“家族割”からの独立!離婚届と地獄の名義変更で自由を得た

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-06-23 20:11
投稿日:2022-06-14 06:00
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 子連れ離婚&シングルマザーとなった私を常に苦しめた悩みは「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、ひでまるとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

離婚届を出す隣では婚姻届が受理される世界

離婚前、最後の誕生日パーティーです(写真:tumugi)
離婚前、最後の誕生日パーティーです (写真:tumugi)

 保険外交員として生活基盤をなんとか確立させ、いよいよ離婚届を提出する準備が整いました。

 その頃の私は、子乗せ自転車が横転して右手を骨折する、ヘルペスが発症するなど、本気で厄払いが必要なくらい満身創痍だったため、元夫に車を出してもらい離婚届を提出しに行くことに……。

 久しぶりに会った元夫との会話は子どもの様子や今後の生活についてなどの当たり障りない話ばかりで、今まで一緒に住んでいた3年間を振り返る様子もありません。そのまま、役所特有の長い待ち時間を経て私たちの順番が回ってきました。

 隣の席では、初々しいカップルが今まさに婚姻届を提出しようとしています。

(私もあんなふうに幸せな明るい未来を想像していたはずなのに、今まさに同じ場所で離婚届を提出している)

 その事実に笑いがこみあげてきました。一方で、気持ちは不思議とスッキリとしており、そんな光景を微笑ましい目で見れるくらいには余裕があるようです。

 職員は手慣れた様子で離婚届にサラっと目を通すと、抑揚のない声で「はい、問題ありません。こちらを受理します。お疲れ様でした」と言って席を立ちます。私はあまりにもあっけなく受理されたことに驚き、処理をするために奥へと消えていく職員の背中をしばらく見ていました。

(こんなにあっさり離婚できるんだ……)

 隣で婚姻届を両手に持ちながら笑顔で2ショットを撮る夫婦の様子に、ほんの少しだけ羨ましく思いながら、席を立ち出口へと向かうのでした。

離婚よりも大変だったのが名義変更

離婚届を出して終了ではない!(写真:iStock)
離婚届を出して終了ではない! (写真:iStock)

「結婚するよりも離婚する方が大変だ」という言葉をよく聞きます。実際に自分が経験するまでは離婚届を出せばそれで終了というイメージがありました。

 しかし、現実はドラマや漫画と違って実に事務的です。離婚届に不備があるかをチェックし、受理されたら晴れて離婚は成立しますが、その後もやらなくてはならないことが山のようにあります。

 それをひとつひとつ潰していって、はじめて“バツイチ”という名の自由を手に入れるのです。

 離婚後に手続きしなければならない主な名義変更はこちらです。

【主な名義変更】

子育てしながらの手続きは大変…(写真:iStock)
子育てしながらの手続きは大変… (写真:iStock)

・住民票
・世帯主の変更
・印鑑証明
・国民健康保険
・国民年金
・児童手当
・運転免許証
・マイナンバーカード
・自動車
・パスポート
・銀行口座
・クレジットカード
・不動産
・公共料金
・インターネット
・携帯電話
・任意保険(生命保険、火災保険、自賠責保険など)
・幼稚園や保育園の名義変更
・勤め先への名義変更

 それぞれ必要な手続きをピックアップして、迅速に行動に移しましょう。これは私の経験ですが、一度面倒くさいと思って手を止めてしまうとその後なかなか進まず、多くの時間がかかってしまいます。

 子連れ離婚は、子育てをしながら効率良く手続きを進められるかが勝負です。インターネットで完了できるものは一気に片付ける、店舗に出向いて本人確認が必要な場合は人の少ない時間帯を狙って手続きをするなど、創意工夫を凝らしましょう。

 また、あらかじめ必要な書類をしっかりと準備しておくことも大切です。私は銀行の名義変更時に銀行印を忘れたり、元夫の会社からなかなか資格喪失証明書が送付されず国民保険に入れなかったりと、落ち着くまでに1カ月~2カ月ほど時間がかかりました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ