彼氏と長続きしない…“飽きられ女子”が犯している間違い3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-23 06:49
投稿日:2019-05-23 06:00
 学生時代は長く男性と付き合えていたのに、大人になってからの方が彼氏とうまく行かなくなった……そんな「アラサー病」が流行しています。なぜあなたの恋愛はうまくいかないのか?自分を責めてしまっているあなたにお答えします。

付き合うのが早すぎて、ギャップを作っていませんか?

付き合ってしまえばこっちのもの…?(写真:iStock)
付き合ってしまえばこっちのもの…? (写真:iStock)

 学生時代の出会いは、ほとんどが「友達導入」です。クラスやサークル、学校が一緒の相手には自分の素の状態が見えやすく、「付き合う前と後」のギャップが出来づらかったのです。

 しかし大人になってからの出会いは、会社の人や合コン相手など、始まりが「友人」ではない場合も多いのです。会社や仕事中の自分はパブリックな自分を演じていますし、合コンや友達の紹介で出会う人とは、最初から「異性に対する自分」を演じてしまいがち。大人になってからの出会いは、自分の素が見せづらい出会いばかりなのです。

 そんな気を使った自分しか見せていない「出会いたて」の状態で、友人期間をすっ飛ばした付き合い方をしていませんか?

「付き合ってみないと分からない」という考え方をする人も多いですが、すぐに付き合わないことのメリットは、先に知ってもらうことで、付き合った後に”思っていたのと違う”というギャップを減らせることです。

 この期間を飛ばしてしまうことで、結局感じたギャップを受け入れてもらえないのであれば、付き合ってしまえばこっちのもの……にはなっていないのではないでしょうか?

縁のある出会いで付き合っていますか?

SNSでの出会いが向かない人もいる(写真:iStock)
SNSでの出会いが向かない人もいる (写真:iStock)

 最近はネットの出会いもカジュアルになり、「知らない人」との出会いも増えました。あなたの付き合った人たちは、「ゆかり」のある人たちですか?

 インターネットの流行で、会社や居住地といった環境に出会いを依存しなくなったのはいいことですが、アプリなどでの出会いはあくまで他人との出会いです。手軽な出会いは手軽な別れにもつながりやすいもの。LINEしか知らない相手なら、LINEをブロックしただけで関係を断つことが出来てしまいます。

 つながりのある、ゆかりのある出会いなら、周りの人間関係などが手軽な別れを予防してくれるもの。あなたが大人になってから付き合っている相手は、そんな縁のある人ですか?

 一期一会の出会いも素敵ですが、堅実な女子には相性が悪いこともあるかもしれませんよ。

彼に自分を受け入れさせようとしていませんか?

なんで?なんで?の押し売りは致命的(写真:iStock)
なんで?なんで?の押し売りは致命的 (写真:iStock)

 もしかしたらあなたは気づかないうちに、彼に自分を押し付けすぎてはいませんか?例えば、デートや連絡の頻度。

「なんでもっと会ってくれないの?なんでもっと連絡してくれないの?」

 この聞き方では、彼の「連絡やデートの頻度は頻繁でなくてもいい」という意見を受け入れる気がなく、あなたの気持ちを静めるために彼は「ごめんね、気をつけるね」というしかありません。

 話し合いをする時はなるべく、「私はこう思うんだけど、なんで違うの?」と、自分の意見を先に述べるのではなく「これについて、あなたの考えはどう?」と、なるべく彼の気持ちを先に聞くようにしましょう。

 威圧があるとそれは話し合いではなくなってしまいます。大人の恋愛に価値観のズレは致命傷。決めつけるような話し方は、彼にあなたとの価値観の差を露呈することにしかなりません。

  ◇  ◇  ◇

 飽きられ女子が飽きられる原因は、ほとんど自分にある可能性が高いです。相手を変えても同じことが起きているならなおさら。

 価値観や考えの合う相手選びができているか、相手に自分のことを理解してもらえるように接しているか……今一度、自省してみてください。

ラブ 新着一覧


FILM
 大好きな彼氏が浮気をしていたら、とてつもなくショックを受けますよね。裏切られた悲しさや怒りで、動揺してしまう女性も多い...
東城ゆず 2019-12-06 06:00 ラブ
FILM
「片思い」って、何歳になってもなかなか慣れないものですよね。ハッと我にかえると「私、どうかしてる!」と自分に呆れてしまう...
FILM
 歳を重ねていくと、「そろそろ結婚しないの?」という周囲の圧力を感じることってありますよね。また、素敵なプロポーズを受け...
東城ゆず 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
「なんとなくお互いに惹かれ合っている」、そんなお付き合い前のデートの際、あなたは割り勘を申し出たことはありますか? もち...
リタ・トーコ 2019-12-05 06:00 ラブ
FILM
 帰宅が遅くなった夫に対しては、イヤミや文句のひとつを口にする女性も少なくありませんよね。  しかし相手が鬼嫁となると...
並木まき 2019-12-04 06:00 ラブ
FILM
 毎年、街がドレスアップするこのシーズン。LEDが開発されたことで昔よりもイルミネーションの輝きが増していますし、色とり...
東城ゆず 2019-12-03 06:00 ラブ
FILM
「いつか付き合えたら……!」そんな一心で片思いをしている方は多いでしょう。でも、どんなに頑張ってアプローチを続けても、ど...
リタ・トーコ 2019-12-02 06:27 ラブ
FILM
 最近は「男子高生ミスターコン」や「ジュノンボーイコンテスト」など、ネット上での人気度がコンテスト結果を左右するイベント...
内藤みか 2019-12-02 06:24 ラブ
FILM
 よく、「恋愛と結婚は別」と言われますが、そんな簡単に割り切れないのが男女のお付き合いでしょう。でも、恋愛と結婚には決定...
孔井嘉乃 2019-12-01 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。皆さん、「7秒ハグ」のCM、ご存じですか。冬用の保温インナーのCMで、家族や彼氏など大...
山崎世美子 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
「サイコパス」は、人の気持ちがわからない気質として知られますが、社会生活にはなんらの問題がなくとも、こと恋愛シーンでパー...
並木まき 2019-11-30 06:00 ラブ
FILM
 一般的に「早婚願望」がある女性は30歳までに結婚を考えます。とはいえ、最近はその時期が遅れがちなのも致し方ありません。...
ミクニシオリ 2019-11-29 06:00 ラブ
FILM
 イケメン有名人の交際や結婚が発覚する時、相手女性の「匂わせ」が話題になることがあります。匂わせとは、公表する以前から彼...
内藤みか 2019-11-28 06:00 ラブ
FILM
 いつも周りに女性がいるけれど、特定の彼女はなかなか作らない……そんな女友達が多い男性っていますよね。実はそんな彼らには...
FILM
 好きな人といると、なぜか眠くなってしまうことってありませんか? せっかく会えたから起きていたいのに……そんな風に落ち込...
孔井嘉乃 2019-11-27 06:00 ラブ
FILM
 あなたは今どのような形で婚活をしていますか? 私は「婚活はマーケティングとブランディングが特に重要だ」とお伝えしていま...
山本早織 2019-11-26 06:00 ラブ