二人きりの世界に閉じこめる悪魔のテク 美沙さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:08
投稿日:2019-04-21 06:00
 飲み会で帰宅が遅くなっただけで、口をきいてくれなくなった年下の彼氏。目さえ合わせてもらえない日が続いた、7日目の朝でした。

職場の人間関係からの“切り離し”

飲み会での会話を全部書き出せと言われて…(写真:iStock)
飲み会での会話を全部書き出せと言われて… (写真:iStock)

緊張から解放された脳が洗脳に浸食されて…

「これ冷めてるから温めてよ、と私が並べておいたシチューのお皿をキッチンに持ってきたんです。うれしくて……気がついたら、健斗の椅子の足元に正座して、泣きじゃくってました」

 シチューを食べながら健斗が放った言葉は、

「わかった? お前は自分から事態を変えることができないの。何ひとつ変えることができないの」

 許されたことがうれしい、何を言われてもいい――。嗚咽しながらうなずく美沙さんに、

「何でこんな不愉快なことになったか、俺が帰るまでに始末書を書いておいて。原因と対策を入れて」

 そう命令して、健斗はバイトに出て行きました。美沙さんは泣きぬれた顔のまま会社へ行き、上司に隠れて、オフィスのパソコンで“始末書”を書いたのです。

 そんなことをさせられても、美沙さんはうれしさでいっぱいでした。突然、緊張状態から解放された美沙さんの心は、ご褒美でも与えられたようにウキウキしていました。

 人間の脳は、人にほめられたり、目標を達成したりするとドーパミンを大量に放出します。“脳内麻薬”とも呼ばれるドーパミンは脳に快感を起こさせ、依存症を起こさせます。

 このときの美沙さんがまさにその状態。安堵感で無防備になり、健斗からの束縛や命令を吸いこむように受け入れてしまったのです。

外部との遮断、そして睡眠削減のはじまり

 二度と終電まで飲んだりしない、一次会だけで帰る、と美沙さんは書きましたが、始末書を読んだ健斗は露骨に不機嫌になりました。

「お前、いったい何しに会社行ってんの? バカな同僚と飲んで騒ぎたいから行ってるわけ? 飲み会なんて要らないよね?」

 困った美沙さんは思わず言い返しました。

「職場の飲み会ってだいじだよ。お酒の席のほうがスムーズに伝わることもあるし。ちがう部署の人とも理解が深まるし」

「はあ? 程度の低い職場だね。お前、その会社にどんどん汚染されていくわ」

「えっ、ごめん。健斗、怒らないで……」

 健斗の顔色が変わったのに気づき、美沙さんはあわてました。また口をきいてもらえなくなったらどうしよう、とおびえたのです。

「あのさ、理由もわからずあやまるのって俺に失礼じゃない?」

「あ……ごめんなさい、どうしたらいいかわからなくって……」

「飲み会で誰とどんな話したか、全部書けよ」

「ええっ、そんなのおぼえてないよ」

「理解が深まるだいじな話をしたんでしょ? お前、自分で言ったじゃない。だいじな話なら覚えてるはずじゃん?」

 責められて美沙さんはパソコンに向かいましたが、飲み会での会話を順序だてて思い出せるはずはありません。結局、夜明け前にパソコンに突っ伏して寝てしまいました。

神田つばき
記事一覧
作家・コラムニスト
離婚と子宮ガンをきっかけに“目がさめて”、女性に生まれたことの愉しみを探そうと緊縛写真のモデルとライターに。私小説「ゲスママ」、女性の悩みや疑問を解き明かすコラム「性に纏わるあれこれ」
イベント「東京女子エロ画祭」「親であること、毒になること」などの企画も。X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ