気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)

コクハク編集部
更新日:2022-07-26 06:00
投稿日:2022-07-26 06:00
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのままにしておく「ワイルド派」など……。お手入れするもしないも、人それぞれかと思います。
 ちなみに、私は「つるすべ派」で皮膚科のレーザー脱毛に通っているのですが、完全に毛がない状態になるのはまだまだ先のこと。脱毛が完了するまでのセルフケアをどうしようかと思っていた矢先に見つけた「VIO専用シェーバー」を紹介します。

小回りが利いて持ちやすいデザイン

太めの万年筆くらい。鉛筆持ちもできます(C)コクハク
太めの万年筆くらい。鉛筆持ちもできます (C)コクハク

 私が使っているのはパナソニックの「VIOフェリエ」です。(※オープン価格。数年前に購入したものなので、現行品とは少し仕様が異なります)

 コンパクトなサイズ感で女性の手にも持ちやすく、ヘッド部分が小さいので小回りが利くのが特長。凹凸の多いデリケートゾーンでも、ストレスなくスムーズに動かせます。

 防水仕様なので濡れても大丈夫ですが、説明書には「ドライ剃りがおすすめ」と書いてあるので、シェーバーを使う前にわざわざ石鹸を泡立てておく必要はありません。途中でヘッド(刃)やアタッチメントを付け替える必要があるので、濡れた手でやらなくて済むのは助かる!

「つるすべ」「ナチュラル」どちらも対応

左上から時計回りで、ボリュームダウンコーム、スキンガード、ネット刃、トリマー刃(C)コクハク
左上から時計回りで、ボリュームダウンコーム、スキンガード、ネット刃、トリマー刃 (C)コクハク

 さらに、このシェーバーのいいところは、「つるすべ」にも「ナチュラル」にも対応してくれるところ。ふたつのヘッドと、それに装着するふたつのアタッチメントを組み合わせて使います。

少しだけ整えたい場合

 長さを整えたり、少しだけ量を減らしたい場合は、トリマー刃にボリュームダウンコームを装着して、Vラインをなでるようにカット。自然な感じで量を減らすことができます。肌に直接刃が当たらないのでケガする心配もありません。

つるすべにしたい場合

 つるすべに仕上げたい人は、まずトリマー刃をそのまま肌に当て、長い毛を1.5センチ以下まで短くカットしておきます。その後はネット刃に付け替えて仕上げ剃り。あらかじめ全体的に短くしておくことで、仕上げ剃りがスムーズになります。

 デリケートで肌を傷つけやすいIOラインの脱毛では、肌に刃が直接当たらないよう、トリマー刃にスキンガードを装着。Vラインと同じように短くカットします。その後はネット刃で仕上げ剃りをします。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...