グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-09 06:00
投稿日:2021-01-09 06:00
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バストが大きくてぽっちゃりしている女性のことでしょうか? 女性同士でこの言葉を使う機会は少ないため、どういう概念なのか捉えきれないですよね。そこでこの記事では、グラマーという言葉の概念や、男性から見たグラマーの基準についてご紹介していきたいと思います。

「グラマーな女性」ってどんな体型のこと?

日本語の「グラマー」=「ボンキュッボン」(写真:iStock)
日本語の「グラマー」=「ボンキュッボン」 (写真:iStock)

 ざっくり漠然としていて、捉えどころのない「グラマー」という言葉。芸能人でいうと、杉本彩さんや壇蜜さん、叶姉妹のおふたりなど、雑誌のグラビアを飾っているようなセクシーな女性、アニメのキャラクターで言うと、ルパン三世に登場する峰不二子やワンピースのナミのように、ナイスバディな女性をイメージする方が多いでしょう。まずは、そんな「グラマー」の意味や概念をご紹介します。

「グラマー」という和製英語の意味

「グラマー」とは、“女性のからだつきが豊満で魅力的なさま”を表現する形容動詞とのこと。(参考:Goo国語辞書)具体的な基準がある訳ではなく、「かわいい」という言葉のように、主観的な感情で語られる言葉です。

 わかりやすく一般的な俗語に置き換えると、「ボンキュッボン」とイコール。“バストやヒップなど、出ているところはしっかり出ていて、ウエストはくびれている”。そんな凹凸のある体型のことをグラマーと呼びます。

英語の「glamour」との違い

 一方、英語の「glamour」は、“うっとりするような魅力”という意味を持つ名詞です。容姿だけではなく、富・成功・地位などによる生活の華やかさも意味の中に含まれます。日本語のグラマーは和製英語なので、ネイティブな英語とは少し意味が異なるようです。

対義語とされる「スレンダー」とは

 対義語として挙げられる言葉に、「スレンダー」があります。多くの日本人女性が憧れを抱く、細身で凹凸の少ないモデルのようなスリム体型のことです。男性が好みを語る時に、しばしば「スレンダー」と「グラマー」は、対局の存在として位置付けられています。

グラマーな女性は男性にモテる! 女性の感覚との違い

男性が好むのはどのタイプ?(写真:iStock)
男性が好むのはどのタイプ? (写真:iStock)

 世の女性の多くは、凹凸が少なく華奢な「スレンダー」体型の女性に憧れているでしょう。しかし、男性は女性ならではの、膨らみのある大きなバスト、滑らかな曲線で上を向いているお尻など、凹凸のある体つきに魅力を感じる方が多数派です。

 また、ただ痩せているか太っているかという基準ではなく、肌の柔らかさや触り心地など、男性にはない「触ったら気持ちよさそうな肌」にも、魅力を感じるのだとか。

男性が考える「グラマーな女性」の基準とは

 人によって「グラマーな女性」という感覚に多少の違いはありますが、共通しているのは男性の性欲と直結しているということ。ざっくりイメージが沸いたと思うので、具体的な基準の参考となるよう、男性の声をご紹介していきましょう。

Mサイズの服が入る
・バストがDカップ以上ある
・ヒップの形がプルっと上を向いている
・ウエストが健康的に引き締まっている
・BMIがおよそ22〜25くらい
・おへそや二の腕、脚を露出させた服が着られる
・ゴージャスな体つきでビキニも着られる
・やや挑発的な印象を与える肉感
・顔にお肉がついていない
・清潔感を伴う色気がある

 いかがでしょう。「そんな人滅多にいないよ!」と、女性からのお叱りの言葉も飛んできそうですが、その通り。実は、骨格的に日本人女性にグラマー体型の方はそう多くはないと言われています。だからこそ、男性にとっては憧れの的であり、希少な存在として尊ばれるのかもしれません。

結構シビア! ぽっちゃりとグラマーは別物

 世の男性は、「グラマー」と「ぽっちゃり」は別物だと捉えています。ぽっちゃりの女性が、「グラマー」と自称することに違和感を覚える声も少なくありません。

 男性目線のグラマーな女性と言うのは、ただバストやヒップが大きいだけでなく、ウエストがくびれていたり、脚が引き締まっていたり、“凹凸があることが絶対条件”なのです。

なぜNG!? 痩せているのに男性ウケしない体型とは

 女性が男性向けグラビアを見た時に、「この女性、ぽっちゃりじゃない?」という感想を抱く場合がありますが、これこそが、男女の感覚の違いの最たるもの。

 女性から支持を得る、“鍛え上げられた筋肉でカチッとしたボディ”や、“骨がほんのり浮く華奢なボディ”は、男性視点では、“女性らしい柔らかさや凹凸がない少年のようなボディ”のため、魅力を感じにくくなってしまうそう。

 男性に魅力をアピールしたいなら、胸やお尻のお肉をダイエットで落としすぎないことも大切なんですね。

男性の思い描く「グラマーな女性」に近づけばモテる♡

無理のない健康的な体型が一番(写真:iStock)
無理のない健康的な体型が一番 (写真:iStock)

 女性は、体型について痩せているか太っているかと二極思考で考えがちなので、スレンダーではない自分はグラマーなのだろうと思い込んでしまうこともあります。しかし、男性にとっては、ぽっちゃりとグラマーはまったく別物。

 もしも、今のあなたがぽっちゃり体型を活かしてグラマーに近づきたいと考えているのなら、“柔らかくて凹凸のあるメリハリボディ”を目指すといいでしょう。男心に関心を寄せつつ、本当のあなたの魅力が輝く体型を目指して自分磨きをしてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理休暇は女性の権利!「ずるい」と思われない賢い伝え方
 生理で著しく就業が困難な女性に認められる「生理休暇」ですが、実際に活用している人は少ないようです。というのも、まだまだ...
「限定コフレ」にご用心!悲しすぎる失敗から学ぶ賢い買い方
 クリスマスやバレンタインなど、イベントごとが近づくと発売されるコフレ。イベントで高揚した気分も相まって、「さまざまなア...
ハンドクリームはシーン別に揃えよう 冬乗り切る3アイテム
 乾燥する冬は手肌のかさつきが気になります。手洗いや水仕事後の、小まめなハンドケアが必要ですよね。ハンドクリームをシーン...
どこでしくじった? 30代からどんどん綺麗になる人の秘密4つ
 20代の女性はどんな女性でも若さに溢れて美しいですが、30代を過ぎた頃から見た目に大きな差が開いてきますよね。30代を...
あーイライラ!“鉄板”漢方でプレ更年期と戦う【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代メイクフェチがお伝えしたい! 劇的に垢抜ける「ハイライト」術
 アラフォー女性のみなさん! ツヤ肌に見せたいからといって、顔中あちこちにハイライトをのせてギラギラにしてしまっては、せ...
「漢方の基本」プレ更年期世代の素朴な疑問10【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
amazonで常に上位!男を惑わす「フェロモン香水」試したら
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
単品より定食!? ダイエット中なのに外食が多い人のメニュー選び
「外食=太りやすい」というイメージが強いため、ダイエット中はできるだけ避けたいと思う人も多いはず。でも仕事が忙しいと、つ...
“ヘアアレ”下手回避!意外と知らない「スタイリング剤」の種類&選び方
 女性にとって、ヘアスタイルは重要なポイント! 毎朝、鏡に向かって髪の毛と格闘している人も多いのではないでしょうか。理想...
マスクを外したくないけどー!素顔バレの葛藤を乗り越える法
 コロナ禍でマスクが欠かせない生活が3年も続いています。最初は息苦しさを感じていたものの、いざマスクを外すとなると、マス...
黒ゴム注意報発令!「老けて見えない」まとめ髪で脱おばさん
 まとめ髪をした自分が鏡に映って、「なんか老けた?」と悲しくなったことはありませんか? 若い頃は、何も考えずにささっとま...
プチプラでアイメイク格上げ!一周回ってキャンメイク&セザンヌが良き♡
 私はいまだにマスクをつけて外出する機会が多く、そんな時はアイメイクしかしていません。そしてマスク姿だと、何だか街中全員...
糖化はお疲れ女性の敵!若さを保つ食事法5選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「ノーズシャドウ」アラフォーの“ケバ・ダサ”残念テクを解説
 眉から鼻にかけてノーズシャドウを入れることで、簡単に彫りが深いハーフのような目鼻立ちの顔に見せられるため、最近では数年...
アンミカ歯磨き粉「ミカホワイト」でホンマに歯は白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...