンが繰り広げられていきました。

参加者の声は?

好きなポイントを明確に把握(写真:iStock)
好きなポイントを明確に把握 (写真:iStock)

 さて、肝心なのは「いいと思える相手」が実際にいたかどうか。

 プレゼン終了後、男女それぞれにヒアリングをしてみると、ナントみなさん、

「あの人と話してみたい」

 というお相手が100%の確率でいたようです。

 しかも、なんとなく話してみたいという感じではなく、「この人のこういう部分に興味を持った」とかなり明確に好きなポイントを言葉にできている感じでした。

プレゼン合コンの何がすごい?

プレゼン合コンで素敵な出会いを(写真:iStock)
プレゼン合コンで素敵な出会いを (写真:iStock)

 このプレゼン合コン、何がすごいかというとズバリ、

「相手を興味を持てるレベルまで知る」

 というプロセスがわずか5分でクリアされることなのです。

 通常の合コンは「空気を壊さない」暗黙のルールがあるため、当たり障りのない自己紹介しかせず、相手に興味があるかないかわからないまま、2時間の持ち時間終了パターンが多いと思います。

 しかし、「プレゼン」というフォーマットを導入するだけで、縦横無尽に個性的な自己アピールが連発。

 人を好きになるためには、まずその人の「個性」、すなわちその人じゃないとダメな理由を知る必要があると思いますが、プレゼン合コンはそんな場としてまさにピッタリと言えます。

 今回、プレゼン合コンは記念すべき第1回目ということですが、今後も開催予定はあるようです。

 ご興味ある方は、ぜひ次回参加をしてみて、素晴らしいプレゼンテーションを披露してみてくださいね。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ