ユニクロの服を着て次々と男をゲットした伝説のオンナの話

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-05-20 19:25
投稿日:2019-05-20 19:00
 今回は、ユニクロの服を着て次々と男をゲットした伝説のオンナの実話です。主役は、私が約8年前に知り合って、今は新宿ゴールデン街で月イチ飲む仲の豊子さん(仮名/34歳)。正直なところ彼女は世間一般的に美人とはいえません。それなのに、どうして男にモテるんでしょう?

自分で認めるほど美人な顔じゃない

モテ要素満載のカラダ(写真:iStock)
モテ要素満載のカラダ (写真:iStock)

 彼女の顔立ちは、世間的には美人とは言えず、ごく普通のご尊顔。でもバストはFカップでクビレもあるし、お尻もファビュラスな流線型。まあ、体形はモテ要素満載です。

 でもやっぱり、彼女は自分が美人ではないというコンプレックスを持っていて、口癖は「わたし美人じゃないから……」でした。よくいる美人なのに、「美人じゃない」とか「それほどでもない」と言ってる性悪女とは違い、彼女自身が自分で認めるほど美人な顔ではないのです。

「性格が良ければ…」は詭弁か嘘

 男性はよく「性格が良ければ顔は関係ない」と言いますが、そんなことを真に受ける女性の恋愛はアウトだと私は思います。もちろん、この多様性の時代、顔で人を評価する流れを批判する声が上がっていますが、アイドルやモデルという仕事が成り立っている以上、そんなのはだいたいが詭弁だし嘘なのです。もちろんそういう人がいることは認めますが、きれいごとであるケースがほとんど。

豊かなバストを薄いシャツで徹底的に強調

薄手のシャツで色香UP(写真:iStock)
薄手のシャツで色香UP (写真:iStock)

 話を戻しますが、そんな彼女がユニクロの服を着て数多くの男をゲットした方法が凄いのです。

 ユニクロで売られている薄手のシャツを知っていますか?エアリズムやドライEXなどの通気性が良くて薄い生地のシャツです。彼女はそれを着て、相席居酒屋のような出会いのある飲食店に行き、次々と男性をゲットしていました。

 それも、ただ着ていくだけじゃないんです。あえてワンサイズ下のシャツを着るのです。MサイズならSサイズということになります。すると、ただでさえはち切れんばかりのバストが、より強調されるわけです。さらに生地が薄いため、肌のスルッとした質感も目視で確認可能。男性は大喜びです。

バストを振動させるモテ小技も

 彼女に聞いたら「エアリズムは生地がフィットしすぎるし、薄すぎるから上級者向け。真似するなら注意してね」と言っていました。彼女はブラ線が見えるとダサいらしく、ヌーブラやニップレスなどを使用するそうです。複数のブランドを試してベストな乳首隠しをするんだとか。

 ボディーラインが強調されるシャツやニットを着て色香を放ち、男性を虜にする女性はいると思いますが、ユニクロのそういうシャツは薄い生地だから、ますます色香が増幅されるみたいです。

 そんな色香ムンムンの状態の彼女。いろいろと計算もしていて、座るときは一気に腰をおろしてバストの弾みを増やすのだそう。モテる小技もあるらしく、「親指でバストの横をかく仕草をすると、プルプル振動して男の視線が胸に行く」と笑っていました。

魅力を増幅させて男性たちを魅了しよう

 彼女は自分の顔に自信はなかったけど、自分のバストの魅力を増幅させる技を使って、男たちをモノにしてきました。そう、彼女は自分が美人ではないことを認めたからこそ、男をゲットする方法を発見したわけです。

 彼女の方法を参考に、とまでは言いませんが、皆さんもどこか自分に自信のある部分があるなら、その魅力を増幅させて男性たちを魅了してみてはいかがでしょうか。え? 女は顔でもスタイルでもなく性格? あなたがそう思うならそうなのでしょう。あなたの中では。

 この多様性の時代、あらゆる思考と価値観で人は生きています。誰のどこがコンプレックスであり、そして魅力となるかわかりません。「顔に自信がない女」「男に媚びる女」を否定しないでください。

 私は、自分が美人ではないと自覚し自分の魅力を最大限に生かして男たちをゲットしている彼女に敬意を表します。ちなみに、彼女はゲットした後、その男性たちとまったく長続きしません。性格の問題かもしれませんね(笑)。

エビオス嬢
記事一覧
恋愛マネジメント
恋愛マネジメントの第一人者であり、多数の女性たちに希望と絶望を与えている。複数の女性向けサイトに匿名でアドバイザーとして参加。毎年、大晦日にはイイ男子に出会えない女子を集めて“メンヘラ餅”を作って食べる会を主催。好きな食べ物はオムライス。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク