グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-09 06:00
投稿日:2021-01-09 06:00
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バストが大きくてぽっちゃりしている女性のことでしょうか? 女性同士でこの言葉を使う機会は少ないため、どういう概念なのか捉えきれないですよね。そこでこの記事では、グラマーという言葉の概念や、男性から見たグラマーの基準についてご紹介していきたいと思います。

「グラマーな女性」ってどんな体型のこと?

日本語の「グラマー」=「ボンキュッボン」(写真:iStock)
日本語の「グラマー」=「ボンキュッボン」 (写真:iStock)

 ざっくり漠然としていて、捉えどころのない「グラマー」という言葉。芸能人でいうと、杉本彩さんや壇蜜さん、叶姉妹のおふたりなど、雑誌のグラビアを飾っているようなセクシーな女性、アニメのキャラクターで言うと、ルパン三世に登場する峰不二子やワンピースのナミのように、ナイスバディな女性をイメージする方が多いでしょう。まずは、そんな「グラマー」の意味や概念をご紹介します。

「グラマー」という和製英語の意味

「グラマー」とは、“女性のからだつきが豊満で魅力的なさま”を表現する形容動詞とのこと。(参考:Goo国語辞書)具体的な基準がある訳ではなく、「かわいい」という言葉のように、主観的な感情で語られる言葉です。

 わかりやすく一般的な俗語に置き換えると、「ボンキュッボン」とイコール。“バストやヒップなど、出ているところはしっかり出ていて、ウエストはくびれている”。そんな凹凸のある体型のことをグラマーと呼びます。

英語の「glamour」との違い

 一方、英語の「glamour」は、“うっとりするような魅力”という意味を持つ名詞です。容姿だけではなく、富・成功・地位などによる生活の華やかさも意味の中に含まれます。日本語のグラマーは和製英語なので、ネイティブな英語とは少し意味が異なるようです。

対義語とされる「スレンダー」とは

 対義語として挙げられる言葉に、「スレンダー」があります。多くの日本人女性が憧れを抱く、細身で凹凸の少ないモデルのようなスリム体型のことです。男性が好みを語る時に、しばしば「スレンダー」と「グラマー」は、対局の存在として位置付けられています。

グラマーな女性は男性にモテる! 女性の感覚との違い

男性が好むのはどのタイプ?(写真:iStock)
男性が好むのはどのタイプ? (写真:iStock)

 世の女性の多くは、凹凸が少なく華奢な「スレンダー」体型の女性に憧れているでしょう。しかし、男性は女性ならではの、膨らみのある大きなバスト、滑らかな曲線で上を向いているお尻など、凹凸のある体つきに魅力を感じる方が多数派です。

 また、ただ痩せているか太っているかという基準ではなく、肌の柔らかさや触り心地など、男性にはない「触ったら気持ちよさそうな肌」にも、魅力を感じるのだとか。

男性が考える「グラマーな女性」の基準とは

 人によって「グラマーな女性」という感覚に多少の違いはありますが、共通しているのは男性の性欲と直結しているということ。ざっくりイメージが沸いたと思うので、具体的な基準の参考となるよう、男性の声をご紹介していきましょう。

Mサイズの服が入る
・バストがDカップ以上ある
・ヒップの形がプルっと上を向いている
・ウエストが健康的に引き締まっている
・BMIがおよそ22〜25くらい
・おへそや二の腕、脚を露出させた服が着られる
・ゴージャスな体つきでビキニも着られる
・やや挑発的な印象を与える肉感
・顔にお肉がついていない
・清潔感を伴う色気がある

 いかがでしょう。「そんな人滅多にいないよ!」と、女性からのお叱りの言葉も飛んできそうですが、その通り。実は、骨格的に日本人女性にグラマー体型の方はそう多くはないと言われています。だからこそ、男性にとっては憧れの的であり、希少な存在として尊ばれるのかもしれません。

結構シビア! ぽっちゃりとグラマーは別物

 世の男性は、「グラマー」と「ぽっちゃり」は別物だと捉えています。ぽっちゃりの女性が、「グラマー」と自称することに違和感を覚える声も少なくありません。

 男性目線のグラマーな女性と言うのは、ただバストやヒップが大きいだけでなく、ウエストがくびれていたり、脚が引き締まっていたり、“凹凸があることが絶対条件”なのです。

なぜNG!? 痩せているのに男性ウケしない体型とは

 女性が男性向けグラビアを見た時に、「この女性、ぽっちゃりじゃない?」という感想を抱く場合がありますが、これこそが、男女の感覚の違いの最たるもの。

 女性から支持を得る、“鍛え上げられた筋肉でカチッとしたボディ”や、“骨がほんのり浮く華奢なボディ”は、男性視点では、“女性らしい柔らかさや凹凸がない少年のようなボディ”のため、魅力を感じにくくなってしまうそう。

 男性に魅力をアピールしたいなら、胸やお尻のお肉をダイエットで落としすぎないことも大切なんですね。

男性の思い描く「グラマーな女性」に近づけばモテる♡

無理のない健康的な体型が一番(写真:iStock)
無理のない健康的な体型が一番 (写真:iStock)

 女性は、体型について痩せているか太っているかと二極思考で考えがちなので、スレンダーではない自分はグラマーなのだろうと思い込んでしまうこともあります。しかし、男性にとっては、ぽっちゃりとグラマーはまったく別物。

 もしも、今のあなたがぽっちゃり体型を活かしてグラマーに近づきたいと考えているのなら、“柔らかくて凹凸のあるメリハリボディ”を目指すといいでしょう。男心に関心を寄せつつ、本当のあなたの魅力が輝く体型を目指して自分磨きをしてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


あざとい女からメイクテクだけ拝借!“全パーツ”勉強になるわ
 みなさんの周りには計算し尽くされたあざとい女性はいませんか? メイクやファッションだけでなく喋り方や振る舞いまで、あざ...
40代女の“低身長”は武器にもなる! 悩み克服コーデ鉄則5カ条
 低身長な40代女性は、「自分に自信が持てない」「似合う服がなかなか見つからない」と悩みを抱えている人が多いようです。で...
「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...