夢みたいな新婚生活に落ちた黒い影…志穂さんのケース#1

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:03
投稿日:2019-06-26 06:00
「あれって結婚だったのかなと、今でもよくわかりません。ただ、当時の日常を思い出すとムカムカして、吐いてしまうこともあるんです……」
 同業のフリーライター・志穂さん(30代・仮名)から、「モラハラ男、読んでいます」と連絡があり二人で飲みに行くことに。志穂さんに離婚歴があることは知っていましたが、このとき初めて彼女の結婚時代の話を聞いたのです。

息子以上に嫁が可愛いと言う姑のバックアップでスピード婚

実の母娘のように仲のいい関係だった(写真:iStock)
実の母娘のように仲のいい関係だった (写真:iStock)

郊外の1Rから高級住宅街の3DKへ

 地方出身の志穂さん(当時30歳)は、奨学金を返済しながら政治経済のライターとして活躍していました。ビジネス誌の経営者インタビューに行った志穂さんは、取材相手の勇太さん(当時33歳・仮名)と意気投合し食事に誘われました。

 わずか3ヶ月で二人は婚約し、半年後に挙式。そんなに早く結婚の話が進んだのは、勇太さんの母親が志穂さんを気に入ったからでした。

「都心まで1時間以上もかかるワンルームに住んでいるなんて、志穂さんがかわいそう。早く結婚して二人で住みなさい」

 お義母さんの後押しで、婚約と同時に、世田谷の実家近くの3DKマンションに住むことになったのです。

実の親以上に親身に助けてくれる義母

「お袋は息子じゃなくて、女の子がほしかったんだよな」

「そうよ、男の子には興味ないの。志穂さん、うちはマザコンじゃないから安心してね。娘ができて嬉しくてしかたないわ」

 その言葉どおり、勇太さんの母親は志穂さんを可愛がり、自分の服や化粧品を買うときは必ず志穂さんのものも買ってくれるほど、実の母娘のようでした。

 志穂さんの実家は山陰地方で、両親にはなかなか会えません。

「家事から親戚づきあいまで、何もかも世田谷のお義母さんに教えてもらい、歌舞伎やホテルランチにも連れて行ってもらいました」

 異変が起きたのは結婚式から半年後、志穂さんが最初の里帰りから戻ったときのことでした。

淋しさに耐えてきた姑と夫の間に入って

 実家へのお土産まで持たされての里帰りだったのに、婚家で待っていたのは不機嫌そうなお義母さんの視線でした。

「なんだか、いやねえ。お茶の入れ方や言葉使いまで実家風になっちゃって。あなたの家はここなのよ?」

 お義母さんが何に対して怒っているのかわからず、困った志穂さんは彼に理由を聞きました。

「淋しかっただけじゃない?里帰りはほどほどで切り上げてくれよな。志穂がいないと俺に干渉してきてイヤなんだよ」

 勇太さんのお義父さんは若いころから海外赴任が多く、お義母さんはいつも淋しい思いを強いられていました。愛する夫とお義母さんの関係が楽になるのなら、と志穂さんはますますお義母さんと親しくするように心がけたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


コロナ禍で婚活市場に変化が…地味な女性がモテ始めたワケ
 長引くコロナ禍、男性が恋愛や結婚の相手として選ぶ女性像が大きく変化し続けています。今までのように、美人で社交的な女性が...
内藤みか 2021-04-22 06:00 ラブ
彼と仲良くしたい…カップルが喧嘩を繰り返す原因&改善方法
 お互いに好き同士で付き合っているのに、会うたびに喧嘩ばかりでは疲れてしまいますよね。喧嘩を繰り返すカップルの中には、「...
恋バナ調査隊 2021-04-22 06:48 ラブ
長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ