胸を小さく見せる3つの方法!コンプレックスは人それぞれ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-02 06:00
投稿日:2019-05-02 06:00
 今も昔も、胸が小さいと悩む女性がクローズアップされがちですが、実は大きな胸に悩んでいる女性も少なくありません。コンプレックスは人それぞれですが、盛るのは簡単でも、減らすのが難しいのが「胸」。そこで、胸を小さく見せる3つの方法をご紹介します。

大きな胸を持つ女性がコンプレックスを感じるわけ

大きな胸にもお悩みが…(写真:iStock)
大きな胸にもお悩みが… (写真:iStock)

 数年前、大手下着メーカーのワコールで「小さく見せるブラ」が開発されたのは記憶に新しいですよね。貧乳の女性からしたら「贅沢な悩み!」なんて思われそうなこの案件ですが、大胸の女性には大胸なりの悩みがあるのです。

大きな胸に感じるデメリット

 大きな胸の女性が感じているデメリット、まずは見てみましょう。

・太って見える
・洋服が綺麗に着こなせない
・シャツのボタンとボタンの隙間からアンダーが見える
・ブラジャーの種類が少ない、値段が高い
・垂れるリスクが大きい
・男性の目線が気になる

 あるデータによると、大きな胸の方の約6割もの女性が「胸を小さく見せたい」と答えたのだとか。大きな胸が目立たないようにダボダボの洋服を着てみたり、猫背になってしまう、という意見もありました。実に由々しき問題なのです。

大きな胸を小さく見せる3つの方法!

トップス選びの注意点は(写真:iStock)
トップス選びの注意点は (写真:iStock)

 実は筆者も、発育盛んな中高生時代、胸が大きいことで悩んでいた1人です。コンプレックスが高じて、サラシを巻いたこともありました。(というより、全体的にコロコロと肉付いていたのが1番の原因なのですが……)

 ありとあらゆる方法を試してきましたが、その中でも絶対に効果アリの3つの方法をご紹介します。

1. ブラジャーは「盛らない・揺れない」を意識して選ぶ

 押さえておきたいのが、ブラジャー選びです。一般的に、大きな胸の女性はフルカップのブラを選ぶと良いと言われますが、正直言って見た目的に可愛くないです。しかも、たいして小さく見えません。そうかといって、デザイン豊富な1/2・3/4カップは、基本的に「盛るブラ」ですので、もちろんNG。

 そんなブラジャー選びは「盛らない・揺れない」を意識しましょう。例えば、24時間着けられるナイトブラ、スポーツブラは、サポート力もありつつバストを適度に潰してくれます。スポーティーなデザインのものだと、「見せブラ」としてもOKですね。

 ちなみに、上記でご紹介したワコールの「小さく見せるブラ」も試してみましたが、バストトップのお肉を周りに逃す設計&薄手の素材ですので、確かに小さく見えました。他のメーカーでも展開されているので、一度どんなものかチェックしてみると良いと思います。

2. トップスで着痩せ効果を狙う

 トップスに何を着るかは、かなり重要です。おすすめは、着痩せ効果がある黒や紺などの濃い色のトップス。暗い印象に見えるのが難点ですが、スカートやパンツを明るい色や柄物にすることで調整できます。

 逆に暖色系やパステルカラーの膨張色は、より胸が大きく見えてしまうのでNG。どうしても着たいのであれば、目を惹く大きな柄入りのデザインを選ぶと良いですね。

 また、谷間が目立たないようにと首元が詰まった洋服もおすすめできません。首から胸までのシルエットが膨らんで、さらに巨乳に見えてしまいます。首回りはすっきりと。どうしても胸が気になるなら、存在感のあるネックレスなどの小物を利用するのが◎。

3. ノーブラにニプレス

 胸が大きいと、ワンピースを着た時に前の生地だけが上がってしまうんですよね。これをなんとかしたくて辿り着いた苦肉の策が、ノーブラにニプレスでした。

 ニプレスとは、バストトップに貼る絆創膏のようなもの。ちなみに、予備がなくて普通の絆創膏を十字に貼ったこともあるのですが、かぶれてしまったことがあります。肌に優しい、専用のものにしておきましょう。

 この方法は、本当に一瞬で胸を小さく見せることができます。もちろん、ノーブラだとバレるようなぴったりした洋服はNGですよ。ふんわりしたトップス、ワンピースの時に、ぜひ試してみてください。

 ただし、いつもノーブラでいるとクーパー靭帯を傷つけ、将来垂れやすくなるため、ここぞという時だけにしましょう。

胸を小さくする究極の方法は「授乳」だったり

究極のサイズダウン法は“授乳”?(写真:iStock)
究極のサイズダウン法は“授乳”? (写真:iStock)

 大きな胸に悩んだ中高生時代を思い出して、熱く語ってしまいました。

 さて、そんな現在はというと、授乳によって胸が2カップマイナス。「ちょうど良い」というか、正直、もう少し欲しいと思っております。まさしく、ないものねだりですね。

 でも、胸のせいで無駄に色っぽく見えた洋服も今では気軽に着られるようになって、ストレスは激減。なにより、痩せて見えますし。とはいえ、別のところにお肉が付きがちな今日この頃。お腹を小さく見せる方法について、今度は書くとします。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


FILM
「小さい頃にやっておけばよかった……今からやるには遅すぎるし、お金もすごくかかるんでしょ?」  こんな風に思って諦めて...
七海 2019-12-12 06:00 ビューティー
FILM
 ハロウィンの熱も年々下がりつつあるせいか、今年はクリスマスの盛り上がりが長く続いているような気がしますね。  街に流...
FILM
 ダイエット大敵……それは砂糖。砂糖は「マイルドドラッグ」ともよばれ、その中毒性は麻薬やアルコール並みとも言われています...
七海 2019-12-10 06:00 ビューティー
FILM
 顔の毛穴に悩む女性は多いでしょう。特に、角栓が目立ちやすい「いちご鼻」はメイクでも隠しにくく、至近距離で誰かと話す時な...
FILM
 冬はストールを巻いたり、タートルニットを着たりと、首元がつまった服を着る機会が増えます。そんなシーンでのヘアがダウンス...
FILM
 10年ほど前に大流行して以来、幅広い世代に使用され、バリエーション豊かに販売されるようになった「つけまつげ」。昔はして...
FILM
 洗顔は当たり前に毎日すると思います。歯を磨いたり髪をとかしたりするのと同じで、何げない日常の一部になっていますよね。で...
FILM
 女性誌で話題の「ビューティークレンジングバーム」ってご存知ですか?メイク落ちの良さはもちろん、毛穴悩みまで改善させてく...
FILM
「童顔って言われることが多かったのに、気がついたら年相応に見られることが多くなった」 「ガーリーなものが大好きだったけ...
七海 2019-12-04 06:00 ビューティー
FILM
 例年、冬の乾燥警報は12月から増えていきます。たかが乾燥、されど乾燥。加齢とともに敏感になる女性の肌には、乾燥は大敵で...
FILM
 100円均一で買えるなんて信じられないくらい、アイテムがオシャレなダイソーコスメ「URGLAM」。ちょうど購入予定だっ...
FILM
 ツンとしたおすまし顔をしていても、まるでニコッと微笑んでいるように見せてくれるのが涙袋メイク。  けれど、白いアイシ...
FILM
 寒くなり、朝夕は息が白くなる季節になりました。防寒対策としても、お洒落としても、ブーツを導入し始めている人は多いのでは...
七海 2019-11-30 06:00 ビューティー
FILM
 脇だけ脱毛を済ませたのですが、お手入れが劇的に楽になったので、他の部位も医療脱毛をしようか迷い中。でも医療脱毛ってどん...
FILM
 モデルやレースクイーンの経験を持ち、40歳で“奇跡のグラドル”として活動したり2019年はラスベガスで開催された「Mr...
FILM
 彼が女性らしさを感じる大切なパーツに、“胸”は欠かせません。「胸に自信を持ちたい!」「美バストになって、彼に喜んでもら...