彼氏と長続きしない…“飽きられ女子”が犯している間違い3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-23 06:49
投稿日:2019-05-23 06:00
 学生時代は長く男性と付き合えていたのに、大人になってからの方が彼氏とうまく行かなくなった……そんな「アラサー病」が流行しています。なぜあなたの恋愛はうまくいかないのか?自分を責めてしまっているあなたにお答えします。

付き合うのが早すぎて、ギャップを作っていませんか?

付き合ってしまえばこっちのもの…?(写真:iStock)
付き合ってしまえばこっちのもの…? (写真:iStock)

 学生時代の出会いは、ほとんどが「友達導入」です。クラスやサークル、学校が一緒の相手には自分の素の状態が見えやすく、「付き合う前と後」のギャップが出来づらかったのです。

 しかし大人になってからの出会いは、会社の人や合コン相手など、始まりが「友人」ではない場合も多いのです。会社や仕事中の自分はパブリックな自分を演じていますし、合コンや友達の紹介で出会う人とは、最初から「異性に対する自分」を演じてしまいがち。大人になってからの出会いは、自分の素が見せづらい出会いばかりなのです。

 そんな気を使った自分しか見せていない「出会いたて」の状態で、友人期間をすっ飛ばした付き合い方をしていませんか?

「付き合ってみないと分からない」という考え方をする人も多いですが、すぐに付き合わないことのメリットは、先に知ってもらうことで、付き合った後に”思っていたのと違う”というギャップを減らせることです。

 この期間を飛ばしてしまうことで、結局感じたギャップを受け入れてもらえないのであれば、付き合ってしまえばこっちのもの……にはなっていないのではないでしょうか?

縁のある出会いで付き合っていますか?

SNSでの出会いが向かない人もいる(写真:iStock)
SNSでの出会いが向かない人もいる (写真:iStock)

 最近はネットの出会いもカジュアルになり、「知らない人」との出会いも増えました。あなたの付き合った人たちは、「ゆかり」のある人たちですか?

 インターネットの流行で、会社や居住地といった環境に出会いを依存しなくなったのはいいことですが、アプリなどでの出会いはあくまで他人との出会いです。手軽な出会いは手軽な別れにもつながりやすいもの。LINEしか知らない相手なら、LINEをブロックしただけで関係を断つことが出来てしまいます。

 つながりのある、ゆかりのある出会いなら、周りの人間関係などが手軽な別れを予防してくれるもの。あなたが大人になってから付き合っている相手は、そんな縁のある人ですか?

 一期一会の出会いも素敵ですが、堅実な女子には相性が悪いこともあるかもしれませんよ。

彼に自分を受け入れさせようとしていませんか?

なんで?なんで?の押し売りは致命的(写真:iStock)
なんで?なんで?の押し売りは致命的 (写真:iStock)

 もしかしたらあなたは気づかないうちに、彼に自分を押し付けすぎてはいませんか?例えば、デートや連絡の頻度。

「なんでもっと会ってくれないの?なんでもっと連絡してくれないの?」

 この聞き方では、彼の「連絡やデートの頻度は頻繁でなくてもいい」という意見を受け入れる気がなく、あなたの気持ちを静めるために彼は「ごめんね、気をつけるね」というしかありません。

 話し合いをする時はなるべく、「私はこう思うんだけど、なんで違うの?」と、自分の意見を先に述べるのではなく「これについて、あなたの考えはどう?」と、なるべく彼の気持ちを先に聞くようにしましょう。

 威圧があるとそれは話し合いではなくなってしまいます。大人の恋愛に価値観のズレは致命傷。決めつけるような話し方は、彼にあなたとの価値観の差を露呈することにしかなりません。

  ◇  ◇  ◇

 飽きられ女子が飽きられる原因は、ほとんど自分にある可能性が高いです。相手を変えても同じことが起きているならなおさら。

 価値観や考えの合う相手選びができているか、相手に自分のことを理解してもらえるように接しているか……今一度、自省してみてください。

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ