ユニクロの服を着て次々と男をゲットした伝説のオンナの話

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-05-20 19:25
投稿日:2019-05-20 19:00
 今回は、ユニクロの服を着て次々と男をゲットした伝説のオンナの実話です。主役は、私が約8年前に知り合って、今は新宿ゴールデン街で月イチ飲む仲の豊子さん(仮名/34歳)。正直なところ彼女は世間一般的に美人とはいえません。それなのに、どうして男にモテるんでしょう?

自分で認めるほど美人な顔じゃない

モテ要素満載のカラダ(写真:iStock)
モテ要素満載のカラダ (写真:iStock)

 彼女の顔立ちは、世間的には美人とは言えず、ごく普通のご尊顔。でもバストはFカップでクビレもあるし、お尻もファビュラスな流線型。まあ、体形はモテ要素満載です。

 でもやっぱり、彼女は自分が美人ではないというコンプレックスを持っていて、口癖は「わたし美人じゃないから……」でした。よくいる美人なのに、「美人じゃない」とか「それほどでもない」と言ってる性悪女とは違い、彼女自身が自分で認めるほど美人な顔ではないのです。

「性格が良ければ…」は詭弁か嘘

 男性はよく「性格が良ければ顔は関係ない」と言いますが、そんなことを真に受ける女性の恋愛はアウトだと私は思います。もちろん、この多様性の時代、顔で人を評価する流れを批判する声が上がっていますが、アイドルやモデルという仕事が成り立っている以上、そんなのはだいたいが詭弁だし嘘なのです。もちろんそういう人がいることは認めますが、きれいごとであるケースがほとんど。

豊かなバストを薄いシャツで徹底的に強調

薄手のシャツで色香UP(写真:iStock)
薄手のシャツで色香UP (写真:iStock)

 話を戻しますが、そんな彼女がユニクロの服を着て数多くの男をゲットした方法が凄いのです。

 ユニクロで売られている薄手のシャツを知っていますか?エアリズムやドライEXなどの通気性が良くて薄い生地のシャツです。彼女はそれを着て、相席居酒屋のような出会いのある飲食店に行き、次々と男性をゲットしていました。

 それも、ただ着ていくだけじゃないんです。あえてワンサイズ下のシャツを着るのです。MサイズならSサイズということになります。すると、ただでさえはち切れんばかりのバストが、より強調されるわけです。さらに生地が薄いため、肌のスルッとした質感も目視で確認可能。男性は大喜びです。

バストを振動させるモテ小技も

 彼女に聞いたら「エアリズムは生地がフィットしすぎるし、薄すぎるから上級者向け。真似するなら注意してね」と言っていました。彼女はブラ線が見えるとダサいらしく、ヌーブラやニップレスなどを使用するそうです。複数のブランドを試してベストな乳首隠しをするんだとか。

 ボディーラインが強調されるシャツやニットを着て色香を放ち、男性を虜にする女性はいると思いますが、ユニクロのそういうシャツは薄い生地だから、ますます色香が増幅されるみたいです。

 そんな色香ムンムンの状態の彼女。いろいろと計算もしていて、座るときは一気に腰をおろしてバストの弾みを増やすのだそう。モテる小技もあるらしく、「親指でバストの横をかく仕草をすると、プルプル振動して男の視線が胸に行く」と笑っていました。

魅力を増幅させて男性たちを魅了しよう

 彼女は自分の顔に自信はなかったけど、自分のバストの魅力を増幅させる技を使って、男たちをモノにしてきました。そう、彼女は自分が美人ではないことを認めたからこそ、男をゲットする方法を発見したわけです。

 彼女の方法を参考に、とまでは言いませんが、皆さんもどこか自分に自信のある部分があるなら、その魅力を増幅させて男性たちを魅了してみてはいかがでしょうか。え? 女は顔でもスタイルでもなく性格? あなたがそう思うならそうなのでしょう。あなたの中では。

 この多様性の時代、あらゆる思考と価値観で人は生きています。誰のどこがコンプレックスであり、そして魅力となるかわかりません。「顔に自信がない女」「男に媚びる女」を否定しないでください。

 私は、自分が美人ではないと自覚し自分の魅力を最大限に生かして男たちをゲットしている彼女に敬意を表します。ちなみに、彼女はゲットした後、その男性たちとまったく長続きしません。性格の問題かもしれませんね(笑)。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM