ホテル代は割り勘?おごられる? 意外だった“男女別の違い”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-05-26 06:00
投稿日:2019-05-26 06:00
 ひと昔前は、デートの代金は男性がおごるもの、というのが当たり前だった時代がありました。
 今は全てを男性におごってもらいたいという女性は少数派になってきたようですが、「食事はいいけど、ホテル代だけは男性に出して欲しい」という方も中には根強くいる様子。
 実際のところ、男女ともこの「おごり問題」、どう考えているのでしょうか?今回はSNSを通じてみなさんにアンケートを取ってみました。

ホテル代はおごるべき?

カップルの“お金問題”どうしてる?(写真:iStock)
カップルの“お金問題”どうしてる? (写真:iStock)

 まず最初に、男女問わずホテル代金の出し方について尋ねてみたアンケート結果です。

・男性がおごるべき30%
・女性がおごるべき1%
・割り勘17%
・その時々で変わる52%
(※回答320人中)

 という結果となりました。

 男性がホテルをおごるべき派が30%、いまだ約3分の1近くの方はそう考えているようです。

 意外だったのは「その時々で変わる」が割り勘派よりも多く、半分以上を占めていること。ちなみにその時々とは「誘った方が出す」「余裕がある方が出す」などのご意見がありました。

男女での考え方の違いは?

回答女性75人、男性30人中(C)コクハク
回答女性75人、男性30人中 (C)コクハク

 少々サンプルの少ない人数ではありますが、男女の回答の違いはグラフのようになりました。

 注目すべきは、半分以上の男性が「食事もホテルも自分でおごりたい」と考えている半面、女性は4分の3近い人が「何がしかの方法でお金を出したい」と思っていることです。

 世の男性が思うより、女性は男性だけには負担を掛けたくないと考えているようですね。

ホテル代の割り勘についてそれぞれの意見

お互いの価値観を確認することが大事(写真:iStock)
お互いの価値観を確認することが大事 (写真:iStock)

▲男性が出すべき派

「ホテル代を割られるなら、とくに大事にすらされていないと思う」(女性)

「少なくともホテル代は男性が払うべき。(自分で)払ったことはありません」(女性)

「私は親からデートの時は男性が出しなさいと教えられたので、いまだにそうしています。若い人たちが男女で割り勘するのはそれはそれで微笑ましく、いい習慣だなと思います」(男性)

「結果、割り勘になるならそれでもいいが、最初は私が全部出すと切り出します」(男性)

▲年齢による派

「年齢の差も大きいかも知れません。年下の子が相手の場合は少し多目に出すとか」(女性)

「性別で線を引くのではなく、収入の多寡で決めるべきだと思います」(不明)

「互いの経済事情を加味した傾斜はあると良いと思う」(女性)

▲誘った方が出す派

「基本的には誘ったほうが支出。どちらか一方ではなく、少しは出すという気持ちがある方が良いかと」(男性)

「誘った方が払えば良い」(女性)

「男が誘っているんだから、男が出すのが当たり前。甲斐性なしと思われたくもない」(男性)

▲割り勘派

「同じ時間を共有するので……(中略)割り勘がいいなと思っています」(女性)

「対等な仲なら割り勘が理想」(男性)

「二人で使っているので、割り勘すれば両方ハッピーではないかなと思います。片方の負担にさせたくないです」(女性)

▲その他

「食事の後にホテルならどちらかがどちらかを払うようにしている」(女性)

「片方が一時的に金欠なら男女問わずおごる、おごられるがあっていいかなと思います」(女性)

「『男女対等』とは分かっているけど、ホテルでは男性がスマートに払ってくれるのが理想。その分、別な場所でお返ししたいです」(女性)

「最初のデートは全部おごるけど、それ以降はトータルで割り勘で良いと思う」(男性)

まとめ

 ほかにも、たくさんご意見をいただきましたが、全部をご紹介できなくてすみません。

 ホテルの代金については、このように多種多様な考え方がありました。

 ともあれ言えるのは、今は昔のようにひとつの価値観が「当たり前」ではないので、お互いの金銭感覚や価値観を一度確認してみた方がいい、ということかもしれません。

 お金の話はカップルでもしにくいものですが、大切なパートナーと長く交際したいなら、勇気を出して一度話し合ってみるべきですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ
初めての女が激白!息子のカテキョは“童貞大学生”でした #1
 オスカー・ワイルドの喜劇「つまらぬ女」に次のような格言がある。 「男はいつも最初の男になりたがり、女は最後の女に...
蒼井凜花 2022-08-05 06:00 ラブ