ホテル代は割り勘?おごられる? 意外だった“男女別の違い”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-05-26 06:00
投稿日:2019-05-26 06:00
 ひと昔前は、デートの代金は男性がおごるもの、というのが当たり前だった時代がありました。
 今は全てを男性におごってもらいたいという女性は少数派になってきたようですが、「食事はいいけど、ホテル代だけは男性に出して欲しい」という方も中には根強くいる様子。
 実際のところ、男女ともこの「おごり問題」、どう考えているのでしょうか?今回はSNSを通じてみなさんにアンケートを取ってみました。

ホテル代はおごるべき?

カップルの“お金問題”どうしてる?(写真:iStock)
カップルの“お金問題”どうしてる? (写真:iStock)

 まず最初に、男女問わずホテル代金の出し方について尋ねてみたアンケート結果です。

・男性がおごるべき30%
・女性がおごるべき1%
・割り勘17%
・その時々で変わる52%
(※回答320人中)

 という結果となりました。

 男性がホテルをおごるべき派が30%、いまだ約3分の1近くの方はそう考えているようです。

 意外だったのは「その時々で変わる」が割り勘派よりも多く、半分以上を占めていること。ちなみにその時々とは「誘った方が出す」「余裕がある方が出す」などのご意見がありました。

男女での考え方の違いは?

回答女性75人、男性30人中(C)コクハク
回答女性75人、男性30人中 (C)コクハク

 少々サンプルの少ない人数ではありますが、男女の回答の違いはグラフのようになりました。

 注目すべきは、半分以上の男性が「食事もホテルも自分でおごりたい」と考えている半面、女性は4分の3近い人が「何がしかの方法でお金を出したい」と思っていることです。

 世の男性が思うより、女性は男性だけには負担を掛けたくないと考えているようですね。

ホテル代の割り勘についてそれぞれの意見

お互いの価値観を確認することが大事(写真:iStock)
お互いの価値観を確認することが大事 (写真:iStock)

▲男性が出すべき派

「ホテル代を割られるなら、とくに大事にすらされていないと思う」(女性)

「少なくともホテル代は男性が払うべき。(自分で)払ったことはありません」(女性)

「私は親からデートの時は男性が出しなさいと教えられたので、いまだにそうしています。若い人たちが男女で割り勘するのはそれはそれで微笑ましく、いい習慣だなと思います」(男性)

「結果、割り勘になるならそれでもいいが、最初は私が全部出すと切り出します」(男性)

▲年齢による派

「年齢の差も大きいかも知れません。年下の子が相手の場合は少し多目に出すとか」(女性)

「性別で線を引くのではなく、収入の多寡で決めるべきだと思います」(不明)

「互いの経済事情を加味した傾斜はあると良いと思う」(女性)

▲誘った方が出す派

「基本的には誘ったほうが支出。どちらか一方ではなく、少しは出すという気持ちがある方が良いかと」(男性)

「誘った方が払えば良い」(女性)

「男が誘っているんだから、男が出すのが当たり前。甲斐性なしと思われたくもない」(男性)

▲割り勘派

「同じ時間を共有するので……(中略)割り勘がいいなと思っています」(女性)

「対等な仲なら割り勘が理想」(男性)

「二人で使っているので、割り勘すれば両方ハッピーではないかなと思います。片方の負担にさせたくないです」(女性)

▲その他

「食事の後にホテルならどちらかがどちらかを払うようにしている」(女性)

「片方が一時的に金欠なら男女問わずおごる、おごられるがあっていいかなと思います」(女性)

「『男女対等』とは分かっているけど、ホテルでは男性がスマートに払ってくれるのが理想。その分、別な場所でお返ししたいです」(女性)

「最初のデートは全部おごるけど、それ以降はトータルで割り勘で良いと思う」(男性)

まとめ

 ほかにも、たくさんご意見をいただきましたが、全部をご紹介できなくてすみません。

 ホテルの代金については、このように多種多様な考え方がありました。

 ともあれ言えるのは、今は昔のようにひとつの価値観が「当たり前」ではないので、お互いの金銭感覚や価値観を一度確認してみた方がいい、ということかもしれません。

 お金の話はカップルでもしにくいものですが、大切なパートナーと長く交際したいなら、勇気を出して一度話し合ってみるべきですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:17 ラブ
FILM
 離婚で陥りがちな最も怖いことってなんだと思いますか? 経済不安? 世間体? 色々あるとは思いますが、何年も苦しむような...
七味さや 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
「最近、彼の様子がおかしい」と感じても、浮気かどうかを判断する明確な定義はないので難しいですよね。実際、男女で浮気のボー...
恋バナ調査隊 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
 依然人気の恋愛リアリティーショー。近頃は、女性が大勢の男性のなかから1人を選ぶという逆バチェラー形式も出ています。こう...
内藤みか 2020-10-15 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は「寂しがり屋」ですか? 寂しがり屋の男性はマメに連絡をくれ、2人の時間を大切にしてくれます。でもその反面、...
恋バナ調査隊 2020-10-15 06:00 ラブ