連鎖するモラハラの被害者にならないためのプチ知識 #番外編

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-02-29 06:16
投稿日:2019-08-31 06:00
 恋愛がらみの怖い事件がたびたび報道される今、暴力を振るったりお金を搾取したりする男性には近づかないようにしよう、と女性はみんな警戒していると思います。しかし、美沙さんや志穂さんの話を聞くと、平和な日常が壊されるのはお金や暴力が原因とは限らないことに気づかされます。幸せをもたらすように見せかけて、女性の心と生活に目に見えない深い傷を残すモラハラ男の被害が増えているのです。美沙さんの同棲相手と志穂さんの結婚相手には似かよったところがあるような気がして、二人にもう一度話を聞きました。

他者の気持ちに寄り添えないモラハラ男を作り出したのは

モラハラ男を作り出した原因は…(写真:iStock)
モラハラ男を作り出した原因は… (写真:iStock)

自立を求め苦しむ息子を無理にレールに

 読者の皆さんはすでに気がついているかも知れませんが、どちらの男性も親との関係に引っかかりがありました。モラハラを行う人は、親からモラハラを受けていた例が多いことはよく知られています。美沙さんの同棲相手は大学教授の家に生まれながら、受験に失敗して一年ひきこもった後、居酒屋の店員になりました。本人なりに引きこもりから生活を立て直す努力を始めたのに、両親はそれを認めず、特に母親はこう言ったそうです。

「お父さんはまだ怒っているけど、私は健斗君の味方よ。お母さんのへそくりでアメリカに留学させてあげる。向こうで学位を取って帰ってくれば勝ち組になれるんだから」

 この言葉でわかるのは、母親は息子の気持ちに寄り添うことをせず、ただ自分が良いと思ったレールに何とかして息子をもう一度乗せられないか、それしか心にないということです。チャンスをあげると言いながら、居酒屋を辞めさせて、母親のプライドが満足する生活をさせたいだけなのです。初めての挫折を体験して強くなろうとしていた健斗さんは、母親から逃れたくて美沙さんのもとに転がりこんだ…というのが真相でした。

息子の進学・就職・結婚だけが生きがい

 志穂さんの結婚相手の母親は、息子とも嫁とも問題がないように見えます。しかし、若いころから夫は単身赴任の連続で、母親の関心と愛情は常に息子に集中し、息子の人生を順調に進行させることが生きる目的になってしまいました。「教育熱心で息子の受験を成功させた立派なお母さん」として学校でも塾でも評判でしたが、勇太さんが社会人になるとすることがなくなってしまい、今度は理想的な結婚を計画して、息子をそこにはめ込もうとしたのです。母親の言うままに結婚したものの、不倫を偽装して離婚したのは、勇太さんの無言の反抗だったのでしょう。

ラブ 新着一覧


コロナ禍で婚活市場に変化が…地味な女性がモテ始めたワケ
 長引くコロナ禍、男性が恋愛や結婚の相手として選ぶ女性像が大きく変化し続けています。今までのように、美人で社交的な女性が...
内藤みか 2021-04-22 06:00 ラブ
彼と仲良くしたい…カップルが喧嘩を繰り返す原因&改善方法
 お互いに好き同士で付き合っているのに、会うたびに喧嘩ばかりでは疲れてしまいますよね。喧嘩を繰り返すカップルの中には、「...
恋バナ調査隊 2021-04-22 06:48 ラブ
長く付き合えないナゼ? 男性が一生大事にしたい女子の特徴
 最初はラブラブだったのに、3カ月くらいで付き合いが終わってしまう……なんてことありますよね。あんなにイチャイチャしてい...
若林杏樹 2021-04-21 06:01 ラブ
恋愛にも使える♡ 今すぐ試したいLINEの便利機能5選!
 連絡ツールとしてとても便利なLINEには、恋愛に使える便利な機能がたくさんあることをご存知ですか? 多くのアプリを使い...
恋バナ調査隊 2021-04-21 06:00 ラブ
男性が手に入れたいと思う女性の特徴&本命相手にする行動♡
 男性から「絶対手に入れたい」と思われるような魅力的な女性って、憧れてしまいますよね。そんな女性には、いったいどんな特徴...
恋バナ調査隊 2021-04-20 06:23 ラブ
モテ仕草にドキッ♡ 男性の心を鷲掴みにする4つのテクニック
 モテる女性を観察してみると、女性目線でもドキっとするようなモテ仕草が身についていたりしますよね。逆に、どんなに美人な女...
恋バナ調査隊 2021-04-19 06:30 ラブ
恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-21 05:25 ラブ