「SNSイタい女」とは呼ばせない オトナ女子のインスタ技3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-05-16 21:57
投稿日:2019-05-15 06:00
 InstagramをはじめとしたSNSは、今や日常生活に欠かせないコミュニケーションツールになりました。少し前までは、「大人がSNSをやるなんてイタい」という風潮がありましたが、今ではトレンドや情報を知るためにも、SNSは不可欠な存在。せっかくアカウントを作るなら投稿もしたい。けど、「イタい女」には見られたくない…。
 大人の女性は、どんな風にInstagramを使えばいいのでしょうか?今のインスタトレンドを取り入れながら紹介していきます。

「フィルタかけすぎ」はイタいしダサい!

 少し前までは、インスタの写真はピンク調でふわっとした「フィルタ」を加工して載せるのが当たり前でしたが…フィルタのかけすぎは画質も落ちて、子供っぽく安っぽい写真に見えてしまいます。

 今はインスタでもフィルタは薄めで、ナチュラルな写りの写真が流行。お気に入りのカフェの写真などをあげる時は、加工カメラを使わずにスマホのデフォルトカメラで撮影し、加工はインスタの投稿画面で軽くする程度で良さそう。

 こうすれば食べ物もおいしそうに見えますし、画質も保たれてキレイな写真が投稿できます。食べ物を撮る時は背景に気をつけて、人や机の上のお手拭きなどは映らないようにするとすっきりした写真になります。

大人の女の自撮りはイタい…おしゃれは手元や後ろ姿で

 新しく買った服を着た日やメイクがうまく行った日など、たまには自撮りを投稿したくなっちゃう日もあるかもしれませんが……、インカメラは画質が低く見栄えも悪いですし、「自撮り女子=若い」という印象もあるので、大人の女子は自撮り写真は控えた方が無難。

 おしゃれアピールするなら、カフェのドリンクなどと一緒に手元を撮ったものなどならアリ。これなら自撮りのイタさもでませんし、ネイルやアクセサリーが好きな人なら、おしゃれ感もアピールできる写真を撮れるはず。

 仕事上ネイルを楽しめない人は、友人に撮ってもらう他撮りを投稿した方が無難。顔を主張するより、後ろ姿でヘアスタイルをなんとなくアピールするくらいがいいと思います。

生活の中からおしゃれを切り取ろう♡

 今は主婦層でもインスタを活用する人もいます。日常で定期的におしゃれな投稿を続けていくにはどうしたらいいのでしょう。他の人の投稿を参考にしてみるのもいいかもしれませんよ。

「#ていねいな暮らし」というタグは、大人っぽいシンプルな「暮らし」の写真がたくさんあって参考になります。

 お部屋の写真や買った花の写真、自炊したご飯の写真など、「生活」の中で溜まっていく写真がおしゃれに投稿されています。

 何気ないいつものごはんや自室の一角の写真も、工夫されたアングルや構成で撮影されているものがたくさんあります。

 自分の生活の中から、どんな風に日常を切り取ればおしゃれに見えるのか、参考になりますよ。

まとめ

 背景のシンプルさや写真の明るさに気を配れば、なんでもおしゃれに撮れるようになります。大人の女子は自撮りで自分アピールするよりも、「自分の好きなもの」をきれいに紹介する使い方でさらっとおしゃれアピールしましょうね。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


8年前に“ゆるFIRE”した男 新NISAより確実なリターンは自分への投資
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(64)。多忙な現役時代を経て、56歳...
母親は夢を諦めなきゃダメですか?夫を「支えてあげて」の言葉が悔しい
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活をしている。  夜...
浮気より酷い夫の裏切り SNSには私の知らない「もう1人の彼」がいた
 かつて漫画家を目指していた夫婦の絵里奈と拓郎。双子の子供ができたことを機に、夢を諦め堅気の生活を暮らしている。 ...
妊娠妻の電話に出ない…いまだ夢見る漫画家志望の夫とワンオペ妻の軋轢
 初夏の印象が霞むほどの汗ばむ陽気の午前中。  林絵里奈は井の頭公園の池のほとりのベンチに腰を掛け、在りし日のデー...
「晩ごはん何?」焼肉、すき焼き却下でもやし炒め! 家族間攻防LINE3戦
 仕事で疲れて帰宅した時、一番楽しみなのは晩ごはんですよね! とはいえ、主婦としては毎日の晩ごはんのメニューを考えるのも...
【ファミマ】コンビニ衣類正直レビュー、ショーパンゆる履きはOKだけど
 ファミリーマートとファセッタズム(FACETASM)のデザイナー落合宏理氏が共同開発した衣類「コンビニエンスウェア」。...
【独自】すいかばか初の“夕方専用すいか”、気になる出来栄えは?
 すいか生産量全国47位、ごくごくレアな山梨県ですいか作りに情熱を注ぐ「寿風土(こどぶきふうど)ファーム」代表の小林栄一...
インフルエンサー退職願望のアラフォー、“発信=スキル”なる大きな勘違い
 普通の会社員を続けることに不安を感じる女性が増えています。周囲に自分の才能を活かして稼いでいるがいると、「自分も何か発...
職場やママ友“ケチな人”との付き合い方5選 1円単位で文句ブーブーは勘弁
「この飲み会、私はあまり飲んでないから、あなたたちが多めに払ってくれるよね?」「ここの料理、5,000円もするの? え〜...
背徳感がたまらにゃい♡ ガラステーブルの下から見る涼し気“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
夏場の観葉植物、様子が変!間違った育て方、救済法、最新便利グッズまで
 危険な暑さが続く夏。猫店長「さぶ」率いる我が愛すべきお花屋は古い平屋の建屋のため、エアコンをフル活用しても、毎日が熱中...
きっと、夫も気付いていた…40女が長年の“腐れ縁”にケリをつける日
 実は筆者には、結婚前から長く続いている“腐れ縁”があります。その相手を仮にP氏とします。
くねくねコロンは信頼の証♡ 無防備な“たまたま”をガン見しちゃおう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
目的地は決めてない 見知らぬ町を深夜にふらつく解放感
 終電が終わって、深夜の踏切はしばしの休憩。また朝から大忙しだからね。  こちらは明日は予定もないから、見知らぬ町...
【難解女ことば】「婆」の部首はさんずいではない。正解は?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
母と夫がまさか…流行りの性格診断で腰抜かす『16Personalities』が怖い
 SNSのプロフィールに診断結果のアルファベットを入れたり、それぞれの性格をコンテンツにまとめたりと、若者を中心に流行し...
2024-07-06 06:00 ライフスタイル