40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!

内藤みか 作家
更新日:2022-06-30 06:00
投稿日:2022-06-30 06:00
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こちらの女性版として「子ども部屋おばさん」もいます。
 今まで静かに暮らしてきた彼女らがマッチングアプリを始める際、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

「子ども部屋おばさん」の背景

最近、遊べる友達減ったなぁ…(写真:iStock)
最近、遊べる友達減ったなぁ… (写真:iStock)

 筆者の周囲にも、実家の子ども部屋で暮らすアラフォー、アラフィフさんはいます。

「ずっと実家にいるつもりはなかったが、気づくとこの年齢になっていた」という人たちです。彼女らは20代、30代のうちは、たとえ恋人がいなくても週末は友達と遊ぶ予定で埋まることも多く、不安を感じなかったのです。

 けれど40代近くになると、友人の多くが結婚し、一緒に出かけられる人が減っていきます。週末の予定がなかなか埋まらなくなってくるのです。

 コミュニケーションが得意な人は年下の友人と出かけたりとうまくスライドしていくのですが、あまり器用ではないタイプの女性は、ここで初めて不安や寂しさを感じるのかもしれません。

「平和に穏やかに」が望み

子ども部屋おばさん、アプリに目覚める(写真:iStock)
子ども部屋おばさん、アプリに目覚める (写真:iStock)

『43歳、子供部屋おばさんだって愛されたい』(松浦すみえ・原作/丘邑やち代・画)は、知られざるそうした女性たちを赤裸々に描いた電子コミックです。ヒロインは20年間社員食堂でのパートを続けている43歳の陽子。

「平和に生きて穏やかに死ねたら私の人生上々でしょう」という彼女のセリフがまさに実家で長く暮らす女性の気持ちそのものといえるでしょう。あまり波風を立てず、静かにささやかに今日まで過ごしてきたのです。

 そんな彼女にも楽しみができました。それが、マッチングアプリだったのです。

40代でも出会いはある

40代で恋愛デビュー!(写真:iStock)
40代で恋愛デビュー! (写真:iStock)

 最近は出会いの世界でも年齢層が高くなり、アラフォーやアラフィフであっても男性からお誘いが来ることがありますし、場合によってはいきなり体の関係を求められるケースもあります。

 コミックのヒロイン・陽子は、その年齢にして初めてそうした出会いの場を経験し、ハマってしまいました。

 女性としての快感やスリルを味わえるのは、実家で日々を過ごしている彼女にはかなりの刺激なのでしょう。とはいえ、ヒロインはいくつか危ない思いをしてハラハラさせられます。

 彼女の体験から、アプリを利用するときに気をつけたほうがいいことも見えてきました。

ラブ 新着一覧


ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ
初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1
 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。 「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女に...
蒼井凜花 2022-08-05 06:00 ラブ
デート中のスマホは“チラ見”が肝! 彼が萎える彼女の行動6選
「最近彼が冷たくなった」と感じる女性は必見! 今回は男性が「マジで萎えるからやめて」と思う、ガッカリ&冷める彼女の行動を...
恋バナ調査隊 2022-08-05 06:00 ラブ
積極的な男性と消極的な男性 どちらを選んだら幸せになれる?
 大勢の参加男性の中から、たった1人の真実の愛する人を見つける恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ2』が最終回を迎えまし...
内藤みか 2022-08-04 06:00 ラブ
「男に嫌われる男」は恋人候補でもアカン…特徴知ると納得!
 女性からはモテているのに、なぜか同性の友達が少ない男性っていますよね……。でも、好きになった男性に同性の友達がいないと...
恋バナ調査隊 2022-08-04 06:00 ラブ
もう致しません!セフレから本命彼女にじわじわ昇格する方法
「最初は自分も遊びのつもりだったのに……」 「これ以上の関係を、望んじゃダメだとわかっているのに……」  カラダの関...
若林杏樹 2022-08-03 06:00 ラブ
男を虜に、女を敵に!“あざとい女”4大あるある、彼の本音は
 あなたは「あざとい女」と聞いてどのような女性をイメージしますか? あざとい女は男性を虜にしますが、同性からは嫌われる傾...
恋バナ調査隊 2022-08-03 06:00 ラブ