男が失いたくない彼女って? 若さより“人生経験”に勝算あり

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-11 06:00
投稿日:2022-04-11 06:00
 アラサー&アラフォーになると「これを最後の恋にしたい」「失いたくないと思われる彼女になりたい」など、切実に思うようになるのが常というものです。
 今回は今の恋を“最後の恋”にするべく、男性が失いたくないと思う彼女の特徴をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

世の男性が「彼女を失いたくない」と思う瞬間はどんな時?

アラサー&アラフォーはチャンスの年代!(写真:iStock)
アラサー&アラフォーはチャンスの年代! (写真:iStock)

 世の男性は、多くの場合、以下のような瞬間に彼女を失いたくないと思うようです。

・彼女を「守りたい」と思った時
・一緒にいて元気になった時
・つらい時を支えてくれた時
・家庭的な一面を見た時

 こうして見ていくと、おもに「守りたい」「支えてくれる」「いい奥さんになりそう」と感じる彼女に対して、男性は「失いたくない」と感じるようですね。

 男性にそのように思わせるなんてハードルが高い気がしますが、実はアラサー&アラフォーは、若い女性に比べるとさまざまな経験を積んでいるため、男心を掴みやすく、チャンスの年代でもあるんですよ。

男性が「失いたくない」と感じる彼女の特徴4つ

 続いては、具体的にどのような特徴を持つ彼女が、彼氏に「失いたくない」と思わせる瞬間を作り出すことができるのか、チェックしていきましょう。

1. ギャップを見せるのが上手

ふと見せる弱さにキュン♡(写真:iStock)
ふと見せる弱さにキュン♡ (写真:iStock)

 モテる女性の多くは、ギャップを見せるのが上手。たとえば、男性が「守るべき存在」に愛を感じるといっても、メンヘラ的な要素がちらついてしまうと結婚したいはなかなか思ってもらえませんよね。

 上手な見せ方は、普段は元気で明るく振る舞いながらも、彼氏の前でだけ“か弱い部分”をチラ見せするなどです。「自分にだけ本音を見せてくれた」「本当は頑張っていたんだ!」というギャップを感じた時に「この子は俺しか守れない!」という本能に火をつけることができるのでしょう。

2. 穏やかでいつも笑顔

 多くの男性に支持されるのが、穏やかでいつも笑顔の彼女です。どんなに疲れていても「彼女といるだけで幸せになる」「元気になれる」と感じることができれば、当然「失いたくない」と思われるはず。

 反対に、ヒステリックで感情の起伏が激しい女性は要注意。1日の中で、少しでも穏やかな笑顔でいられる時間が増えるように意識してみるといいかもしれませんね。

3. さりげない気遣いができる

さりげない優しさに惚れ直すかも(写真:iStock)
さりげない優しさに惚れ直すかも (写真:iStock)

 男性が、特に心から強く「失いたくない」と思うのは、本人がどん底にいる時。モテる女性は、彼のピンチの時にさりげない気遣いをするのがとても上手なのです。

 相手の様子に合わせて、時には何も言わずにそっとそばにいる、時には一人の時間を作ってあげる、時には楽しい場所に連れ出してみるなど、相手の気持ちに立った気遣いをすることができます。

4. 片付け上手・料理上手

家事上手は愛され上手♡(写真:iStock)
家事上手は愛され上手♡ (写真:iStock)

 生活力のある女性も、モテますよね。彼がいつ遊びに来ても部屋が片付いていたり、お腹がすいた時に冷蔵庫にあるものだけでさっとおいしい料理を作れる姿に、男性はグッとくるものです。

 また、子供に優しかったり、お金の管理がしっかりしていたりなど、結婚後の生活をイメージしやすい一面を彼に見せることができれば、より「失いたくない」と思ってもらえるでしょう。

アラサー・アラフォーこそ「失いたくない彼女」になれる!

「失いたくない彼女」を目指そう(写真:iStock)
「失いたくない彼女」を目指そう (写真:iStock)

 4つの特徴を見てきましたが、これらすべてが若い女性には難しいことだと気づいたでしょう。精神的にも自立してくるアラサー・アラフォーこそ、か弱さをギャップとして見せやすいですよね。

 また、穏やかな笑顔も、気遣いや料理、家事の腕も、経験値を重ねるほどに上手になっていくものです。婚活中の女性は、自分の魅力を最大限発揮することで「失いたくない彼女」になれるはずですよ。

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ