二人きりの世界に閉じこめる悪魔のテク 美沙さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:08
投稿日:2019-04-21 06:00
 飲み会で帰宅が遅くなっただけで、口をきいてくれなくなった年下の彼氏。目さえ合わせてもらえない日が続いた、7日目の朝でした。

職場の人間関係からの“切り離し”

飲み会での会話を全部書き出せと言われて…(写真:iStock)
飲み会での会話を全部書き出せと言われて… (写真:iStock)

緊張から解放された脳が洗脳に浸食されて…

「これ冷めてるから温めてよ、と私が並べておいたシチューのお皿をキッチンに持ってきたんです。うれしくて……気がついたら、健斗の椅子の足元に正座して、泣きじゃくってました」

 シチューを食べながら健斗が放った言葉は、

「わかった? お前は自分から事態を変えることができないの。何ひとつ変えることができないの」

 許されたことがうれしい、何を言われてもいい――。嗚咽しながらうなずく美沙さんに、

「何でこんな不愉快なことになったか、俺が帰るまでに始末書を書いておいて。原因と対策を入れて」

 そう命令して、健斗はバイトに出て行きました。美沙さんは泣きぬれた顔のまま会社へ行き、上司に隠れて、オフィスのパソコンで“始末書”を書いたのです。

 そんなことをさせられても、美沙さんはうれしさでいっぱいでした。突然、緊張状態から解放された美沙さんの心は、ご褒美でも与えられたようにウキウキしていました。

 人間の脳は、人にほめられたり、目標を達成したりするとドーパミンを大量に放出します。“脳内麻薬”とも呼ばれるドーパミンは脳に快感を起こさせ、依存症を起こさせます。

 このときの美沙さんがまさにその状態。安堵感で無防備になり、健斗からの束縛や命令を吸いこむように受け入れてしまったのです。

外部との遮断、そして睡眠削減のはじまり

 二度と終電まで飲んだりしない、一次会だけで帰る、と美沙さんは書きましたが、始末書を読んだ健斗は露骨に不機嫌になりました。

「お前、いったい何しに会社行ってんの? バカな同僚と飲んで騒ぎたいから行ってるわけ? 飲み会なんて要らないよね?」

 困った美沙さんは思わず言い返しました。

「職場の飲み会ってだいじだよ。お酒の席のほうがスムーズに伝わることもあるし。ちがう部署の人とも理解が深まるし」

「はあ? 程度の低い職場だね。お前、その会社にどんどん汚染されていくわ」

「えっ、ごめん。健斗、怒らないで……」

 健斗の顔色が変わったのに気づき、美沙さんはあわてました。また口をきいてもらえなくなったらどうしよう、とおびえたのです。

「あのさ、理由もわからずあやまるのって俺に失礼じゃない?」

「あ……ごめんなさい、どうしたらいいかわからなくって……」

「飲み会で誰とどんな話したか、全部書けよ」

「ええっ、そんなのおぼえてないよ」

「理解が深まるだいじな話をしたんでしょ? お前、自分で言ったじゃない。だいじな話なら覚えてるはずじゃん?」

 責められて美沙さんはパソコンに向かいましたが、飲み会での会話を順序だてて思い出せるはずはありません。結局、夜明け前にパソコンに突っ伏して寝てしまいました。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ