<袋とじ>浮気しない男を見つけるために必要なひとつのこと

小悪魔ドルチェ寿司 編集者
更新日:2019-07-28 17:49
投稿日:2019-05-03 06:00
 わたしとひろし(非仮名w)の48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものか。ホットなイットボーイというより、じわじわ低温やけどさせる引退系男子。そんな男を好いて惚れ尽くしたわたしの話をしてみたいと思います。今回は浮気され過ぎて胃潰瘍にまでなったわたしが、「浮気しない男」を語ります。

1カ月遅れの夏休みに向かうのは…

彼氏って誰のこと?(写真:iStock)
彼氏って誰のこと? (写真:iStock)

【vol.11】

 さて、前回お伝えした胃潰瘍になるほどのフェーズになる前、蜜月の話に戻ります。

 ひろしと半同棲のような状態が1週間続いた頃、わたしは1カ月遅れの夏休みを取ることになりました。9月の後半、出会ってから2週間目のことでした。ちょうどそのとき、ひろしも海外出張中ということで、ちょうどいいなと、わたしは『彼氏』に会いに行くことにしました。

 出発の前日、仕事が終わると久しぶりに自宅へ帰宅し、ちょっと住まないだけで家ってすさむなぁ、掃除しなくちゃ、パッキングは直前でいいか、クリーニングも取りに行かなきゃ、などと考えながら……って、あ、はい、はい? わあ! なんでいきなり叩くの! 止めて! 顔だけは止めて!

 え? 彼氏の存在を隠してたのか、騙してたのか、もしかして、彼氏=ひろしじゃないのかって?

 そんなわけじゃ……! 遠距離恋愛してるから、登場しなかっただけで! そうなんです(コール&レスポンス)、北アフリカの一国でボランティアとしてもう10年近く働いている彼氏に会いに……! きゃあ! 痛い!

遠距離恋愛を続けるただ唯一の方法

「1%」をつかみたい(写真:iStock)
「1%」をつかみたい (写真:iStock)

 いや、この際(どの際)いわせてもらいますけどもね、好き勝手やっている彼氏に好きなだけ好きなことをさせて【あげて】(このいいかた、好きくないけど)、30歳も過ぎたのに結婚プレッシャーかけないでこっちも好き放題するのって、ヘルシーじゃないですか? 

 毎回毎回プレゼントのたびに指輪を期待して、結果、箱開けたらピアス、とか「待て」なオアズケ状態のメス犬……痛い! ごめん! いい過ぎた! しかもこの超遠距離恋愛の話をすると100人中138人が「絶対に相手も浮気している」っていいますからね(38人は話を聞いた人の周りにいて、話を聞いて集まってきて「そうだそうだ絶対してる」といい始めた人)。

 でもね、それがしてないんですよ。断言できる、100%。

 これが遠距離恋愛を続けさせる、ただ唯一の方法です。盲信じゃないんです。信じるものは救われません! どうして信用できるか、それは全男子の1%の確率で“浮気しない男”というのがいます。それを探すのです! ……って、あ! ちょっと! ちょっと待って! まだ解散しないで! ひとりにしないで! みんな待って!

 彼はカソリックの家庭で育った男性なんです(いまは一切違う)。てか、この人、カソリックの信仰を両親に反して捨てた理由が、高校時代にできた彼女とセックスするためだったという、ジーザス!(なんもいえねぇ)

 令和になったのに平成を引きずっちゃう系。結婚するまで貞節誓う系カソリックの家庭だったのに、彼女とセックスしたいがために信仰を捨てた(時代の流れもあるかも)のですが、三つ子の魂百まで、という、まさしくそれで、他の女と遊びたいという欲、そうしている自分の想像さえつかないんです。

 そもそもイイ女を見ても“イイ女”という視覚認識にならず、ヤリテェという思考回路にならないんです。思考の低次過程のメカニズムに“浮気する”という思考がそもそも組み込まれてないわけです。

 じゃあ浮気されたくなかったらカソリック土台男子じゃないといけないかというと、そういうわけでもないんです。

必要不可欠なのは「モラルとマナー」です

調教したい、調教されたい、調教してください(写真:iStock)
調教したい、調教されたい、調教してください (写真:iStock)

 日本の小学校でも、実は同じような教育が行われています。それが倫理道徳の授業。この授業でこどもたちは徹底的に模範解答を習得して大人になっていくのですが(いいかた!)、集団生活での規範と自律心を育てるためにこれほど役に立つ調教方法が他にあるでしょうか。いや、ない(反語)。

 程度の差や例外こそあれ、日本人が災害時にもきちんと列に並べること、海外のスタジアムで絶賛される選手とサポーターの行儀の良さ、そしていちばん感覚として分かりやすいと思うのですが、わたしたちは飲み終わったペットボトルをポイ捨てしませんよね? 500mlのペットボトルやスタバのカップを飲み終わったからといって捨てない、誰も見ていなくても、むしろ捨てるなんて気持ち悪い感覚の方が先立つのではないでしょうか。

 その感覚と同じ、浮気をするなんて想像もつかないという倫理を持っている人、その人を探すのです。それがどういう人かというと、モラルとマナーに厳しい人です。自分解釈のルールや例外を作っちゃうクリエーターは、自分に甘く一時の感情に流される傾向があります。

 とはいっても、規律や規範を無条件に鵜呑みにするわけでなく、モラルとマナーに照らし合わせて、自分の頭で考え納得して従うという思考プロセスを経ることのできる人。愛する人を悲しませないとか、約束したらちゃんと守るのはルールじゃなくて、モラルとマナーです。約束とか契約がなくても、信頼があるならそれを破ってはダメなんです。それが分かるまで、ジェロントフィリアの愛欲に取り憑かれたわたしはこれから、地獄の道を歩んでいくのです。

 いろんな例外や亜流はあるのですが、それについて話していたらそれだけで100話くらいいっちゃうので、ざっくり雑感を述べてみました。

……。

…………。

夏休みの話は……。

 次回(5/10更新予定)に続きます。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク