いざ離婚!公正証書作成で養育費月6万円、元夫は顔面蒼白に

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-04-12 06:00
投稿日:2022-04-12 06:00
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 子連れ離婚&シングルマザーとなった私を常に苦しめた悩みは「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、ひでまるとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

いざ離婚をすると決めたら絶対にしたほうがいいこと

願いはただひとつ(写真:tumugi)
願いはただひとつ (写真:tumugi)

 前回は子連れ離婚を決意したら真っ先にすることをお届けしましたが、離婚の際に必ず忘れてはいけない手続きがあります。それは「公正証書」を作ることです。

 私は裁判所で行う調停離婚などではなく、協議離婚といって2人で話し合いの末に離婚を決めました。理由は一刻も早くこの生活から逃げ出したかったから。当時住んでいた場所は義実家の近くでした。

 当たり前ですが義母も当時の夫の味方だったため、誰も味方のいない状態での離婚の話し合いは私を追い詰め、精神を蝕んでいくには充分な環境だったのです。

「ここから飛び降りたら楽になれるのかな……?」

ここから飛び降りれば…(写真:iStock)
ここから飛び降りれば… (写真:iStock)

 マンションのベランダに出るたびに、「ここから飛び降りたら楽になれるのかな……?」という考えで頭がいっぱいになりました。そんな私をかろうじて引き留めていたのは子どもたちの存在。この子たちを残して自分だけ居なくなることは絶対にできない……。でも、本当に限界でした。

 協議離婚の場合、口約束や離婚協議書で親権や養育費などの取り決めを行うのですが、それでは仮にパートナーが支払い拒否などをした場合、法的な効力を持ちません。

 当時の夫は突然仕事を辞めて部屋に引きこもり、オンラインゲームばかり。そんな様子から、離婚後の養育費の不払いが不安になってしまいました。「どうにかできないか?」とインターネットで調べ、公正証書の必要性を確信。公正証書を作成することで、「強制執行」の機能を備える執行証書として支払いの安全性を保つことが可能になります。

 これなら離婚後の経済的不安から少しでも解放されるのではないかと思ったのです。

 公正証書は夫婦のみで作る離婚協議書とは違い、公正役場にて公証人が作成するのが基本です。そのため、時間とお金が少しかかります。私の場合は地域の公証役場で約2万5000円でした。公証役場に支払う費用は法律で決まっていますが、個人で弁護士や行政書士を探して依頼することも可能です。

 私自身、離婚を経験した上で公正証書を作って本当に良かったと感じています。

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ