新発売の海老肉焼売とザ★シュウマイどっち 2022.8.16(火)

コクハク編集部
更新日:2022-08-16 06:00
投稿日:2022-08-16 06:00
 餃子好きの皆さん、こんにちは。我われの関心事といえば、8月7日に全国発売となった味の素冷凍食品の「黒豚大餃子」と「海老大餃子」ですが、売ってません、買えません、手に入りません(苦笑)。
 都内の下町在住で近所のスーパー3軒はしごしても、15日現在、ゲットならず……。ナゼだー。

「海老肉焼売」と「ザ★シュウマイ」

冷凍コーナーで並んで売られたら気になります(C)コクハク
冷凍コーナーで並んで売られたら気になります (C)コクハク

「黒豚大餃子」と「海老大餃子」。冷凍コーナーの目立つ位置にずらずら~っと陳列されている様子を想像していた身としては、かなりの精神的ダメージです。3軒はしごして汗だくだくだし……。

 さすがに諦めて帰ろうと思いきや、あれ? 「ザ★シュウマイ」の横に、似た雰囲気なんだけれども見たことのないパッケージが……。「海老肉焼売」、新発売とな。しかも餃子と同日の8月7日から。購入決定~!

 改めまして。焼売好きの皆さん、こんにちは。

 我われの心をざわつかせた「ザ★シュウマイ」が「ザ★チャーハン」に続く「ザ★」シリーズ第2弾として発売されたのは、2016年12月。5年半ほど前のことです。

「ザ★シュウマイ」に心奪われ5年半

 小栗旬さんが街の中華屋で湯気立つアツアツの焼売と白飯を交互に食べ、「これが家で食えたなら、食えたなら……」とおいしそうに頬張るCMを見て興味を持った方、多かったのではないでしょうか。

 そのひとりである筆者は、以来、冷凍焼売は決まって「ザ★シュウマイ」です。その間浮気する気はまったく起こらず、5年半たった今も当時の気持ちは冷めずにアツイまま。衝撃的においしいとゾッコンです。

「海老肉焼売」は「ザ★」シリーズではないものの、同社のパンフレットによれば「ザ★シュウマイ」と並んで紹介され、《“おうち焼売”の最高峰》を目指した商品とあります。

「肉vs海老」勝手に食べ比べ

写真右が「ザ★シュウマイ」。ひと回り大きい感じ(C)コクハク
写真右が「ザ★シュウマイ」。ひと回り大きい感じ (C)コクハク

 肉と海老は焼売の“二大巨頭”。せっかくなので、食べ比べしてみましょう。

 大きさは目測でも分かるぐらい違います。肉焼売(以下・肉)は1個32g(68キロカロリー)なのに対し、海老焼売(以下・海老)は1個27g(39キロカロリー)。

 値段は筆者が購入したスーパーでは、肉がお買い得価格になっていて、1袋348円(税抜き・以下同)。海老は398円でした。いずれも9個入り。冷凍食品としてはややお高めですが、そのぶん期待は高まります。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード
安いお肉が…!「鶏むね肉の酒蒸し」ぱさぱさ回避、しっとりのコツは余熱
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
「ファミマのPB赤」が高級すぎる、ローソンの爆バズりワインより凄い!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-02-28 06:00 フード
うま味爆弾!のりの佃煮バターパスタ。ズボラ飯こそ最強!!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れる、まんぷく連載「およねの爆速!...
およね 2024-02-26 06:00 フード
山形のソウルフード「どんどん焼き」家呑みはせめてお祭り気分で!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
時短&コク増し♡「手羽先のコーラ煮」は忙しい日の救世主
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...