花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-11-23 06:00
投稿日:2022-11-23 06:00

2022年もラストスパート

 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。

「お正月のお飾りの材料! もういい加減揃えなきゃ無くなっちゃうよ!!」とスタッフさんや市場のお兄様たちに叱られ続けていますが、「もう少し2022年、続けてくれないか」と可能な限り現実逃避をしているワタクシでございます。

今回は年末のお悔やみマナーの解説でございます(C)コクハク
今回は年末のお悔やみマナーの解説でございます (C)コクハク

 そういえば、コロナ禍になって年賀状という素敵な日本文化が見直されているというニュースを目にしましたが、11月に入るとボチボチ届き始める「喪中ハガキ」、お宅にも届いていませんか?

 コロナ禍ではあるものの、徐々に社会生活が戻ってきたため、喪中ハガキに対する反応・方式も、以前のものを選択なさる方が少しずつ増えてきました。

 今回は花屋目線で「アナタならどうする? 喪中ハガキのお返しマナー」を解説します。

オススメのお悔やみマナー

直接のご挨拶が叶わない場合も(写真:iStock)
直接のご挨拶が叶わない場合も (写真:iStock)

「喪中ハガキ」や「喪中メール」を読んでそのままにはできない、近しい人や友人の家族などが亡くなっていた! というケースは多いですよね。

 大事な方への“お悔やみの証し”をしたいとお考えのアナタ。基本的には弔問にてご挨拶をするのが習わしではありますが、ご葬儀やお葬式自体が縮小傾向にあり、それは引き続き、ナチュラルスタンダード方式になる予感がしております。

 そもそも家族葬にてお見送りされたご遺族には、コロナ禍の時勢に加え、近しい親族だけで静かに見送りたいなどさまざまな都合や事情がございます。

 弔問にてお悔やみを希望される場合は、まずは弔問が可能かどうかの確認をご遺族になさった方がベター。そうして伺った際も、長居せずに極力早めに失礼するのもマナーですね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 11月21日~27日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ステージ衣装用の真っ赤なランジェリーで“魔法”にかかった
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連...
外で心が乱されても居場所があれば大丈夫 2022.11.20(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
残業して当然なの? 子なし女性がイラッとした非常識LINE3選
 アラサー・アラフォー世代には、子持ち女性と子なし女性が混在しますよね。だからこそ、自分と環境が異なる女性へLINEする...
2022-11-19 06:00 ライフスタイル
“業界用語”炸裂トークにイラッ!「皆が知ってる」前提は危険
 みなさんは友達が同じ職種の方って、どのくらいいますか?  私はほとんどが自分とは違う業種で働いている人ばかりです。そ...
キスだけにしておけばいいのに…欲ばり“たまたま”の失恋物語
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...