「距離を置こう」は別れる前のクッション 冷却期間や対処法

若林杏樹 漫画家
更新日:2022-06-08 06:00
投稿日:2022-06-08 06:00
 大好きな彼氏から、「距離を置こう」と言われたらショックですよね。自分は距離を置きたくないから拒否した方がいいのか、それとも素直に言うことを聞いた方がいいのか……非常に悩むポイントだと思います。
 今回は、恋愛の冷却期間を提示された時の男性心理と、彼女の自分はどう振る舞えばいいのかをお伝えしていきます。
 
 

 

 
 

(漫画:若林杏樹)
(漫画:若林杏樹)

距離を置く理由をまず聞くべし。連絡を取るのは2週間ほど経ってから

 なぜパートナーは、「距離を置こう」とあなたに言ってきたのでしょうか? まずその理由をきちんと彼に聞きましょう。

 理由としては、試験勉強や仕事の大きなプロジェクトなどで集中しなければいけない時か、別れる一歩手前でクッションを挟みたいのか、どちらかのケースが多いです。

 どちらにしても、「集中できないから連絡すらしないで欲しい」や「このまま付き合ってても泥沼化するだけだ」とマイナスに思われているのは確かです。

 彼はかなり不満を持っています。自分が彼を大切にできなかった事実を、反省する時が来たということでしょう。

 ここで、「離れるのなんてぜったい嫌!」などと、あなたの一方的な思いをぶつけると、相手からバッサリ振られる可能性があるので要注意です。

「どうして連絡くれないの?」はNG!

 連絡を取るのは、2週間ほど経ってからがいいと思います。冷却期間をきっちり設けていますし、彼も一時的に不満度が高かった状態から、少し状況が変わっている可能性があります。

 早く元通りの関係に戻りたいと、焦る気持ちもあると思います。「どうして連絡くれないの?」と相手を責めるようなLINEを送ってしまうところをグッと抑えて、「元気? 気が向いたらいつでも連絡してね」と短文を送って反応を待ちましょう。

 あとは基本、連絡をせずに自分磨きが一番いいです。ヘアやネイルなど見た目の研究や、習い事などして魅力的になっておくのがベストな過ごし方です。

 もし、彼氏から連絡が来たら、今も変わらず好きだと言うことを、しっかり伝えましょう。

 距離を置こうと言われた時はすごく不安ですよね。まずはきちんと理由を聞き、理由によっては、相手への思いやりのなさなどを反省しましょう。やり直したいと思っているのであれば、自分磨きしつつ、彼からの連絡を待ちましょう。

登場人物紹介

ダラ先輩、ギャルちゃん、マユゲさん(漫画:若林杏樹)
ダラ先輩、ギャルちゃん、マユゲさん (漫画:若林杏樹)

ダラ先輩
時間の使い方について! 私は、何も予定ない日が本当に大好きなんです……。カレンダーに予定がないと「ラッキー」と思います。みんなはどう?

ギャルちゃん
私は予定がぎっしり入っている方が幸せだったりするー。仕事の予定も、プライベートもたくさん予定つめつめで、生きていたいっ。充実しているーって感じがする。

マユゲさん
私もつい予定入れちゃうな。予定が入っていない日は、一人で出かけたりして、呼ばれたらそこに行くって感じ。基本誘われ待ちって感じ?

若林杏樹
記事一覧
漫画家
初の著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』がベストセラーに。前職は私立大学職員。ニックネームはあんじゅ先生。
漫画ブログX

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ