一本ずつ断ち切られた“人間関係の枝” 美沙さんのケース#3

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-04-28 18:50
投稿日:2019-04-28 06:00
 職場の人間関係を断ち、自分だけに服従するように仕向けたモラハラ男・健斗。眠る時間を削られて、美沙さんは仕事に対するやる気や理性を奪われていきました。

社会から孤立した分だけ愛される!?

モラハラ男が原因で職場でも孤立し始める(写真:iStock)
モラハラ男が原因で職場でも孤立し始める (写真:iStock)

他人からどう見られるかより男の機嫌を優先

 遅刻が増え、会社で居眠りをし、服装にかまわなくなる……。シャンプーやお化粧をしないで出勤する日もありました。

 美沙さんの職場は、受験関連の書籍を作っている堅い企業です。目に見えて悪くなった美沙さんの勤務態度が問題になり、ある日上司に呼び出されました。

「みんながいろいろ言っているの、知っている? あなたが……夜のバイトをしているんじゃないかって」

 40代の女性上司は言いにくそうにしながら、美沙さんが売春か風俗をしているのではないか、と皆が疑っていると告げました。ひどい噂に美沙さんは傷つきましたが、「ちがいます」としか言えません。

 上司から指摘されなくても、自分がだらしなくなっていることには気づいていました。それでも、そんなことより健斗に機嫌よくいてもらうことのほうが優先だ、と思ってしまうのです。

職場での孤立を知ってよろこんだモラハラ男

 帰宅して健斗に報告すると、驚いたことに健斗は美沙さんを強く抱きしめたのです。

「そんな酷いこと言うなんて! みんな美沙に嫉妬しているんだよ! 美沙が綺麗で、仕事もできて、年下の彼氏がいるのが許せないんだ……かわいそうに!」

 美沙さんは驚き、そして天にも昇る気持ちになりました。毎夜のように反省を求められ、自分に自信を失っていたのに、「健斗は私を認めてくれていたんだ! 健斗は私を愛してくれていたんだ……!」と思ったのです。

 思わず美沙さんも健斗の首に腕を回し、抱きつきました。「セックスするんだと思いました。終電を逃して健斗を怒らせた日から3週間、指一本もふれてくれなかったから」

 しかし、キスしようと唇を寄せた美沙さんの髪をつかみ、健斗は自分の股間に押しつけて仰向けに寝ました。

「早くして。眠いから3分でお願い」

 口でいかせろと指示されて、美沙さんは従いました。この日から、たびたび健斗の性欲を口で処理させられるようになったのです。

親きょうだいには言えない生活の悩み

金銭面でも限界に…(写真:iStock)
金銭面でも限界に… (写真:iStock)

母や妹と同じように女性として充実したい

 美沙さんの生活時間の大半が健斗のために使われていました。

「でも、私はそれを異常なことだとは思っていなかったのです。女性が愛する男性のために尽くすことは、恥ずかしいことではないと思っていました。母も妹も専業主婦で、二人とも幸せな家庭を築いていますから」

 と、のちに美沙さんは振り返っています。女性の幸福は家庭にあるという考え方は、現代の日本でもまだ生きているのです。

 美沙さんのお母さんと妹さんは、美沙さんが彼氏と同棲していると聞いて、よかったわねと祝福してくれたそうです。妹さんは、「自分たち夫婦が実家近くに住んで援助してもらっていたから、姉は窮屈に感じて一人暮らしをはじめたんだと感じていました。だから、姉に結婚できそうな人ができた、応援しようね、と夫と話していたんです」と言い、お母さんは「美沙ちゃんはしっかりしているので、何も心配していませんでした」と語っています。

ひそかに工面し続けていた生活費のやりくり

 しかし、美沙さんは二人には隠していることがありました。健斗が飲食店のバイトしかしていないことと、生活費を分担してくれないことです。美沙さんはめいっぱい残業をして時間外賃金を稼ぎ、何とか二人の生活をやりくりしていました。

 結婚していない、頼れる男性を見つけることができていない―

 そんな自分を親きょうだいに対して恥じる気持ちがありました。母と妹に自分を認めてもらいたい、心配をかけたくない、と悩む美沙さんは家族からも孤立していました。

 やがて、そんな苦労にも限界がやってきます。相変わらず始末書を書かされたり、飲食店のバイトから遅く帰る健斗の性処理をさせられたり、週末にはたまった家事をこなしたり……疲労はピークに達し、預金も底をつきました。

(次回に続きます) 

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM