男性は基本的に女性の「おっぱい」と「顔」しか見ていません

エビオス嬢 恋愛マネジメント
更新日:2019-06-04 06:00
投稿日:2019-06-04 06:00
 このコラムは、あくまで私の経験上の話です。男は基本的に「おっぱい」と「顔」しか見ていないというは、到達したひとつの結果です。少なくとも交際前の段階にいる男性は、目の前にいる女性の「おっぱい」と「顔」に惹かれて、どうにかセックスしたいと思うのです。

おっぱいを堪能するためにアプローチ

男は基本「顔」と「おっぱい」(写真:iStock)
男は基本「顔」と「おっぱい」 (写真:iStock)

 男たちは「大切にする」「かわいいね」「君なしではいられない」なんて言って、その多くが「気に入った顔のおっぱい」を堪能するために頑張ります。「この男性、ステキかも」と思うことがあっても、それは勘違いであり、騙されているだけのケースが多々あります。

「男をバカにするな!」「私の彼氏はそんな男じゃない!」と怒っている人が出てきそうなので予防線でも張っておきますか。あなたの周囲の男は違うと思います。あなたの周囲にいない男のほとんどは、基本的に女の「おっぱい」と「顔」しか見ていません。ということを言いたいのです。ふぅ~。

男はとりあえずおっぱい

 女性たちから「ヤリ捨てされた!」とか「音信不通になった」という話をよく聞くのですが、男はとりあえずおっぱいを堪能するためにアプローチをして、コトに及べば満足。「エッチできて満足したし、性格が合わなそうだし、相性も良くなさそうだからフェードアウトしよう」という理由で逃げるわけです。

 男は、最終的に「おっぱい」と「顔」が良くて「性格が良い」という女が出てくるまで、何度でもその行為を繰り返す生物です。もしあなたが、美人じゃないけど性格の良さだけは自信がある! そんなに悪い女じゃないはず! と思うなら、お化粧とおっぱいアピールにお金を注ぎ込むだけで、モテモテ女子になります。

顔とおっぱいに集中してお金をかけて

生々しいおっぱいをこれでもかと演出(写真:iStock)
生々しいおっぱいをこれでもかと演出 (写真:iStock)

 美人とは言えない女性が中途半端におしゃれしてもダメなんです。男からすると「決め手に欠ける女」ということになります。顔とおっぱいに集中してお金をかければ、多少の見た目はフォローできるのです。

 合コンに行くとき、化粧はお金を払ってプロにやってもらいましょう。自分でするなら徹底してメイクマニュアルを参考に美人顔にしましょう。そんなのは当然ですよね。恋愛テクニックと言うのも恥ずかしいくらい初歩の行為です。

 おっぱいは、デコルテに馬油を塗ってツヤを出してみましょう。服はユニクロのドライEX。Vネックがあればベストです。本来の一つ下のサイズを着用し、体のラインを強調してもいいかもしれません。おっぱいがつぶされるかもしれませんが、大丈夫です。薄い生地のシャツを着てつぶれたおっぱいは男性の大好物です。(参考:ユニクロの服を着て次々と男をゲットした伝説のオンナの話

Aカップの女子でも有効です

 バッチリとメイクを決め、おっぱいの魅力を極限までアップ。これでほとんどの男は落ちますが、もし落ちなかったらあなたの運命の人ではなかったのでしょうね。

 ちなみにこのテクニックですが、たとえAカップの女子でも有効ですよ。おっぱいは大きさだけではないのです。そこに生々しいおっぱいがあることが重要なのです。

エロコク 新着一覧


女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #2
 皆さん、こんにちは。前回に引き続き、今回も官能作家が伝授する「フェラチオの奥義」についてお伝えしたいと思います。十年間...
蒼井凜花 2020-12-11 17:52 エロコク
激しいプレイでも挿入部はしなやか…根元はぶれないティルド
 この連載では、私が振動刺激を好むということもあって、ディルドを紹介してきませんでした。張り形といわれることもありますが...
桃子 2020-12-06 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #1
 もうすぐクリスマス。今から愛するパートナーとの熱い夜を待ちわびている女性も多いことでしょう。今回から数回にわたり「官能...
蒼井凜花 2020-12-04 18:00 エロコク
リアルが怖い時は…バーチャルセックスでいいんじゃない?
 冬を迎え、新型コロナウイルスの感染が加速しています。こんな時は濃厚感染なセックスをするのが怖い、という女性たちも増えて...
内藤みか 2020-12-03 06:00 エロコク
力加減が絶妙!Gスポットの広い範囲を的確に刺激してくれる
 その年を象徴するラブグッズというものがあり、2020年は、今回紹介する「LELO ソラーヤ・ウェーブ」がそうなりそうで...
桃子 2020-11-28 06:00 エロコク
「妻を他の男に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #5
 これまで4回にわたり連載してきた「ネトラレ」――。自分の愛する妻を他の男に抱かせることで、夫婦のセックスレスを解消しよ...
蒼井凜花 2020-11-27 06:00 エロコク
やっておいて損はない! 3つのボールで日常的に膣トレを♡
 今年は膣トレグッズが豊作です。コロナ禍を経て、これまで以上に自身の体に目が向くようになったからでしょうか。  膣...
桃子 2020-11-21 06:00 エロコク
「妻を他の男性に抱かせたい…」エリート商社マンの告白 #4
 出張ホストの美青年Yくん(24)の巧みなクンニリングスに身もだえする妻を見たエリート商社マンMさん(43)。ネトラレで...
蒼井凜花 2020-11-20 17:00 エロコク