彼氏と長続きしない…“飽きられ女子”が犯している間違い3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-23 06:49
投稿日:2019-05-23 06:00
 学生時代は長く男性と付き合えていたのに、大人になってからの方が彼氏とうまく行かなくなった……そんな「アラサー病」が流行しています。なぜあなたの恋愛はうまくいかないのか?自分を責めてしまっているあなたにお答えします。

付き合うのが早すぎて、ギャップを作っていませんか?

付き合ってしまえばこっちのもの…?(写真:iStock)
付き合ってしまえばこっちのもの…? (写真:iStock)

 学生時代の出会いは、ほとんどが「友達導入」です。クラスやサークル、学校が一緒の相手には自分の素の状態が見えやすく、「付き合う前と後」のギャップが出来づらかったのです。

 しかし大人になってからの出会いは、会社の人や合コン相手など、始まりが「友人」ではない場合も多いのです。会社や仕事中の自分はパブリックな自分を演じていますし、合コンや友達の紹介で出会う人とは、最初から「異性に対する自分」を演じてしまいがち。大人になってからの出会いは、自分の素が見せづらい出会いばかりなのです。

 そんな気を使った自分しか見せていない「出会いたて」の状態で、友人期間をすっ飛ばした付き合い方をしていませんか?

「付き合ってみないと分からない」という考え方をする人も多いですが、すぐに付き合わないことのメリットは、先に知ってもらうことで、付き合った後に”思っていたのと違う”というギャップを減らせることです。

 この期間を飛ばしてしまうことで、結局感じたギャップを受け入れてもらえないのであれば、付き合ってしまえばこっちのもの……にはなっていないのではないでしょうか?

縁のある出会いで付き合っていますか?

SNSでの出会いが向かない人もいる(写真:iStock)
SNSでの出会いが向かない人もいる (写真:iStock)

 最近はネットの出会いもカジュアルになり、「知らない人」との出会いも増えました。あなたの付き合った人たちは、「ゆかり」のある人たちですか?

 インターネットの流行で、会社や居住地といった環境に出会いを依存しなくなったのはいいことですが、アプリなどでの出会いはあくまで他人との出会いです。手軽な出会いは手軽な別れにもつながりやすいもの。LINEしか知らない相手なら、LINEをブロックしただけで関係を断つことが出来てしまいます。

 つながりのある、ゆかりのある出会いなら、周りの人間関係などが手軽な別れを予防してくれるもの。あなたが大人になってから付き合っている相手は、そんな縁のある人ですか?

 一期一会の出会いも素敵ですが、堅実な女子には相性が悪いこともあるかもしれませんよ。

彼に自分を受け入れさせようとしていませんか?

なんで?なんで?の押し売りは致命的(写真:iStock)
なんで?なんで?の押し売りは致命的 (写真:iStock)

 もしかしたらあなたは気づかないうちに、彼に自分を押し付けすぎてはいませんか?例えば、デートや連絡の頻度。

「なんでもっと会ってくれないの?なんでもっと連絡してくれないの?」

 この聞き方では、彼の「連絡やデートの頻度は頻繁でなくてもいい」という意見を受け入れる気がなく、あなたの気持ちを静めるために彼は「ごめんね、気をつけるね」というしかありません。

 話し合いをする時はなるべく、「私はこう思うんだけど、なんで違うの?」と、自分の意見を先に述べるのではなく「これについて、あなたの考えはどう?」と、なるべく彼の気持ちを先に聞くようにしましょう。

 威圧があるとそれは話し合いではなくなってしまいます。大人の恋愛に価値観のズレは致命傷。決めつけるような話し方は、彼にあなたとの価値観の差を露呈することにしかなりません。

  ◇  ◇  ◇

 飽きられ女子が飽きられる原因は、ほとんど自分にある可能性が高いです。相手を変えても同じことが起きているならなおさら。

 価値観や考えの合う相手選びができているか、相手に自分のことを理解してもらえるように接しているか……今一度、自省してみてください。

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ