2019年、令和はどこで出会えばいい?最新出会いスポット3選

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-04-27 06:00
投稿日:2019-04-27 06:00
 平成のうちに結婚しちゃおう!なんてことで「平成ジャンプ」なんて言葉がにわかに流行していますが……。年号に合わせてさくっと結婚できるなら、最初から困ってないわ!なんて意見の方が多いと思います。
 ということで平成も終わりですが、「令和」はどうやって良質な出会いを求めたらいいのでしょう。最近全くアップデートされていないように感じる「最新出会い事情」を、恋愛ライターがリークします。

コリドーは観光地化、エビ横は人多すぎ…

次に来る“穴場な出会いスポット”は?(写真:iStock)
次に来る“穴場な出会いスポット”は? (写真:iStock)

 ここ数年ナンパスポットとして栄えてきたスポットも、徐々に風化してきているように感じます。東京のナンパの聖地として君臨していたコリドー街も、今はもはや出張のサラリーマンも多く、「一回行っておきたい」的な観光地と化しており、良質な出会いどころではありません。

 次に注目された「恵比寿横丁」「渋谷肉横丁」などの横丁系ですが、こちらもトレンドのあおりで、そもそも人が多すぎて入れない!ぎゅうぎゅう詰めの横丁で汗だくになりながらされるナンパなんて…。

 ということで、今回は最近にわかに流行しつつある、「ネクストバズ」な穴場出会いスポットを紹介します。

年下好きは六本木パブスタへ♡優良リーマンとの出会いに期待

六本木のあえて気軽なパブスタで新卒系リーマンをゲット(写真:iStock)
六本木のあえて気軽なパブスタで新卒系リーマンをゲット (写真:iStock)

 ここ数年勢いを伸ばしているスタンディングバー「パブリックスタンド」、通称パブスタ。恵比寿や銀座など、ナンパで有名な街のパブスタは人が多すぎるので、今回おすすめしたいのは六本木店です。 

 パブスタは低価格がウリのバーなので、高級なイメージのある六本木であえてパブスタ?と疑問を覚えるかもしれませんが…六本木といえば、外資系コンサルや金融会社、スタートアップベンチャー企業などの本社が多い街。

 なので、低価格ウリのパブスタには、そういった優良企業に入りたての若い新卒系リーマン男子がやってくるのです。

 年上好きには向かないかもしれませんが、年下好きなら狙い所。まだ残っている若い芽を早めに摘んじゃいましょう。

ネオスナック・レトロバーにおしゃれ男子が増えてます

レトロなバーに芸術系おしゃれ男子が増えている(写真:iStock)
レトロなバーに芸術系おしゃれ男子が増えている (写真:iStock)

 センスのあるおしゃれな男子と出会いたい人におすすめなのが、三軒茶屋・下北沢・経堂など、ベッドタウンにあるバーや若ママが店に立つネオスナック。

 スナックと言っても若い人が経営している「レトロ風スナック」が、東京を中心に流行しつつあります。ママと話すことが目的というよりも、ボトルキープしておくことが目的、という感じの安めのスナックです。

 ベッドタウン系のバーは、店長の年齢が30代くらいの店がおすすめ。バーやスナックはおじさんイメージが強かったかもしれませんが、昨今の「懐古主義」的な流れのおかげで、デザインや芸術系のおしゃれな若い男子たちが急に増えているのです。

Facebookのビジネスイベントが穴場出会いスポット?

ビジネスイベントには意識高い系ハイスぺ男子が(写真:iStock)
ビジネスイベントには意識高い系ハイスぺ男子が (写真:iStock)

 SNSのがビジネスとして成り立っている今、SNSを使ってのビジネスイベントにも出会いが増えています。都会のビジネスイベントは参加する年齢層も若く、仕事に熱心な意識高い系ハイスペも多いので狙い目!

 Facebookから参加すれば、イベントに誰が来るか、事前に「参加予定一覧」を確認できるのも嬉しいですね。
 イケメンがいるか確認してから参加を決めるのももちろんオーケー(笑)。

「出会いの場」ではないところに出会いが増えている!

いい出会いがありますように(写真:iStock)
いい出会いがありますように (写真:iStock)

 ここ数年で急に「出会いスポット」としての相席系居酒屋やバーが増えてしまったため、本当にいい男はもう4、5年前から流行している有名スポットにはいません。

 今狙い目なのは、本来出会い目的ではないスポットかも。新しい人との出会いをカジュアルに捉える人が増えているので、出会い目的の場所じゃなくても、自然に出会って仲良くすることは平成時代より簡単なはず。

 令和の出会いは穴場な出会い系ではないスポットへ。焦らずいい出会いを探しましょう。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM