胸を小さく見せる3つの方法!コンプレックスは人それぞれ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-02 06:00
投稿日:2019-05-02 06:00
 今も昔も、胸が小さいと悩む女性がクローズアップされがちですが、実は大きな胸に悩んでいる女性も少なくありません。コンプレックスは人それぞれですが、盛るのは簡単でも、減らすのが難しいのが「胸」。そこで、胸を小さく見せる3つの方法をご紹介します。

大きな胸を持つ女性がコンプレックスを感じるわけ

大きな胸にもお悩みが…(写真:iStock)
大きな胸にもお悩みが… (写真:iStock)

 数年前、大手下着メーカーのワコールで「小さく見せるブラ」が開発されたのは記憶に新しいですよね。貧乳の女性からしたら「贅沢な悩み!」なんて思われそうなこの案件ですが、大胸の女性には大胸なりの悩みがあるのです。

大きな胸に感じるデメリット

 大きな胸の女性が感じているデメリット、まずは見てみましょう。

・太って見える
・洋服が綺麗に着こなせない
・シャツのボタンとボタンの隙間からアンダーが見える
・ブラジャーの種類が少ない、値段が高い
・垂れるリスクが大きい
・男性の目線が気になる

 あるデータによると、大きな胸の方の約6割もの女性が「胸を小さく見せたい」と答えたのだとか。大きな胸が目立たないようにダボダボの洋服を着てみたり、猫背になってしまう、という意見もありました。実に由々しき問題なのです。

大きな胸を小さく見せる3つの方法!

トップス選びの注意点は(写真:iStock)
トップス選びの注意点は (写真:iStock)

 実は筆者も、発育盛んな中高生時代、胸が大きいことで悩んでいた1人です。コンプレックスが高じて、サラシを巻いたこともありました。(というより、全体的にコロコロと肉付いていたのが1番の原因なのですが……)

 ありとあらゆる方法を試してきましたが、その中でも絶対に効果アリの3つの方法をご紹介します。

1. ブラジャーは「盛らない・揺れない」を意識して選ぶ

 押さえておきたいのが、ブラジャー選びです。一般的に、大きな胸の女性はフルカップのブラを選ぶと良いと言われますが、正直言って見た目的に可愛くないです。しかも、たいして小さく見えません。そうかといって、デザイン豊富な1/2・3/4カップは、基本的に「盛るブラ」ですので、もちろんNG。

 そんなブラジャー選びは「盛らない・揺れない」を意識しましょう。例えば、24時間着けられるナイトブラ、スポーツブラは、サポート力もありつつバストを適度に潰してくれます。スポーティーなデザインのものだと、「見せブラ」としてもOKですね。

 ちなみに、上記でご紹介したワコールの「小さく見せるブラ」も試してみましたが、バストトップのお肉を周りに逃す設計&薄手の素材ですので、確かに小さく見えました。他のメーカーでも展開されているので、一度どんなものかチェックしてみると良いと思います。

2. トップスで着痩せ効果を狙う

 トップスに何を着るかは、かなり重要です。おすすめは、着痩せ効果がある黒や紺などの濃い色のトップス。暗い印象に見えるのが難点ですが、スカートやパンツを明るい色や柄物にすることで調整できます。

 逆に暖色系やパステルカラーの膨張色は、より胸が大きく見えてしまうのでNG。どうしても着たいのであれば、目を惹く大きな柄入りのデザインを選ぶと良いですね。

 また、谷間が目立たないようにと首元が詰まった洋服もおすすめできません。首から胸までのシルエットが膨らんで、さらに巨乳に見えてしまいます。首回りはすっきりと。どうしても胸が気になるなら、存在感のあるネックレスなどの小物を利用するのが◎。

3. ノーブラにニプレス

 胸が大きいと、ワンピースを着た時に前の生地だけが上がってしまうんですよね。これをなんとかしたくて辿り着いた苦肉の策が、ノーブラにニプレスでした。

 ニプレスとは、バストトップに貼る絆創膏のようなもの。ちなみに、予備がなくて普通の絆創膏を十字に貼ったこともあるのですが、かぶれてしまったことがあります。肌に優しい、専用のものにしておきましょう。

 この方法は、本当に一瞬で胸を小さく見せることができます。もちろん、ノーブラだとバレるようなぴったりした洋服はNGですよ。ふんわりしたトップス、ワンピースの時に、ぜひ試してみてください。

 ただし、いつもノーブラでいるとクーパー靭帯を傷つけ、将来垂れやすくなるため、ここぞという時だけにしましょう。

胸を小さくする究極の方法は「授乳」だったり

究極のサイズダウン法は“授乳”?(写真:iStock)
究極のサイズダウン法は“授乳”? (写真:iStock)

 大きな胸に悩んだ中高生時代を思い出して、熱く語ってしまいました。

 さて、そんな現在はというと、授乳によって胸が2カップマイナス。「ちょうど良い」というか、正直、もう少し欲しいと思っております。まさしく、ないものねだりですね。

 でも、胸のせいで無駄に色っぽく見えた洋服も今では気軽に着られるようになって、ストレスは激減。なにより、痩せて見えますし。とはいえ、別のところにお肉が付きがちな今日この頃。お腹を小さく見せる方法について、今度は書くとします。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【涙活】即実践!ガッツリ泣いた後に目が腫れないテク5つ
 失恋したり、感動するドラマを見たりして大泣き……そんな日もありますよね。とはいえ、翌朝鏡を見たら、目がパンパンに腫れて...
40代が似合う「くすみを隠すメイク」ファンデに頼りすぎない
 40代になると目立ってくる「くすみ」。隠そうとして厚塗りにすると崩れるし、薄くつけても全然隠れない……。そんな悩みを抱...
マスクにメイクが付いちゃった! ぶっちゃけ変える頻度は?
 コロナ禍ではじまったマスク生活。女性にとっての一番の悩みは、メイクの汚れが付いてしまうことではないでしょうか。マスクを...
メイクアイテムの正しい使用期限、知ってる? 目元は要注意
 メイクポーチの中を定期的に掃除していますか? よく見ると、中には使用期限を過ぎている古いアイテムが入っている人も……。...
朝だけじゃダメ! 日焼け止めをメイクの上から塗り直す方法
 日焼け止めはこまめな塗り直しをすることではじめて、十分な効果を得られます。でも、メイクをしてしまったら「どうやってメイ...
おフェロ度UP「モーヴ色」メイクで40代の大人可愛いを実現!
 今、大注目の「モーヴ色」を使ったメイク。もう試しましたか? モーヴ色は、使う人を選ばない色として人気ですが、加えて40...
【0円で復活】ディオールの口紅が折れた!2022.6.30(木)
 ポッキーン。ゲットして間もないディオールの口紅が、折れてしまいました。ショック過ぎる……。  このままポイする選...
「おばさん体型」疑惑!特徴は?スリムな40代に近づく対処法
 40代を超えたあたりから、体がだんだんと「おばさん体型」になってきていると感じたことはありませんか? 今回は、おばさん...
「夏の涼しいコーデ4選」見た目&着心地グーな楽ちんスタイル
 暑い夏でも、涼しいコーデをして軽やかに過ごしたいと思いませんか? でも、単純に肌の露出を増やすのは、体型に自信がない人...
「白髪染め」失敗した! 楽しみながら戻すにはどうする?
 染めても繰り返し生えてくる白髪に、白髪染めを使っている人は多いですよね。でも、真っ黒になりすぎてしまったり、明るくした...
人に言えない「尿漏れ」問題 大きな声で笑ったら“じゅん”!
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「夏の汗対策」汗っかきさんは“冷却ポイント5つ”を覚えて!
 暑い夏、汗による悩みは尽きませんよね。メイク崩れやニオイ、汗染みなど、困っている人も多いはず。そこで今回は、悩み別に4...
「オフィスカジュアル」でデニム着用 アリorナシ線引きは?
 近年、働き方の幅が広がり「オフィスカジュアルOK」の会社も増えてきていますよね。そこで毎回のように議論になるのが「デニ...
痛くないよね?40代でも「背中開きトップス」が着たいんです
 ヘルシーで涼しげなムードが魅力的な、背中開きトップス。夏のコーデに取り入れたい気持ちがある反面「大人の女性が着るのは痛...
【基本のスキンケア】物価高でケチる前に0円で見直せること
 物価高が家計に重くのしかかってきていて、日々の美容ではなるべく節約したい人も増えているよう。一方、梅雨になると「肌の調...