ホテル代は割り勘?おごられる? 意外だった“男女別の違い”

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-05-26 06:00
投稿日:2019-05-26 06:00
 ひと昔前は、デートの代金は男性がおごるもの、というのが当たり前だった時代がありました。
 今は全てを男性におごってもらいたいという女性は少数派になってきたようですが、「食事はいいけど、ホテル代だけは男性に出して欲しい」という方も中には根強くいる様子。
 実際のところ、男女ともこの「おごり問題」、どう考えているのでしょうか?今回はSNSを通じてみなさんにアンケートを取ってみました。

ホテル代はおごるべき?

カップルの“お金問題”どうしてる?(写真:iStock)
カップルの“お金問題”どうしてる? (写真:iStock)

 まず最初に、男女問わずホテル代金の出し方について尋ねてみたアンケート結果です。

・男性がおごるべき30%
・女性がおごるべき1%
・割り勘17%
・その時々で変わる52%
(※回答320人中)

 という結果となりました。

 男性がホテルをおごるべき派が30%、いまだ約3分の1近くの方はそう考えているようです。

 意外だったのは「その時々で変わる」が割り勘派よりも多く、半分以上を占めていること。ちなみにその時々とは「誘った方が出す」「余裕がある方が出す」などのご意見がありました。

男女での考え方の違いは?

回答女性75人、男性30人中(C)コクハク
回答女性75人、男性30人中 (C)コクハク

 少々サンプルの少ない人数ではありますが、男女の回答の違いはグラフのようになりました。

 注目すべきは、半分以上の男性が「食事もホテルも自分でおごりたい」と考えている半面、女性は4分の3近い人が「何がしかの方法でお金を出したい」と思っていることです。

 世の男性が思うより、女性は男性だけには負担を掛けたくないと考えているようですね。

ホテル代の割り勘についてそれぞれの意見

お互いの価値観を確認することが大事(写真:iStock)
お互いの価値観を確認することが大事 (写真:iStock)

▲男性が出すべき派

「ホテル代を割られるなら、とくに大事にすらされていないと思う」(女性)

「少なくともホテル代は男性が払うべき。(自分で)払ったことはありません」(女性)

「私は親からデートの時は男性が出しなさいと教えられたので、いまだにそうしています。若い人たちが男女で割り勘するのはそれはそれで微笑ましく、いい習慣だなと思います」(男性)

「結果、割り勘になるならそれでもいいが、最初は私が全部出すと切り出します」(男性)

▲年齢による派

「年齢の差も大きいかも知れません。年下の子が相手の場合は少し多目に出すとか」(女性)

「性別で線を引くのではなく、収入の多寡で決めるべきだと思います」(不明)

「互いの経済事情を加味した傾斜はあると良いと思う」(女性)

▲誘った方が出す派

「基本的には誘ったほうが支出。どちらか一方ではなく、少しは出すという気持ちがある方が良いかと」(男性)

「誘った方が払えば良い」(女性)

「男が誘っているんだから、男が出すのが当たり前。甲斐性なしと思われたくもない」(男性)

▲割り勘派

「同じ時間を共有するので……(中略)割り勘がいいなと思っています」(女性)

「対等な仲なら割り勘が理想」(男性)

「二人で使っているので、割り勘すれば両方ハッピーではないかなと思います。片方の負担にさせたくないです」(女性)

▲その他

「食事の後にホテルならどちらかがどちらかを払うようにしている」(女性)

「片方が一時的に金欠なら男女問わずおごる、おごられるがあっていいかなと思います」(女性)

「『男女対等』とは分かっているけど、ホテルでは男性がスマートに払ってくれるのが理想。その分、別な場所でお返ししたいです」(女性)

「最初のデートは全部おごるけど、それ以降はトータルで割り勘で良いと思う」(男性)

まとめ

 ほかにも、たくさんご意見をいただきましたが、全部をご紹介できなくてすみません。

 ホテルの代金については、このように多種多様な考え方がありました。

 ともあれ言えるのは、今は昔のようにひとつの価値観が「当たり前」ではないので、お互いの金銭感覚や価値観を一度確認してみた方がいい、ということかもしれません。

 お金の話はカップルでもしにくいものですが、大切なパートナーと長く交際したいなら、勇気を出して一度話し合ってみるべきですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛に溺れる女性の共通点…自分を大切にしつつ恋をする方法
 恋愛といっても、いろいろな形がありますよね。中には、恋愛をするたびに、食事も喉を通らなくなり、自分のすべてを後回しにし...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めて...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
片想い中の彼に送った残念な失敗LINE…恋が終わった内容5つ
 片想い中の彼とのLINEって、感情が舞い上がってしまって大失敗をしてしまいがち! 冷静な状態ではないから、つい不自然な...
恋バナ調査隊 2021-04-18 06:00 ラブ
おかん2号になってない? 男性の魂を揺さぶる女性になる秘訣
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋愛が下手な人は「わがままが非常に苦手」です。一方、モテる女性は「わがままが...
山崎世美子 2021-04-17 06:00 ラブ
一緒にいると落ち着く男性の5つの特徴&付き合うメリット♡
 刺激的でドキドキする情熱的な恋や、一緒にいると落ち着くほのぼの系の恋など、恋愛のタイプは人によってさまざま。恋にはある...
恋バナ調査隊 2021-04-17 06:00 ラブ
自己肯定感低め女子必見! 本命以外と疑似恋愛を楽しむテク
 男性からちやほやされたり甘やかされたりすると、どこか心が満たされる時がありますよね。本命の恋愛がなかなかうまくいかない...
ミクニシオリ 2021-04-16 06:00 ラブ
男性の低い声が好き♡思わずキュンとしてしまう3つの女性心理
 恋愛と声に関する研究によると、「男性は女性の声の高さにあまり影響を受けないけれど、女性は大きく影響を受ける」という結果...
恋バナ調査隊 2021-04-16 06:00 ラブ
いきなり結婚前提も…恋活アプリで男性が敬遠するメール3選
 なかなか外出しづらい状況の時期は、恋活や婚活などの出会いの場も限られてしまいがち。苦肉の策でアプリを始める人も少なくあ...
内藤みか 2021-04-15 06:00 ラブ
彼氏に疲れると思わせる彼女の特徴6つ&気を付けるポイント
 彼氏がいる人の中には、「最近、彼の様子がおかしい」「デート中、なんだかつまらなそうにしている」と感じている女性もいるで...
恋バナ調査隊 2021-04-15 06:00 ラブ
男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ