子供の劣等感をなくしたい…年齢より習熟度別保育のススメ

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2019-04-12 06:00
投稿日:2019-04-12 06:00
 こんにちは、チャイルドカウンセラーの小阪有花です。保育園コンサルタントをしている私は、よく園にも足を運ぶのですが、どの保育園もクラスはほとんど年齢ごとに分けられています。
 でも、子供の1日は大人の10年分といわれるほど常に成長をし続けています。そんな子供たちを年齢別にクラス分けしてしまうのは、少々無理があるのでは?と私は思うのです。

子供の目の前でため息を漏らす大人

集団行動ができるようになるタイミングは違う(写真:iStock)
集団行動ができるようになるタイミングは違う (写真:iStock)

 保育園では、朝の会や給食の時間など、みんなが一斉に同じことをする定例行事があります。その際、まだ集まることができず、やりたいことへの欲求をコントロール出来ない子供もいます。

「○○ちゃん今はこっちだからー!」と、あの手この手で引きつけようとする大人たち。

 呼びかけても来ない子供に対し「あの子は月齢が低いからまだ難しいよね」「3月生まれだから仕方ないよね」と理解しながらも、子供の目の前でため息を漏らしてしまう現場をよく見てきました。

 私自身、保育園で1、2、3歳それぞれの担任経験があるので、何度ため息を漏らしてしまったことかと反省しています。

 ただでさえ慌ただしい保育園。子供がみんなの輪から脱走するたび、“勘弁してよ……”と半泣きになり、いつしか声もキツくなってきたりと、振り回されていた経験があります。

 けれども、この年齢別クラス分けやクラスごとの行動こそ、大人都合の考えではないでしょうか。

 集団行動も大切ですが、それができるようになるタイミングは一人一人違います。

「今はこれをする時間だから、○○ちゃんもこうして!」と願い誘導するのは、時と場合によりますが、個を見ていることにはならないのです。

私が習熟度別保育を勧める理由

成長に合わせて次の段階へ(写真:iStock)
成長に合わせて次の段階へ (写真:iStock)

「習熟度別保育」とは、年齢別ではなく子供の成長を見ながら進級のタイミングを決めることです。4月になったら一斉に新しいクラスではなく、子供たち一人一人の“今の姿”を見つめ、次の段階へと進ませるのです。

 例えば、この子はまだ一人遊びに集中したい時期だと判断した場合、集団行動よりも、個の欲求を満たす時間が多いクラスへと移動させます。

 個の欲求が満たされる時間が短いまま強制的に集団行動へと導くと、欲求不満から、輪から外れて走り回ったりすることが多くなってしまいます。

 欧米では当たり前の「飛び級制度」も同じことが言えます。成長に合わせ、この子は次のステップに行きたがっていると判断した場合、上のクラスへの変更も可能にします。

 このように、個の成長のタイミングで進級させることは子供のためにもなりますし、働く大人たちにとっても子供に無理強いしなくて済むので、働きやすい環境へとつながるのです。

結果として成長を早めることにも

ペースに合った進級が成長を早める(写真:iStock)
ペースに合った進級が成長を早める (写真:iStock)

 年齢別に振り分けるより、一人一人の成長に合わせる。その子にとって今何が必要かを考えることは、結果として、その子の成長を早めることにもなるのです。

「○○くんは月齢が低いから……」という発言やため息を、子供たちは何も言わずとも聞いているものです。何げないひと言で“ボクは周りよりもできないのかな?”と子供に劣等感を与えかねません。

 そんなことが起こらないよう、大人たちも習熟度別保育に関心を持っていただけたらと思います。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


首をかしげて考え中 “にゃんたま”に学ぶ「あざとカワイイ」
 きょうは、猫の『あざとカワイイ』について考えます。  まず、猫は「うまくいかなかったにゃ」と失敗を誤魔化す時の、...
我流♡サーティワンアイスクリームの楽しみ方 2021.4.22(木)
 こんにちは。サーティワン愛好家のアラサー女子です。家族全員、サーティワンが好きで、物心が付いたときにはサーティワンを食...
せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...