同僚から総ツッコミ!「久しぶりのメイク」で失敗しない鉄則

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-11-02 06:00
投稿日:2022-11-02 06:00
 長引くマスク生活や手のかかる小さな子供の子育てに追われ、メイクをしない生活が続いていた人も多いですよね。もし、久しぶりにメイクをはじめようと思っているなら、3つの注意点をぜひ意識してほしいのです。
 今回は、注意点を知らずに悲惨な体験をしてしまった人のエピソードを踏まえて、久しぶりのメイクの注意点をご紹介します!

注意点を知らず久しぶりのメイクで味わった悲惨なエピソード

 まずは、久しぶりにメイクをしたら悲惨な体験をしてしまった女性たちのエピソードをチェックしていきましょう!

メイク動画を参考にしたら彫刻顔に…

立体感が欲しくって(写真:iStock)
立体感が欲しくって (写真:iStock)

「久しぶりの飲み会で、しっかりYouTubeのメイク動画で研究してからメイクしたら、慣れないシャドウとハイライトのせいで彫刻みたいな顔に……。同僚には『横から見たらのっぺりしていて変だよ』と言われ、ノーメイクが一番だと思った」(40代・食品関係)

 コントゥアリングメイクは、久しぶりのメイクでは難易度が高そうですよね。作られた彫刻顔は、横から見られないように要注意です!

オンライン映えを意識しすぎて酔っ払いに…

やりすぎは禁物(写真:iStock)
やりすぎは禁物 (写真:iStock)

「仕事がオンラインになってノーメイクの日が続いていたある日、顔出しの会議をすることに。ネットで検索したらオンラインでは少し濃いめのチークが映えるとあったので、しっかりチークを塗りました。すると『顔赤いですけど、お酒飲んでないですよね?』と冗談で突っ込まれ、さらに顔が赤面しました……」(40代・事務職)

 ただでさえ赤いほっぺたが恥ずかしさでさらに赤くなってしまったのですね。顔面蒼白になったほうがマシだったかもしれません!

コンシーラーをぼかし忘れて…

手順を忘れがち(写真:iStock)
手順を忘れがち (写真:iStock)

「数年ぶりに友人の結婚式に呼ばれてメイクをすることに。明るい会場だろうと思い、肌の粗をしっかりコンシーラーで隠して行ったのに、ぼかすのを忘れてトイレで気づきました。確かに、花嫁より人に顔を見られるなと思ったんですよねえ」(40代・専業主婦)

 ぼかし忘れは、メイク初心者にありがちな失敗かもしれませんね。でも、花嫁より目立つコンシーラー浮き彫りメイク、ちょっと見てみたいです!

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


ノーパン生活の実態! 解放感と掃除面倒を天秤にかけたら…
 芸能人でも、ノーパン生活を公言している人は多いですよね。気が楽そうな気はしますが、やはり防犯面では心配なことも……。果...
まずは真似っこから! 綺麗な人が実践する8つの“ゼロ円”習慣
 年齢問わず、「綺麗だな」と思う女性に出会うと、「私も、あんなふうになりたいなぁ」と思うもの。けれど、実際に何をすればそ...
白髪が多く老け見え!これ以上増やしたくない【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!アラフォー女性の“残念アイライン”を画像で解説
 毎日のアイライン、どんな感じでメイクしていますか?  年齢を重ねていくと目元にしわが増えたり、たるんできたりもあ...
「食べても太れない」やせ型な人だけが分かる“あるある”7つ
 世の中には、太りやすい体質の人がいる中でいくら食べても太らない「やせ型」の人もいます。でも、さまざまなダイエット方法は...
腹巻きも愛用して♡「40代の温活」取り入れたい食事&グッズ
「冷えは万病のもと」といいますが、実際に体が冷えるといろいろと悪影響が現れます。免疫力も下がるので、風邪をひきやすくなっ...
「よもぎ温座パット」で心も体も温めよ♡ 2022.11.19(土)
 いつの間にやら、11月も半ばを過ぎ秋が深まってきました。冬に近づくにつれ、つらくなってくるのが、手足の冷え。「血、通っ...
古い下着は運気が下がる?「着用期限3年、処分時に感謝」を
 皆さんは、同じ下着を何年くらい使いますか? 半年で替える人もいれば、3年以上使っている人もいますよね。実は、風水では古...
数年後の自分のために…“美容モチベーション”を上げる5カ条
 美容に関して、モチベーションが高い女性は同性から見ても素敵に映りますよね。「私も、あんな女性になりたい」なんて気持ちは...
化粧ノリの悪さは便秘!?お通じ改善に「進化系オートミール」
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代の本音!残念なアラフォーリップメイクを画像で解説
 メイクは、リップの色や種類によってかなり顔の印象を変えてしまうもの。マットやティント、ツヤなど多くの種類があり、それぞ...
育児中の体の不調 のどの違和感と帯状疱疹 2022.11.15(火)
 妊娠と出産。そして、その先に待つ子育て――。ひとりの人間を育てるのはとても尊い行為だと思いますが、同時にハードで孤独な...
まだまだ進化!最新「韓国コスメ」5つの注目ブランドレポ
 まだまだちょっとずつトレンドを変えてブームが続いている韓国コスメ。先だって、注目の韓国コスメ関連のイベントが開催されま...
「ネイルケアはディオール」投資額ウン十倍だけど正解でした
 外出の機会も増えて、セルフネイルを小まめにしています。そんなある日、ネイルオフした爪がガサガサになっていることに気がつ...
不安感いつまで?プレ更年期「ぐるぐる思考」への向き合い方
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
パール系を武器に!40代女性のニットで老け見え原因&回避法
 寒い季節になってくると、温かいニットを着たくなりますよね。でも、なぜか20代ではおしゃれに着こなせていたニットも、40...