既婚の女友達が漏らす旦那の愚痴!結婚は本当に墓場なのか?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2023-01-24 06:00
投稿日:2023-01-24 06:00
「結婚に希望を感じない」、「結婚は人生の墓場だ」。今、未婚世代で結婚をネガティブに捉える人が増えているという。周りの既婚友人や親からパートナーの愚痴を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。
 中には「よく耐えられるな、そんなに嫌なら別れちゃばいいのに」と思うような話もあるだろう。結婚しているからこそ、そう簡単に別れられないのは理解できるし、愚痴っていても離婚を選択しない人もたくさんいる。――結婚って、本当に地獄なのだろうか。

女子会での止まらない「旦那への愚痴」

 久しぶりに社会情勢が落ち着いてきた折に、大学時代の友人たちと会うことになった。集まるメンバーの過半数が結婚しており、子どもを持つ人も増えた。30代を迎えてからは独身者がマイノリティーだ。

 最初は酒を片手に大学時代の思い出話に花が咲く。しかし、近況報告のターンに入った時、一番最初に大きな声で「ちょっと聞いてくれる?」と口火を切ったのは、3歳の子どもを持つA子だった。

 A子は大手企業に勤めていて、パートナーより稼ぎのあるバリキャリ女子だ。すでに一軒家も購入済みだが、パートナーに対して文句が尽きないようだった。その日も子連れで飲み会に参加しており、そのことについても納得していないようだった。

「旦那は今日家にいるんだけどさ、友達とオンラインゲームを繋ぐから子どもは見れないなんて言うんだよ。私のほうは話してるだけなんだからいいでしょ、とか言われて。頭に来たから逆に連れてきたけど、本当に信じられない」とA子。

 彼女自身もパートナーも自分の意見を固く曲げないタイプのようで、日々ケンカが尽きないという。

ひとりのほうが楽?(写真:iStock)
ひとりのほうが楽? (写真:iStock)

 その話に大きく頷くB子。正社員の保育士として働いていたが、現在は子どもが生まれ、契約社員だそう。B子もマンションを購入済みだが、何度も離婚を考えたと話す。

「旦那は小さいことで私に注意してくるくせに、私が頼むことは何もやってくれないの。脱いだ靴下は裏返さないでとか、お茶は出したらしまってとか、そんなことだよ? 自分は平日も楽しく飲み会に行くし。

 私のほうが勤務時間が短いからって、家事も子育ても任せっきりでほとんどやらないから、いっそ、ひとりでいたほうが楽なんじゃないかって思っちゃう」

 保育士のB子は運良く子どもを預ける保育園を早めに見つけられた。自分が働けている環境も相まって、精神的なストレスを減らすために離婚を検討しているという。

「結婚って大変だよね」と言うしかない

ケンカになる気しかしない(写真:iStock)
ケンカになる気しかしない (写真:iStock)

 既婚者だが、子どもは持たないC子もため息をつく。アパレル店員として働くC子はいつもおしゃれで小綺麗だが、その分、自分のために使いたいお金が多いと続ける。

「そういう話聞いてると、子どもなんて持てないなって思っちゃう。うちは旦那が飲食業で勤務時間が長いし、休みも合わない。家事は積極的にしてくれないし、おまけに相手も多趣味だから金もかかる。

 それでいてお互い給料も多くないしさ、子どもなんて持ったら毎日ケンカになる気しかしない。なんでこんな甲斐性なしを選んじゃったんだか」

 そんなふうに既婚組が揃ってため息をつくのを見ていると、独身組は「結婚って大変だよね」と言うしかなくなったのだった。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
1992年生まれ・フリーライター。ファッション誌編集に携ったのち、2017年からライター・編集として独立。週刊誌やWEBメディアに恋愛考察記事を寄稿しながら、一般人取材も多く行うノンフィクションライター。ナイトワークや貧困に関する取材も多く行っている。自身のSNSでは恋愛・性愛に関するカウンセリングも行う。
TwitterInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ