体重12キロ増の“自分サゲ”を定番ネタにしていた私の失言体験

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-08-26 06:00
投稿日:2022-08-26 06:00
 みなさんは友だちと話す時に、自分のことを下げて笑いをとっていませんか?
 私も多分に洩れず、それはもう多用していてある時から少し控えるようになりました。そして、当時の発言をずっと後悔しています。どろんぱでは、モジョ子が接客中ですが……。

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

「自分」より大きな主語を使うな!

 私は数年前に半年間で12キロの増量をしまして、今も体重が戻っていません……。原因は単純。お店でたらふくビールを飲んだ帰り道に、毎日のようにラーメンを食べていたからです!

 その上、汗をかくのが嫌い、料理するのはめんどくさい、いっぱい寝ないと動けない……といった“怠惰の極み”みたいな性格。毎日深夜にラーメンってだけでも危ないのに、これじゃあ太りにいっているようなもんです。

自分サゲが行き着く先は…

 そんな感じでしたから、友達と話す時も「ほんと私ってダメなやつでさーww」と自分をひたすらネタにしていました。しかし、ある時それがいきすぎてしまって、「デブは怠慢な生活が体型に出てるの。ちゃんとしてたら、こんな風にならないもんねー」と発言したのです。

 すると、アパレルブランドで働いている友達がぼそっとつぶやいたのは、「んー……でも病気で太っちゃった人とかもいるからねー」。

 自分が言ってしまった言葉が、人を傷つける瞬間でした。

 そのあと「そうだよね、ごめん。これはあくまで私の話で~」と取り繕ってもあとの祭り。友達は笑っていたけれど、私の胸には今でも後悔が残っています。

 もしもあの時、友達が病気で太っていたとしたら、私は言葉で友達を刺し殺すところだったかもしれません。

 自分をネタにするのが悪いとは思わないですが、その場合は対象を自分より外に広げないことが大事だと思います。

 よくいう主語をデカくしないってやつです。特に体型などのセンシティブな話題の場合は、「主語は自分になっているかどうか」をまめに気にするといいかもしれません。

 私の失敗が反面教師になれば嬉しいです。

登場人物紹介

モジョ子、コミ、ママ(漫画:おくげちゃん)
モジョ子、コミ、ママ (漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。自信のなさゆえに自分サゲをネタにするのが当然になっている。どろんぱでの仕事を通じて少しずつ成長してはいるものの、まだまだ先は遠そう。

コミ:モジョ子の先輩で、良き姉貴分。今でこそ強気なところが目立つが、新人の頃は自信がなく悩む毎日だった。モジョ子を見ていると自分と重なるところがあり、目をかけている。

ママ:どろんぱのママ。厳しくも優しい目で店の女の子を見守る。接客の内容なども実はちゃんと聞いており、適宜褒めたりアドバイスをする。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

ライフスタイル 新着一覧


ルポ:ギャラ飲み額はトップ級の30分1.35万円!看護師の夢と新たな野望
 経営者や著名人、人気のインフルエンサーも利用する「ギャラ飲み」なるサービスって知っていますか? 東京都内のみならず、全...
これが330円? 3COINSジェルネイルの凄さよ!物価高の今にありがたい
 3COINS(スリーコインズ)で「UV LEDネイルライト」が330円で買えると知り、おうちでジェルネイルデビューをし...
甘えっこ“たまたま”の「マズル、シッポ、にゃんたま」3点セット♪
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ハーブ育てるなら一択!虫よけ・若返りにローズマリー、ほっぽらかしで◎
 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋は、神奈川の片田舎にあります。4月とはいえ1日の寒暖差はすさまじく、朝晩はストーブ、日中...
不倫バレ。“妻の奈津と申します”に戦慄→“なに無視してんだよ”で眠れない
 あなたはこれまでに、緊張感がハンパないLINEのやりとりをした経験があるでしょうか?  今回は、不倫相手の妻や先...
「フェロモン診断」調香師が選ぶ GW旅行の疲れを癒すおすすめの香り
 もうすぐゴールデンウィーク、今年は旅行や帰省の予定を立てている人も多いのでは?  飛行機や電車での移動、長時間の...
新学期早々ピンチ! 子供の「学校に行きたくない」の最適解は?
 子供が「学校行きたくない」と言い出したら、親としてはとても不安になりますよね。理由は、いじめや人間関係、勉強の遅れや体...
黄・紫・桜♪
 春の三原色を見つました。
陽だまりでゴロゴロ♡ お日様パワーを吸収する“たまたま”君
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ほっこり癒し漫画/第71回「はふはふぴたっ」
【連載第71回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
美人局の語源に「筒」と「陰茎」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
結婚式前夜、娘の門出を祝う「親として最後の教え」の内容に涙腺崩壊!
 入学や卒業、就職による1人暮らしなど、門出は1つの節目。嬉しい反面、どこか寂しさや不安を感じる瞬間でもありますよね。 ...
占い好きな成功者と占い好きな非成功者の違い…占いライターで一攫千金も
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
豊洲の人生勝ち組妻でも幸せじゃない?彼女が裕福と引き換えに諦めた事
 独身時代は都心に暮らしていたが、結婚を機に武蔵境に暮らし始めた千佳。しかし、郊外のこの地を愛せない。そんな時、中学の同...
「夫の駐在時にね…」なぜあのコが?田舎の同級生“玉の輿婚”に心ざわつく
 独身時代は都心に暮らし、華やかな生活をしていた千佳。しかし、結婚を機に都内から離れ、武蔵境に住み始めた。しかし、妥協し...
メガバン妻が悟ったリーマンの限界値 吉祥寺より2駅下った中古マンション
 武蔵野の自然を携えそびえる瀟洒な白亜の建物は、まるでこの場所がヨーロッパの一都市であるかのような錯覚を与えてくれる。 ...