【ドンキ】エモい「情熱価格」激旨1位は… 2022.10.20(木)

コクハク編集部
更新日:2022-10-20 06:00
投稿日:2022-10-20 06:00
 みなさん、ドン・キホーテは好きですか? 筆者は大好きです。右を向いても左を向いても物価高なこのご時世、「驚安の殿堂」っていうのがもう素晴らしいじゃないですか。そんな庶民の味方、ドン・キホーテが手がけるPBブランド「情熱価格」から、ドンキ通い歴ウン十年の筆者がリピートする“オススメTOP3”をご紹介します。

情熱価格とは

好きです、ドン・キホーテ(C)日刊ゲンダイ
好きです、ドン・キホーテ (C)日刊ゲンダイ

 2009年10月に誕生したこちらの「情熱価格」。ブランドメッセージは「お客さまの声をカタチに」だそうですよ。食品から家庭雑貨美容グッズなど、多種多様なのが嬉しいですね。

 さらに2021年2月には、ブランドをリニューアル。「PB=自社の所有物としてのプライベートブランド」から「PB=お客さまと一緒に創り上げるピープルブランド」へ生まれ変わったとのこと。お客様ファーストがすぎるだろ!

 しかも、消費者からの「商品へのダメ出し」投稿もHPで公開しているんです。人に寄りそう優しさと、自分を高める強さを併せ持つドン・キホーテ、好き……。

【1位】しいたけスナック

しいたけスナック(税抜598円)(C)コクハク
しいたけスナック(税抜598円) (C)コクハク

 こちら筆者の一押しです! もう大好きすぎて。数えきれないほどリピしています。

(C)コクハク
(C)コクハク

 開けてみるとこんな感じ。小さいしいたけたちがこんにちは。コンソメっぽい香りの奥から、ふんわりとしいたけの風味が漂ってきます。

 食感はポリポリと軽く、いくらでも食べられちゃう感じ。無限しいたけループにようこそ。

 さらにこちら、“干ししいたけ”としても使えますよー。おやつにおつまみに、さらにはおかずにも。汎用性高すぎ!

ライフスタイル 新着一覧


誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連...
外で心が乱されても居場所があれば大丈夫 2022.11.20(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
残業して当然なの? 子なし女性がイラッとした非常識LINE3選
 アラサー・アラフォー世代には、子持ち女性と子なし女性が混在しますよね。だからこそ、自分と環境が異なる女性へLINEする...
2022-11-19 06:00 ライフスタイル
“業界用語”炸裂トークにイラッ!「皆が知ってる」前提は危険
 みなさんは友達が同じ職種の方って、どのくらいいますか?  私はほとんどが自分とは違う業種で働いている人ばかりです。そ...