40代妻がハマる“セカンドパートナー”の世界 その女性心理は

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-15 06:00
投稿日:2022-04-15 06:00
 お互いに既婚者でありながら、プラトニックな関係を築く「セカンドパートナー」を知っていますか? 体の関係はないため、本人たちは「不倫ではなく、純愛」と思っているようですが、傍から見るとどうしても不倫しているように映ります。あなたは、そんな関係をどう思いますか。
 今回はセカンドパートナーを求める女性の心理と落とし穴をご紹介します。

セカンドパートナーを求める5つの隠れた女性の心理

 セカンドパートナーというと、若い人がしているイメージかもしれません。でも、実際にセカンドパートナーを求めているのは、40代以上の女性が多いんです。そんな女性たちは、どんな心理なのでしょうか。

1. 不倫はしたくないけどトキメキは欲しい

不倫は嫌だけどトキメキが欲しい(写真:iStock)
不倫は嫌だけどトキメキが欲しい (写真:iStock)

 セカンドパートナーを求める女性の多くは、不倫に否定的な考えを持っています。しかし、心のどこかでトキメキを求めている女性が少なくありません。

 特に、結婚後、夫にトキメキを感じなくなった女性は、体の関係がないセカンドパートナーであればOKと考えるのです。

2. 女性としての自信を取り戻したい

女性として見て欲しいのに…(写真:iStock)
女性として見て欲しいのに… (写真:iStock)

 どんなに好きな男性と結婚しても、何十年も一緒にいると女性扱いされなくなる人が多くいるでしょう。

 そんな女性は自信を取り戻したいという思いから、女性として大事にしてくれる男性と接したいと思います。しかし、不倫となると厄介なため、気楽に付き合えるセカンドパートナーを求めるのです。

3. 家族以外に信頼できる存在が欲しい

 何か困ったことがあったら、家族に相談するのが理想的。しかし、中には築き上げた関係性から、相談しにくい人もいるでしょう。

 その結果、家族以外に信頼できる存在を求め、男性の気持ちを理解している既婚者男性をセカンドパートナーに選ぶ人も多くいます。

4. 寂しい気持ちを誰かに埋めて欲しい

 結婚後、毎日忙しく過ごしている人は多いでしょう。傍から見れば、幸せそうに見えますが、実は寂しさを抱えている女性は少なくありません。

 そんな女性はその寂しさを埋めようと、旦那ではなく、セカンドパートナーに求めます。割り切った関係だからこそ、甘えられるのかもしれませんね。

5. 生活に刺激が欲しい

毎日つまらない(写真:iStock)
毎日つまらない (写真:iStock)

 仕事に家事、育児と毎日があっという間に過ぎていく日々を、「同じ毎日の繰り返し」と感じる人もいます。そんな物足りなさから、セカンドパートナーを求める人も多くいます。

 刺激が欲しい、満たされたいという思いから、夫ではない男性と付き合ってみたいと思うのかもしれませんね。

気を付けて! セカンドパートナーの意外な落とし穴

 セカンドパートナーは、「体の関係がない健全な関係」と安心している人もいるでしょう。しかし、気を付けなければ、意外な落とし穴に落ちてしまうかもしれませんよ。

1. どちらかが本気になるかも

本気になってしまうかも…(写真:iStock)
本気になってしまうかも… (写真:iStock)

 セカンドパートナーは、基本的にはお互いに既婚者という立場です。当然、最初は割り切って付き合いをスタートさせるでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くなればなるほど、どちらかが本気になってしまうリスクを忘れてはいけません。その結果、家庭を壊してしまう人もいるのです。

2. プラトニックを突き通せなくなるかも

 セカンドパートナーと不倫の違いは、体の関係があるかないか。セカンドパートナーとして交際をはじめた当初は、プラトニックな関係を貫こうと思っているかもしれません。しかし、関係性が深くなればなるほど、男女の関係に発展する可能性も。プラトニックを突き通せなくなるケースも多いです。

3. 家族に知られ、浮気と判断されるかも

離婚の原因になってもおかしくない(写真:iStock)
離婚の原因になってもおかしくない (写真:iStock)

 本人たちにとっては、セカンドパートナーは浮気ではないという自信があるでしょう。しかし、傍から見ればそれは通らないのが難しいところ。

 身体の関係がなかったとしても、二人きりで何度も会っている事実が知られたら、浮気と判断されて「離婚」なんてことにもなりかねないでしょう。

パートナーがいるのにセカンドパートナーは本当に必要?

日常を愛することが大切なのかも(写真:iStock)
日常を愛することが大切なのかも (写真:iStock)

 結婚後数十年も経てば、お互いに不満やストレスは溜まってくるものです。しかし、それを発散するため、自己満足のためにセカンドパートナーを求めたら、本当のパートナーはどう思うでしょうか。逆の立場になって、本当に必要かどうか今一度考えてみるのも必要かもしれませんね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ