男性との食事で財布を出す? おごられておくべき相手とは

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-05 08:29
投稿日:2019-04-05 06:00
 気になる男性とのデートの際、どうしてもソワソワしてしまうのがお会計の時。財布を出すか出さないか、「どうするのがベスト?」って悩んでしまう女性も多いのでは?そこで、今回は財布を出す出さない問題&おごられておくべき男性のタイプをお伝えします。

男性とのお会計時に財布を出すべき?出さないべき?

デートの時お財布出す?出さない?(写真:iStock)
デートの時お財布出す?出さない? (写真:iStock)

 まずはズバリ、男性とのデートや会食時に財布を出すべきか否かをチェックしてみましょう。

「基本的には財布を出すべき」らしい

 リサーチしたところによると、「払うつもりはなくても、財布を出すくらいはして欲しい」というのが男性の意見のよう。とはいえ、「財布を出しても、払うつもりがない女性は分かる」という、冷ややかな意見もありました。

 ざっくりまとめると、基本的には会計時に財布を出しておいて損はない、ということでしょうか。

割り勘派の男性も多い

 とはいえ、世の中、割り勘派の男性も実に多いです。難しいのが、割り勘派の男性でも気になる女性に対しては、「気前よくおごってカッコつけたい」場合が多いこと。

 つまりは、割り勘を言い渡されたら、脈なしだと判断しても良いのかもしれません。ちなみに、この時、1円単位できっちり割り勘しようとする男性は「本物のケチ」の可能性が高いです。経済観念が合うかどうか、判断することができますね。

おごられておくべき男性のタイプとは?

大切なのはお礼の気持ちをきちんと伝えること(写真:iStock)
大切なのはお礼の気持ちをきちんと伝えること (写真:iStock)

 割り勘派の男性に対して、「おごるのが当然!」と思っているタイプの男性もいます。特徴を見てみましょう。

スマートにお会計をする男性

 さっと伝票を持ってレジへと向かってくれる、もしくは、女性がトイレなど席を外している間にお会計を済ませてくれる、そんなスマートな男性にはおごられておくのが賢明です。

 そんな男性の特徴としては、お金に余裕がある、年上、おごることが当然だと思っている、プライドが高い、女性慣れしている、と、そんなところでしょうか。要は、「大人の男性」ですね。

 そんな男性に対しては、もしかしたら、「とりあえず財布を出すこと」さえ必要ないかもしれません。女性が払うつもりがない場合には、きっとバレてしまうでしょうから。

きちんとお礼を伝えることは忘れずに

 スマートにおごってくれた男性に対して1番大切なのは、「とりあえず財布を出すこと」ではなく、「きちんと丁寧に、可愛くお礼を言えること」だと思います。

 間違っても、「おごられたら悪い」と、レジにまで追いかけて行くのは絶対に避けましょう。せっかくスマートに払おうとしている男性に、恥をかかせてしまうことにもなりかねません。

 また、注意が必要なのは、「おごるのが当然!」と思っている男性は、気があるなしに関わらずおごってくれるということ。無駄に期待してしまうと、後々痛い目を見る可能性もあります。

 気持ちを知りたいなら、「2軒目はご馳走させて」「次回は払わせて」と、次に繋がるお誘いをした時にきっと分かるはず。社交辞令で終わったら「残念だった」と、思い出に浸りましょう。

本当に払う気構えがあるなら出せば良い

一緒に共有した時間が楽しかったなら…(写真:iStock)
一緒に共有した時間が楽しかったなら… (写真:iStock)

 お会計って意外と深いですね。そんな筆者は、ソワソワした揚げ句に自ら財布を出しておごってしまうような、とんちんかんタイプです。気が引けてしまうというか、性質ですね。可愛くお礼を言う術を学びたいものです。

 でも、一緒に共有した時間が楽しかったのであれば、とりあえず財布を出すのではなく、払えば良い、とも思うのです。これこそ、タイムイズマネーかと。

「男尊女卑」と言うのであれば、「男性がおごるべき」という観念を捨ててみるのも良いのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 皆さんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は、婚活女性や結婚したいけど婚活に踏み切れない女性...
山本早織 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 例年の恐怖であるインフルエンザだけでなく、新型コロナウィルスも脅威となっている今は、しっかりとした感染症対策が求められ...
並木まき 2020-02-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に彼氏に浮気された経験はありますか? 一度でもそのような経験があると、恋愛に奥手になってしまうもの。トラウ...
恋バナ調査隊 2020-02-17 06:00 ラブ
FILM
「性欲が強いか弱いかは、付き合ってみないと分からない」と、そんな風に思っていませんか?実は性欲が強い男女には、共通した特...
FILM
「自分の顔のここが許せない!」――。誰しも、自分の容姿に対して一つや二つ、コンプレックスや不満を抱いている箇所は持ってい...
七海 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 スマホを開くたびに目に入る「不倫」をテーマにしたレディコミの広告。世の中の多くの人が、それらの問題に悩んでいるというこ...
ミクニシオリ 2020-02-16 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。文春砲によって不倫が暴露された俳優の東出昌大さん(31)は、妻子が住む自宅を...
山崎世美子 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 雑談が致命的につまらない夫との会話では、ストレスを感じる妻も少なくないみたいです。それをきっかけに、夫婦のコミュニケー...
並木まき 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 身長差のバランスが取れたカップルは、まわりから見てもとてもスタイリッシュに映るため、憧れの気持ちを抱く方も多いでしょう...
恋バナ調査隊 2020-02-15 06:00 ラブ
FILM
 ドライブデートというと、狭い車内で2人きり……。男性から誘われたら、ドキドキしますよね。しかも、相手が気になる男性なら...
恋バナ調査隊 2020-02-14 06:00 ラブ
FILM
 今年は暖冬だなあ、なんて思っていたら、あっという間にすぐそこまで春がやってきています。春といえば桜の季節、別れの季節、...
ミクニシオリ 2020-02-14 06:05 ラブ
FILM
 最近の若い男性は、筋トレに励む人がとても増えています。もちろん筋トレしてモテたいという気持ちは大きいのでしょうけれど、...
内藤みか 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
「出会った瞬間に一目惚れした!」そんな経験がある方は、どれくらいいるでしょうか。でも実は、一目惚れって、意図的に相手にし...
リタ・トーコ 2020-02-13 06:00 ラブ
FILM
 男女共にモテる人の共通点といえば「一途さ」。特に一途な女性は、男性陣が手に入れたいと思うポイントをたくさん持っているん...
恋バナ調査隊 2020-02-12 14:03 ラブ
FILM
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもう...
並木まき 2020-02-12 06:00 ラブ
FILM
 SNSで思いがけずイケメンに絡まれて「え、もしかして彼、私のことが好き?」とドキドキしてしまった、という話をよく聞きま...
内藤みか 2020-02-11 06:00 ラブ