胸を小さく見せる3つの方法!コンプレックスは人それぞれ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-02 06:00
投稿日:2019-05-02 06:00
 今も昔も、胸が小さいと悩む女性がクローズアップされがちですが、実は大きな胸に悩んでいる女性も少なくありません。コンプレックスは人それぞれですが、盛るのは簡単でも、減らすのが難しいのが「胸」。そこで、胸を小さく見せる3つの方法をご紹介します。

大きな胸を持つ女性がコンプレックスを感じるわけ

大きな胸にもお悩みが…(写真:iStock)
大きな胸にもお悩みが… (写真:iStock)

 数年前、大手下着メーカーのワコールで「小さく見せるブラ」が開発されたのは記憶に新しいですよね。貧乳の女性からしたら「贅沢な悩み!」なんて思われそうなこの案件ですが、大胸の女性には大胸なりの悩みがあるのです。

大きな胸に感じるデメリット

 大きな胸の女性が感じているデメリット、まずは見てみましょう。

・太って見える
・洋服が綺麗に着こなせない
・シャツのボタンとボタンの隙間からアンダーが見える
・ブラジャーの種類が少ない、値段が高い
・垂れるリスクが大きい
・男性の目線が気になる

 あるデータによると、大きな胸の方の約6割もの女性が「胸を小さく見せたい」と答えたのだとか。大きな胸が目立たないようにダボダボの洋服を着てみたり、猫背になってしまう、という意見もありました。実に由々しき問題なのです。

大きな胸を小さく見せる3つの方法!

トップス選びの注意点は(写真:iStock)
トップス選びの注意点は (写真:iStock)

 実は筆者も、発育盛んな中高生時代、胸が大きいことで悩んでいた1人です。コンプレックスが高じて、サラシを巻いたこともありました。(というより、全体的にコロコロと肉付いていたのが1番の原因なのですが……)

 ありとあらゆる方法を試してきましたが、その中でも絶対に効果アリの3つの方法をご紹介します。

1. ブラジャーは「盛らない・揺れない」を意識して選ぶ

 押さえておきたいのが、ブラジャー選びです。一般的に、大きな胸の女性はフルカップのブラを選ぶと良いと言われますが、正直言って見た目的に可愛くないです。しかも、たいして小さく見えません。そうかといって、デザイン豊富な1/2・3/4カップは、基本的に「盛るブラ」ですので、もちろんNG。

 そんなブラジャー選びは「盛らない・揺れない」を意識しましょう。例えば、24時間着けられるナイトブラ、スポーツブラは、サポート力もありつつバストを適度に潰してくれます。スポーティーなデザインのものだと、「見せブラ」としてもOKですね。

 ちなみに、上記でご紹介したワコールの「小さく見せるブラ」も試してみましたが、バストトップのお肉を周りに逃す設計&薄手の素材ですので、確かに小さく見えました。他のメーカーでも展開されているので、一度どんなものかチェックしてみると良いと思います。

2. トップスで着痩せ効果を狙う

 トップスに何を着るかは、かなり重要です。おすすめは、着痩せ効果がある黒や紺などの濃い色のトップス。暗い印象に見えるのが難点ですが、スカートやパンツを明るい色や柄物にすることで調整できます。

 逆に暖色系やパステルカラーの膨張色は、より胸が大きく見えてしまうのでNG。どうしても着たいのであれば、目を惹く大きな柄入りのデザインを選ぶと良いですね。

 また、谷間が目立たないようにと首元が詰まった洋服もおすすめできません。首から胸までのシルエットが膨らんで、さらに巨乳に見えてしまいます。首回りはすっきりと。どうしても胸が気になるなら、存在感のあるネックレスなどの小物を利用するのが◎。

3. ノーブラにニプレス

 胸が大きいと、ワンピースを着た時に前の生地だけが上がってしまうんですよね。これをなんとかしたくて辿り着いた苦肉の策が、ノーブラにニプレスでした。

 ニプレスとは、バストトップに貼る絆創膏のようなもの。ちなみに、予備がなくて普通の絆創膏を十字に貼ったこともあるのですが、かぶれてしまったことがあります。肌に優しい、専用のものにしておきましょう。

 この方法は、本当に一瞬で胸を小さく見せることができます。もちろん、ノーブラだとバレるようなぴったりした洋服はNGですよ。ふんわりしたトップス、ワンピースの時に、ぜひ試してみてください。

 ただし、いつもノーブラでいるとクーパー靭帯を傷つけ、将来垂れやすくなるため、ここぞという時だけにしましょう。

胸を小さくする究極の方法は「授乳」だったり

究極のサイズダウン法は“授乳”?(写真:iStock)
究極のサイズダウン法は“授乳”? (写真:iStock)

 大きな胸に悩んだ中高生時代を思い出して、熱く語ってしまいました。

 さて、そんな現在はというと、授乳によって胸が2カップマイナス。「ちょうど良い」というか、正直、もう少し欲しいと思っております。まさしく、ないものねだりですね。

 でも、胸のせいで無駄に色っぽく見えた洋服も今では気軽に着られるようになって、ストレスは激減。なにより、痩せて見えますし。とはいえ、別のところにお肉が付きがちな今日この頃。お腹を小さく見せる方法について、今度は書くとします。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


モード系メイクでクール美人に♡ キレイに仕上げる8つのコツ
 男性ウケを狙う「フェミニン系メイク」も可愛いですが、女性なら誰もが一度はクールでかっこいい「モード系メイク」に憧れた経...
間食をやめると得られるメリット&無理せずやめる5つの方法
 あなたは間食をしていますか? 特に、スイーツが好きな女性は、毎日のように間食をしているかもしれませんね。しかし、間食に...
清楚系メイクで彼の心を動かそう♡メイクポイント&やり方
 メイクと一言で言っても、さまざまな方法があります。中には、いつも同じマンネリメイクに飽きてきている人もいるでしょう。そ...
残念とは言わせない!3分でおさらい「くるりんぱ」のコツ♪
 SNSでヘアアレンジを検索すると、たくさんの「くるりんぱ」が出てきますよね。髪の毛を縛り、縛ったヘアゴムの上あたりに輪...
透明マスカラでナチュラルな目元に♡ 選び方のコツ&使い方
 透明マスカラは、別名「クリアマスカラ」とも呼ばれている“色の付かないマスカラ”のことを言います。透明マスカラは、マスカ...
ドーリーメイクで大人可愛い仕上がりに♡ポイントを徹底解析
 お人形さんのような“ドーリーメイク”に憧れていても、「若い女性がするメイクだし……」「似合う人が限られるから……」と、...
彼との濃密時間が増える♡お泊まりに便利なスキンケア製品3選
 お泊まりデートでは、丁寧なスキンケアをする時間が確保できないという問題にぶつかりやすいですよね。彼との時間を優先したい...
ノーズシャドウの上手な入れ方♡ もう団子鼻に悩まない!
 顔のパーツに関する悩みの中でも、“鼻の形”にコンプレックスを持っている人は多いようです。でも、整形するのはハードルが高...
キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直す...
下着の買い替え時っていつ? 寿命の見極め方&正しい捨て方
 毎日必ず着用する下着ですが、いつ捨てたら良いのかタイミングが難しいと感じたことはありませんか? 着ようと思えば着られる...
美容家がレク! “ちょこっと白髪”に優秀ホームケア&裏ワザ
 アラサー・アラフォー世代になると、チラホラと出てくる「白髪」に悩む女性も増えますよね。今のご時世では、以前のように気軽...
ボディに化粧って必要? クリームと併用する時の正しい使い方
 毎日お風呂上がりにせっせとボディクリームを塗って乾燥対策をしているのに、膝や肘が乾燥してしまうことってありませんか? ...
“美髪”と言われる5つの絶対条件♡簡単なセルフケア方法も
 潤いがあるキレイな美髪は、女性にとって永遠の憧れ。しかし、そんな髪に憧れを抱いていても、「くせ毛だから……」「髪の毛が...
まるでスパ気分♡ご褒美バスタイムを叶えるプチプラ入浴剤6選
 その日の気分で使い分けられるように、入浴剤はいつも数種類ストックしています♪ 気分で選ベるのは楽しいので、バスタイムが...
仕上がりが変わる♡ ファンデーションの正しい切り替え時期
 みなさんは、ファンデーションを季節ごとに変えていますか?「面倒だから、ずっと同じのを使っている!」という人も多いでしょ...
買ってよかった「筋トレ器具」ベスト3を発表 2021.4.2(金)
 長引くコロナ禍で、テレワークはすっかり定着しつつありますよね。毎日座りっぱなしで、ひたすらパソコンに向かって仕事をして...