40代妻がハマる“セカンドパートナー”の世界 その女性心理は

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-15 06:00
投稿日:2022-04-15 06:00
 お互いに既婚者でありながら、プラトニックな関係を築く「セカンドパートナー」を知っていますか? 体の関係はないため、本人たちは「不倫ではなく、純愛」と思っているようですが、傍から見るとどうしても不倫しているように映ります。あなたは、そんな関係をどう思いますか。
 今回はセカンドパートナーを求める女性の心理と落とし穴をご紹介します。

セカンドパートナーを求める5つの隠れた女性の心理

 セカンドパートナーというと、若い人がしているイメージかもしれません。でも、実際にセカンドパートナーを求めているのは、40代以上の女性が多いんです。そんな女性たちは、どんな心理なのでしょうか。

1. 不倫はしたくないけどトキメキは欲しい

不倫は嫌だけどトキメキが欲しい(写真:iStock)
不倫は嫌だけどトキメキが欲しい (写真:iStock)

 セカンドパートナーを求める女性の多くは、不倫に否定的な考えを持っています。しかし、心のどこかでトキメキを求めている女性が少なくありません。

 特に、結婚後、夫にトキメキを感じなくなった女性は、体の関係がないセカンドパートナーであればOKと考えるのです。

2. 女性としての自信を取り戻したい

女性として見て欲しいのに…(写真:iStock)
女性として見て欲しいのに… (写真:iStock)

 どんなに好きな男性と結婚しても、何十年も一緒にいると女性扱いされなくなる人が多くいるでしょう。

 そんな女性は自信を取り戻したいという思いから、女性として大事にしてくれる男性と接したいと思います。しかし、不倫となると厄介なため、気楽に付き合えるセカンドパートナーを求めるのです。

3. 家族以外に信頼できる存在が欲しい

 何か困ったことがあったら、家族に相談するのが理想的。しかし、中には築き上げた関係性から、相談しにくい人もいるでしょう。

 その結果、家族以外に信頼できる存在を求め、男性の気持ちを理解している既婚者男性をセカンドパートナーに選ぶ人も多くいます。

4. 寂しい気持ちを誰かに埋めて欲しい

 結婚後、毎日忙しく過ごしている人は多いでしょう。傍から見れば、幸せそうに見えますが、実は寂しさを抱えている女性は少なくありません。

 そんな女性はその寂しさを埋めようと、旦那ではなく、セカンドパートナーに求めます。割り切った関係だからこそ、甘えられるのかもしれませんね。

5. 生活に刺激が欲しい

毎日つまらない(写真:iStock)
毎日つまらない (写真:iStock)

 仕事に家事、育児と毎日があっという間に過ぎていく日々を、「同じ毎日の繰り返し」と感じる人もいます。そんな物足りなさから、セカンドパートナーを求める人も多くいます。

 刺激が欲しい、満たされたいという思いから、夫ではない男性と付き合ってみたいと思うのかもしれませんね。

気を付けて! セカンドパートナーの意外な落とし穴

 セカンドパートナーは、「体の関係がない健全な関係」と安心している人もいるでしょう。しかし、気を付けなければ、意外な落とし穴に落ちてしまうかもしれませんよ。

1. どちらかが本気になるかも

本気になってしまうかも…(写真:iStock)
本気になってしまうかも… (写真:iStock)

 セカンドパートナーは、基本的にはお互いに既婚者という立場です。当然、最初は割り切って付き合いをスタートさせるでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くなればなるほど、どちらかが本気になってしまうリスクを忘れてはいけません。その結果、家庭を壊してしまう人もいるのです。

2. プラトニックを突き通せなくなるかも

 セカンドパートナーと不倫の違いは、体の関係があるかないか。セカンドパートナーとして交際をはじめた当初は、プラトニックな関係を貫こうと思っているかもしれません。しかし、関係性が深くなればなるほど、男女の関係に発展する可能性も。プラトニックを突き通せなくなるケースも多いです。

3. 家族に知られ、浮気と判断されるかも

離婚の原因になってもおかしくない(写真:iStock)
離婚の原因になってもおかしくない (写真:iStock)

 本人たちにとっては、セカンドパートナーは浮気ではないという自信があるでしょう。しかし、傍から見ればそれは通らないのが難しいところ。

 身体の関係がなかったとしても、二人きりで何度も会っている事実が知られたら、浮気と判断されて「離婚」なんてことにもなりかねないでしょう。

パートナーがいるのにセカンドパートナーは本当に必要?

日常を愛することが大切なのかも(写真:iStock)
日常を愛することが大切なのかも (写真:iStock)

 結婚後数十年も経てば、お互いに不満やストレスは溜まってくるものです。しかし、それを発散するため、自己満足のためにセカンドパートナーを求めたら、本当のパートナーはどう思うでしょうか。逆の立場になって、本当に必要かどうか今一度考えてみるのも必要かもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ
夫の浮気相手は会社の女?怪しすぎる予兆4つと賢い見破り方
 毎日、家族のために働きに行ってくれていると思っていた夫の様子がおかしいと、「もしかして、会社の女と浮気してる!?」と不...
恋バナ調査隊 2022-09-27 06:00 ラブ
友達の元彼にコクられた!女の友情を壊さず付き合う方法は?
 男性に告白されたら、誰だって嬉しいですよね。でも、相手が仲の良い友達の元彼だったらどうでしょうか? 元彼だと多少なりと...
恋バナ調査隊 2022-09-26 06:00 ラブ
恋愛・結婚で「父親みたいな男性」を選ぶ人は幸せになれる?
 女性は「父親みたいな男性を選ぶ傾向がある」そうです。中には、父親との関係は良くなかったのに、気がついたら父親に似た人と...
恋バナ調査隊 2022-09-26 06:00 ラブ
【やば、好き!】男友達が恋愛対象になった胸キュンLINE3選
 一緒に過ごしていて気楽な男友達だったはずなのに、ほんの小さなきっかけで突然、恋愛対象になることってありますよね。今回は...
恋バナ調査隊 2022-09-25 06:00 ラブ
「慰謝料払って破談に」占いママの鑑定で婚約破棄を決めた男
「冷酷と激情のあいだvol.109〜女性編〜」では、婚活アプリで知り合った男性・ケイイチさん(仮名)から8カ月の交際のの...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
恋人の求婚から2週間!突然の結婚白紙宣言に「え?」の女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
確信!夫婦仲が悪くなるのは「人間の3大欲求」が原因だった
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋人時代はとっても仲良しだったのに、結婚して数年が経つと「関係終わっていまー...
山崎世美子 2022-09-24 06:00 ラブ
「愛しくて切なくて…」って篠原涼子かっ!うざい俺通信LINE
 仲良くもない男友達から、毎日届く俺通信……。あまりにうざいと、「あの日LINEを交換するんじゃなかった」と悔やんでも悔...
恋バナ調査隊 2022-09-24 06:00 ラブ
共働き夫婦の家事分担どうしてる? 円満を保つ「6つのコツ」
 家事って、細かいものを挙げたら本当にキリがないほどたくさんありますよね。最近では共働きの家庭も増えているので、今までの...
恋バナ調査隊 2022-09-23 06:00 ラブ