2019年、令和はどこで出会えばいい?最新出会いスポット3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-04-27 06:00
投稿日:2019-04-27 06:00
 平成のうちに結婚しちゃおう!なんてことで「平成ジャンプ」なんて言葉がにわかに流行していますが……。年号に合わせてさくっと結婚できるなら、最初から困ってないわ!なんて意見の方が多いと思います。
 ということで平成も終わりですが、「令和」はどうやって良質な出会いを求めたらいいのでしょう。最近全くアップデートされていないように感じる「最新出会い事情」を、恋愛ライターがリークします。

コリドーは観光地化、エビ横は人多すぎ…

次に来る“穴場な出会いスポット”は?(写真:iStock)
次に来る“穴場な出会いスポット”は? (写真:iStock)

 ここ数年ナンパスポットとして栄えてきたスポットも、徐々に風化してきているように感じます。東京のナンパの聖地として君臨していたコリドー街も、今はもはや出張のサラリーマンも多く、「一回行っておきたい」的な観光地と化しており、良質な出会いどころではありません。

 次に注目された「恵比寿横丁」「渋谷肉横丁」などの横丁系ですが、こちらもトレンドのあおりで、そもそも人が多すぎて入れない!ぎゅうぎゅう詰めの横丁で汗だくになりながらされるナンパなんて…。

 ということで、今回は最近にわかに流行しつつある、「ネクストバズ」な穴場出会いスポットを紹介します。

年下好きは六本木パブスタへ♡優良リーマンとの出会いに期待

六本木のあえて気軽なパブスタで新卒系リーマンをゲット(写真:iStock)
六本木のあえて気軽なパブスタで新卒系リーマンをゲット (写真:iStock)

 ここ数年勢いを伸ばしているスタンディングバー「パブリックスタンド」、通称パブスタ。恵比寿や銀座など、ナンパで有名な街のパブスタは人が多すぎるので、今回おすすめしたいのは六本木店です。 

 パブスタは低価格がウリのバーなので、高級なイメージのある六本木であえてパブスタ?と疑問を覚えるかもしれませんが…六本木といえば、外資系コンサルや金融会社、スタートアップベンチャー企業などの本社が多い街。

 なので、低価格ウリのパブスタには、そういった優良企業に入りたての若い新卒系リーマン男子がやってくるのです。

 年上好きには向かないかもしれませんが、年下好きなら狙い所。まだ残っている若い芽を早めに摘んじゃいましょう。

ネオスナック・レトロバーにおしゃれ男子が増えてます

レトロなバーに芸術系おしゃれ男子が増えている(写真:iStock)
レトロなバーに芸術系おしゃれ男子が増えている (写真:iStock)

 センスのあるおしゃれな男子と出会いたい人におすすめなのが、三軒茶屋・下北沢・経堂など、ベッドタウンにあるバーや若ママが店に立つネオスナック。

 スナックと言っても若い人が経営している「レトロ風スナック」が、東京を中心に流行しつつあります。ママと話すことが目的というよりも、ボトルキープしておくことが目的、という感じの安めのスナックです。

 ベッドタウン系のバーは、店長の年齢が30代くらいの店がおすすめ。バーやスナックはおじさんイメージが強かったかもしれませんが、昨今の「懐古主義」的な流れのおかげで、デザインや芸術系のおしゃれな若い男子たちが急に増えているのです。

Facebookのビジネスイベントが穴場出会いスポット?

ビジネスイベントには意識高い系ハイスぺ男子が(写真:iStock)
ビジネスイベントには意識高い系ハイスぺ男子が (写真:iStock)

 SNSのがビジネスとして成り立っている今、SNSを使ってのビジネスイベントにも出会いが増えています。都会のビジネスイベントは参加する年齢層も若く、仕事に熱心な意識高い系ハイスペも多いので狙い目!

 Facebookから参加すれば、イベントに誰が来るか、事前に「参加予定一覧」を確認できるのも嬉しいですね。
 イケメンがいるか確認してから参加を決めるのももちろんオーケー(笑)。

「出会いの場」ではないところに出会いが増えている!

いい出会いがありますように(写真:iStock)
いい出会いがありますように (写真:iStock)

 ここ数年で急に「出会いスポット」としての相席系居酒屋やバーが増えてしまったため、本当にいい男はもう4、5年前から流行している有名スポットにはいません。

 今狙い目なのは、本来出会い目的ではないスポットかも。新しい人との出会いをカジュアルに捉える人が増えているので、出会い目的の場所じゃなくても、自然に出会って仲良くすることは平成時代より簡単なはず。

 令和の出会いは穴場な出会い系ではないスポットへ。焦らずいい出会いを探しましょう。

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ