シュウマイにビール?いいえ、ロゼワイン♪ 成城石井でGET!

市野瀬瞳 フリーアナウンサー
更新日:2022-10-05 06:00
投稿日:2022-10-05 06:00
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「WSET(level3)」を取得。皆さんにもっと手軽にワインを飲んでいただきたい、ただただその一心で、1000円台で買える“神旨”ワインをガチでご紹介します!

“庶民の味”シュウマイにはロゼワインが合う!

肉シュウマイ? 海老シュウマイ? 選べない(苦笑)/(写真:iStock)
肉シュウマイ? 海老シュウマイ? 選べない(苦笑) /(写真:iStock)

 シュウマイにブーム到来中ってご存知でしたか!? 専門店が次々とオープンしている他、スーパーやコンビニでも、ご家庭で簡単に食べられるクオリティーの高い冷凍シュウマイが多く販売されています。

 そんな巷で大人気の“庶民の味”シュウマイを、ビールや紹興酒ではなく、あえて、ワインとのペアリングで、最大限においしくお洒落に楽しんでいただきたい! 今回は、シュウマイと抜群に合う、買って損はない最高の1本をご紹介します♪

「シュウマイの中身はお肉主体だから赤ワインが一番合うんじゃないの?」

 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが……いいえ~違うんです♪(ドヤ顔!笑)

ピンクワインの愛称でも親しまれている

 絶対に裏切らない組み合わせは「ロゼワイン」!(ちなみにロゼとはフランス語のRoseで直訳すると「バラ色」。英語圏の国ではロゼワインを「ピンクワイン」と呼ぶことが増えています)

 なぜかって? シュウマイって旨味が凝縮した食べ物ですよね。噛むと溢れんばかりの肉汁がジュワ~~~と口中に広がります。そこに赤ワインを合わせてしまうとワインのタンニン(渋み)が主張しすぎて、シュウマイ独特の肉汁の旨味が引き立たないんです。

ロゼワインってなに?

ピンクワイン♡(写真:iStock)
ピンクワイン♡ (写真:iStock)

 赤ワインに合うようなステーキなどの肉肉しさがないシュウマイには、白ワインでも赤ワインでもない“中間的存在”の性質をもつロゼワインがベストな組み合わせなんですね。

 ロゼワインは基本的に、赤ワインの原料である黒ブドウを使って白ワインと似た醸造方法で造ります。その結果、出来上がるワインは両方のイイトコドリ。だから味わいはどことなく白ワインのようだけれど白ワインほどの軽さはなく、でも黒ブドウの果皮からくるスパイシーさは感じられます。

 この程よいスパイシーさがアクセントになってよりシュウマイの旨味が増す上、シュウマイを食べる際につける「カラシ」の上品な辛味ともドンピシャに合うんです!

関連キーワード

フード 新着一覧


「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
「タコとジャガイモのエスカルゴバター」魚介類との相性抜群
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
覚王山フルーツ大福「弁才天」実食レポ! 2022.11.3(木)
 いま流行りのフルーツ大福。大行列で話題の覚王山フルーツ大福「弁才天」に行って参りました。  朝から並ばないと売り切れ...
ブームの「ノンアルワイン」ぶっちゃけ、本当においしいの?
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-02 06:00 フード
餃子の皮で再現! ロシア風餃子をアレンジした「ペリメニ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...