夢みたいな新婚生活に落ちた黒い影…志穂さんのケース#1

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-01-11 07:03
投稿日:2019-06-26 06:00
「あれって結婚だったのかなと、今でもよくわかりません。ただ、当時の日常を思い出すとムカムカして、吐いてしまうこともあるんです……」
 同業のフリーライター・志穂さん(30代・仮名)から、「モラハラ男、読んでいます」と連絡があり二人で飲みに行くことに。志穂さんに離婚歴があることは知っていましたが、このとき初めて彼女の結婚時代の話を聞いたのです。

息子以上に嫁が可愛いと言う姑のバックアップでスピード婚

実の母娘のように仲のいい関係だった(写真:iStock)
実の母娘のように仲のいい関係だった (写真:iStock)

郊外の1Rから高級住宅街の3DKへ

 地方出身の志穂さん(当時30歳)は、奨学金を返済しながら政治経済のライターとして活躍していました。ビジネス誌の経営者インタビューに行った志穂さんは、取材相手の勇太さん(当時33歳・仮名)と意気投合し食事に誘われました。

 わずか3ヶ月で二人は婚約し、半年後に挙式。そんなに早く結婚の話が進んだのは、勇太さんの母親が志穂さんを気に入ったからでした。

「都心まで1時間以上もかかるワンルームに住んでいるなんて、志穂さんがかわいそう。早く結婚して二人で住みなさい」

 お義母さんの後押しで、婚約と同時に、世田谷の実家近くの3DKマンションに住むことになったのです。

実の親以上に親身に助けてくれる義母

「お袋は息子じゃなくて、女の子がほしかったんだよな」

「そうよ、男の子には興味ないの。志穂さん、うちはマザコンじゃないから安心してね。娘ができて嬉しくてしかたないわ」

 その言葉どおり、勇太さんの母親は志穂さんを可愛がり、自分の服や化粧品を買うときは必ず志穂さんのものも買ってくれるほど、実の母娘のようでした。

 志穂さんの実家は山陰地方で、両親にはなかなか会えません。

「家事から親戚づきあいまで、何もかも世田谷のお義母さんに教えてもらい、歌舞伎やホテルランチにも連れて行ってもらいました」

 異変が起きたのは結婚式から半年後、志穂さんが最初の里帰りから戻ったときのことでした。

淋しさに耐えてきた姑と夫の間に入って

 実家へのお土産まで持たされての里帰りだったのに、婚家で待っていたのは不機嫌そうなお義母さんの視線でした。

「なんだか、いやねえ。お茶の入れ方や言葉使いまで実家風になっちゃって。あなたの家はここなのよ?」

 お義母さんが何に対して怒っているのかわからず、困った志穂さんは彼に理由を聞きました。

「淋しかっただけじゃない?里帰りはほどほどで切り上げてくれよな。志穂がいないと俺に干渉してきてイヤなんだよ」

 勇太さんのお義父さんは若いころから海外赴任が多く、お義母さんはいつも淋しい思いを強いられていました。愛する夫とお義母さんの関係が楽になるのなら、と志穂さんはますますお義母さんと親しくするように心がけたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ