経験者直伝! 出産が「怖い」を「楽しい」に変える考え方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-05 06:00
投稿日:2019-05-05 06:00
 出産を終えた後、必ずと言って良いほど女友達に聞かれたのが「怖くなかった?」「痛かった?」という言葉でした。出産の「怖さ」に対する思いは人それぞれですが、今回、経産婦でもある筆者が、出産が怖くなくなる考え方を伝授します!

出産が「怖い」を「楽しい」に変える考え方

やっと会えるね(写真:iStock)
やっと会えるね (写真:iStock)

「出産は鼻からスイカを出すほど痛い」という例えがありますが、そもそも、誰も鼻からスイカを出したことはないですし、鼻の穴は子宮口のように伸びません。

 痛みを感じる強さも、出産方法も時間も全然違う。つまり、人の意見なんてアテにならないのです。(この記事含め)……と前置きをした上で、出産が「怖い」を「楽しい」に変える考え方を見ていきましょう!

人生において出産はどのくらいの時間かを考える

 初産婦が出産にかかる時間は、一般的に12〜15時間。もちろん、経産婦か、帝王切開か、など、ケースによっても変わってきます。

 でも、考えてみてください。1年間は365日=8,760時間。もしも人生90年だとしたら、788,400時間分の12〜15時間だということ。これをどう捉えるかは人それぞれですが、実際、とても少なくないですか?

 ちなみに、筆者周りで最も出産に時間がかかった方は3日間=72時間です。これはさすがに多い気がしますが……!でも、どんな出産でも1週間後には全てが終わっているのです。怖がるよりも、来週の今日、赤ちゃんのオムツを替えている自分を想像した方が断然楽しいでしょう。

あの人もこの人も産んだんだから「自分にもできる!」と思う

 世の中には、10代で子どもを産む人も多くいます。学生時代の友人も、自分の母も、隣の家のおばちゃんも、あの女性芸能人も産んでいるのです。要は、あの人もこの人も産んでいるということ。人によっては、その痛みを何回も味わっているのです。

 そう考えると「自分にできるかも!」と、思えませんか?

「男性が出産時の痛みを与えられると死に至る」と言われることもありますが、逆に考えると、「出産」は女性だけに備わった素晴らしい能力だということ。誇りに思いましょう。

「美しく記録に残る」と誓う

 出産時、「痛い!」と叫びまくり、夫に罵詈雑言を食らわせた友人がいます。出産後にビデオに映った自分の姿を見て、誰にも見せられずにお蔵入りさせたのだとか。そんな彼女からもらったアドバイスは、「我を忘れないで!」でした。

 叫んでも痛みは消えないのですから、どうせなら「美しく記録に残る」と誓って、出産に臨みましょう。そんな筆者は彼女のおかげで暴挙に出ることもなく、意外にも自制心を持ったまま出産に挑めました。

(※ちなみに、出産の前には眉ティントを施しました。汗まみれでひどい状態でしたが、眉毛有りで写真に残りました。と、参考までに)

お腹の赤ちゃんと「やっと会える」と思う

 つわり、むくみ、体型の変化など、自分を二の次にしてお腹の中の赤ちゃんを守ってきた数カ月。そんな赤ちゃんと「やっと会える」のが、出産なのです。

 出産直前に「怖い」という気持ちが芽生える方も多いようですが、そんな時こそ、「早く会いたいね」「ちゃんと産むから任せなさい」と、声をかけてあげましょう。あらためて「ママ」として気持ちが奮い立ち、前向きになるのを感じられるはずですよ。

嵐が吹き荒れるほど、いつか良いネタになる

わが子に対面した瞬間に痛みを忘れたなんて人も…(写真:iStock)
わが子に対面した瞬間に痛みを忘れたなんて人も… (写真:iStock)

 そんな筆者にとって出産は、「人生史上最大の痛みって、どんな感じなんだろう?」と、ただただ「興味」が大きく。

 トラブル続きでしたが、「すごい!本当に痛い!」と言うと、「当たり前よ!」なんてベテラン助産師さんに笑われた次第です。そんな痛みは、すでに覚えていませんが。

 妊娠は、出産への「乗りかかった船」。いつかママ友達と、いかに自分の出産が壮絶であったかを語る時間が来るのです。嵐が吹き荒れるほど、いつか良いネタになるんですから!

 出産を楽しむ思考回路を頭の片隅に置きつつ、思い切って航海に踏み出してみてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


40代、人生変えたい!10年後が想像できた気になってませんか
 若い頃は、何をするにも希望や夢を抱いていたものです。が、年齢を重ねるごとに現実を知り 、人生に諦めを感じはじめていつの...
渦中のロイホ「パンケーキ」を“公式推奨”で食べてきた結果は
 ファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」のパンケーキがにわかに注目を集めています。きっかけは人気バラエティー「ジ...
鼻チューまで! 甘えん坊“たまたま”のストレートな愛情表現
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「ナンキンハゼ」知ってる? 白い実×♡の葉で“ずるかわいい”
 本格的な寒さを迎え、楽しいイベントが目白押しで心が躍る気分でございます。加えて、通勤途中、車窓から眺める公園や道路脇に...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【12月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
おばあちゃんになっても恋したい? 2022.11.30(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
値上げの冬に負けない!一人暮らしの「防寒術」侮るべからず
 冬の一人暮らしって、家族と過ごすよりも寒く感じますよね……。とはいえ、値上がりする電気代に困っている人も多いはず。今回...
あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...